先進国と自殺者

2012/2/13 | 投稿者: チリツモ

始めに

これから書かれる文章は、わたしの独断と偏見に満ちたろくすっぽ実状を調べもせず、ただ「そう感じた」というだけの一つの感情論、あるいは意見として読んでいただきたいと思います。

まずは貨幣について思うことなのですが、人類は貨幣との付き合い方を間違えてしまったと考えます。

貨幣とは一つの道具、文字と並ぶほどの文明の利器とも言われるものであり、その本質は「不変の価値」であります。

例えば、新米と古米、元が同じ銘柄、等級であればどちらが価値が高いかは説明しなくてもおわかりでしょう。

生モノで生モノを買う、つまりは物々交換であった場合の不便さは想像する通り大変ですよね。

貨幣がなく、物々交換しか方法がなかったら、買う方も売る方も大変です。

そこで出てきたのが貨幣。
人類は貨幣という道具を手に入れたことによって、より便利な社会を手に入れました。

さて本題。
しかしながら、昨今、マネーゲームと揶揄されるように、「金を大量に手に入れた者が勝ち組である」という風潮は不幸せな社会を産む原因に成りかねないとわたしは考えます。

人が生きて行くために必要なのは金ではないんです。
まず、食べ物であり、次に安眠を約束してくれる住居なのです。
これらは金で手に入れられますが、決して金にはなりません。
食べ物は食べ物であり、住居は住居です。

しかし、どこで勘違いしたのか、多くの人類は、金を手に入れたら安泰だと考えます。

結果、金の奪い合い、そのゲームの負担は、真面目に物を造る者が負うハメになってしまいました。
もっと安い食べ物を、もっと安い住居を…
その負担はどこに行ったでしょうか?
農家、漁師、大工に土工、我々が生活する上で必要不可欠な物を造ってくれる人達が、なぜか、なんら社会に寄与することもない人達の欲望の犠牲になっているのが実状なんです。
サラリーマンしかり、皆が金を欲するあまり、安い物を求めるがあまり、つもり積もって、周り回って、それが皆さんのサービス残業という形になっているんですよ。

まずはそのことを重々自覚してもらいたい。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ