2012/7/26 | 投稿者: tisdmowe123

友人達と飲んでいる時にこんな話題が出た。

「なあなあ、街コンって知ってる?」

聞いたことはあったけど、何かふわっとした知識しかないので詳しくは知らない。当然参加したこともない。
他の皆も似たような状態で「聞いたことはあるけど……」としか言えなかった。
質問をふった友人は多少詳しいらしく、「500人対500人とかで合コンするらしいぜ」と言った。

「500人!? それって最早合コンじゃなくね?」

全員でツッコム。

「でも、結構出会えるらしいよ」
「まじかー。行くか!」
「そうやなあ、俺達はまじでこういうのに積極的に参加していくべきかもな」

俺ともう1人の友人は彼女が長いこといない(俺は6年、友人は4年)、結構街コンに魅かれたよ。
ということで、家に帰ってからちょっと街コンについて調べてみた。

宇都宮市の「宮コン」がメディアで取り上げられて、全国に広まっていったとのこと。
出会いの側面は勿論あるが、本来の目的というか理念は「地域活性化」みたいだね。

さて、俺の住んでるとこでも開催されているのかな……おお! 結構たくさんあるぞ。
参加費はやっぱり男の方が高いのか。安くて6000円、高ければ8000円だった。女子はマイナス2000円くらい。
内容としては、当日に参加証(リストバンドが多いみたい)やマップを受け取って、提携の店を自由に巡るという感じ。
最初の1,2店舗は指定されているものや、昼間に開催されるものもあった。
街コンの様子を写した写真もあって、見ているとすげえ楽しそう。
友人と飲んでた時は冗談で言ってたけど、まじで参加しようかな!

0

2011/9/29 | 投稿者: tisdmowe123

軽々しく言った、ほんの冗談な言葉でも相手を傷つけることがあります。

言葉はその瞬間に消えてしまうけれど、心の奥底には残ってしまうものなんです(´・ω・`)

当時の彼はとても「口の悪い」人でした。
そんな人と何で付き合うの!?と家出 sexしたがる友人もいたのですが(苦笑)
根は優しくて、繊細なことを分っていたので付き合っていたんです。
要は「照れ隠しの口の悪さ」といったところでしょうか?

ですので私も「口を悪く」わざとしてお互いに「じゃれ合う」ような2人に見えていたと思います(*´σー`)

しかし、口を悪くといっても人それぞれ「触れられたくない部分」や「境界線」ってありますよね。
それを踏まえるのってとても難しいことなのですが、「最低限のライン」ってあると思うんです。

そんなことを踏まえつつ悪態をついていた私だったのですが、彼がその「不倫サイトのライン」を超えたことがありました。
それは私の「外見」を揶揄したんです。

外見の揶揄は絶対に良くないと思っていましたし、今まで彼に対してそこだけは気を払ってきたつもりでいました。
流石に笑って流すこともできず、大きな喧嘩に発展していきました。
そして結局、修復する事は不可能という状態になってしまいました。
0

2011/9/11 | 投稿者: tisdmowe123

いつでもどこでもムスっとしていて不機嫌そうな女性は損をします。
いくら見た目が今流行りのモデルさんのような顔でも、タレントさんやアイドルの誰かに似ているようなかわいい顔立ちをしていても、キラキラと輝くような笑顔を持っている女性には叶わないのです。
一見好意を持たれるのは前者かもしれませんが、どちらが話しかけやすいと言われれば確実に後者でしょう。
恋愛関係を築くためには、必ず相手とコンタクトというものを取らなければならないですよね?
つまり会話などのコミュニケーションは最低限でも必要になってくるということなのです。
笑顔というのはその最低限のハードルを乗り越えさせるものなのです。
笑顔でいることで、いつも心に余裕があるような大人に魅せることができるのです。
ギャップやかわいらしさなんてものも演出でき、心の広い人間であるという印象も持たれます。
笑顔を鍛えることでマイナスになるポイントなどどこにもないわけです。
唯一あるとするならば、周囲の人間もその笑顔をみることになるので、恋愛対象がライバルが多いなと思ってしまうくらいでしょうか。
しかしこれは、その恋愛対象にだけ特別な行動を取れば済む話なのです。
恋愛したいなら女性は笑顔を磨きましょう。
0

2011/8/16 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ