2018/7/5

IBD病診連携  

梅雨は明けたはずですが
ジメジメと蒸し暑い日が続きます

今日は診療を終えてから浦和の街に移動して
さいたまIBD病診連携セミナーに出席です
自治医大の先生の講演で座長を勤めることに

IBD患者さんの妊娠出産に関する講演です
若い患者さんが多い疾患ですので大きな問題
我々実地の医師にとってとても有益な講演でした

特別講演は兵庫医大の中村教授から
最新のIBD治療について幅広く解りやすく解説
実はいわゆる”バイオ”薬品=分子標的治療薬が
どんどん新規に承認されてきておりその特徴と
どうやって使い分けていくのかが難問となっています
まだまだ勉強が必要ということを改めて実感しましたが・・・
自分のボケ始めている頭脳がついていけるでしょうか(^-^;

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
自治医大さいたま医療センター大竹先生の講演の座長です

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリニックのIBD専門外来担当飯塚先生&中村教授と一緒に
3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ