2011/11/14

平成22年内視鏡室アンケート  

昨年行った内視鏡検査(大腸・胃各100名)のアンケート報告 最終回です。

検査のあと不快なこと不安なことはありましたか?
(複数回答ありで多かった意見です)


のどが渇いた                13
お尻が気持ち悪い             8
オナラを出すのが嫌だった        8
トイレに行きたかった            6
呼び出しボタンの位置が分からない   5

鎮静剤を使用しますので検査後は休憩室で休みます。

検査直後に注意事項を口頭で説明していたのですが鎮静剤の影響で
覚えていないことが多いことがわかりました。

そこで目覚めたときに不安にならないように
「説明書き」を張り出しました。
呼び出しボタンも分かり易い位置に変更しました。

また休憩ベットが他の方に見えないように
カーテンを取り付けました。
安心してお休み下さい。

アンケートへのご協力ありがとうございました


10月21日に熊本で行われた日本消化器内視鏡技師学会に参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します

学会に参加することで新しい情報を得る事が出来ます。
今まではその情報を元に大病院に引けを取らぬよう改善に力を注いできました。

今回はその成果を発表する場を得ることが出来ました。
演題名「患者アンケートに基づく快適な検査後環境」

理想的な検査後環境の提案と、
小さな内視鏡室でも工夫次第で患者様の不安を解消することが出来る。
と言うことを報告しました。

今後も問題意識を持ちながら日々の業務にあたりたいと思っています。











7

2011/11/7

アンケート結果  

8〜10月のアンケート結果です
回収枚数:36枚
要望&クレーム(抜粋)
@入院で部屋に入る際、「これから同室する○○さんです」という声掛けがあると、「○○です、宜しくお願いします」と話しやすい。
Aラウンジに本だけでなくテレビなど気の紛れるものがあればもっと良い。
B鍵のついた引き出し・棚などがあると安心。
C退院後の通院期間や、術後の浸出液の事など、入院前に知りたかった。
 →現在は入院時にクリティカルパスをお渡しして説明しておりますが、
  説明の時期を今後検討していきたいと思います。
D術後のガーゼの付け方が分かりづらかった。
 →ガーゼの当て方の図をお渡しして説明していますが、その都度ご遠慮なく声を掛けて下 さい。
 
 貴重なご意見有難うございました。


1

2011/10/11

平成22年内視鏡室アンケート結果:報告3  

昨年行った内視鏡検査(大腸・胃各100名)のアンケート報告3回目です。

*看護師の声かけや背中をさするなどの行為は,
苦痛を和らげる効果がありますか?

大腸内視鏡
   効果あり  67名
   効果なし   0名
   分からない 15名
   未回答   18名

胃内視鏡
   効果あり 53名
   効果なし 1名
   分からない 26名
   未回答 20名
  
*スタッフの態度はいかがでしたか?

内視鏡技師・看護師・助手
  良い152 普通19 良くなかった1 未回答28
医師
  良い111 普通47 良くなかった2 未回答40


私たちの対応でつらい検査が少しでも楽になったと
感じていただければといつも考えています。

しかし態度が良くないとの御意見をいただきました。
職員の私語や、あわただしいことを理由にした
雑な対応などが原因だと考えております。

これを機会に職員一同、心を新たにしております。
安心して、気持ちよく検査を受けていただけるよう
努力してゆきたいと思っています。
御意見有難うございました。



次回は「検査のあと不快なこと不安なことはありましたか?」です。

今月22日熊本で行われる内視鏡技師学会に参加します。
学会の報告と合わせてお知らせする予定です。


3

2011/9/5

アンケート結果  

5〜7月の患者アンケート結果です。
回収枚数:39枚
要望&クレーム
@部屋の照明が少し暗い
A洗面所脇に清掃道具が置いてある時間帯があり気になった
 →ワゴンをコンパクトなものに替え、ゴミ箱も軽い移動式のものにしました。
B入院時の説明でマニュアルが多いのはいいが、どれから見ればよいか番号などがふってあ ればよかった
 →今後の検討課題にさせていただきます。

その他、「2階のラウンジで他の患者さんと交流が持てた事が良かった」
    「胃カメラがこんなに楽にできるとは思わなかった」
    「案内・説明の書類がよくできていて助かる」等の声をいただきました。
4

2011/6/20

平成22年内視鏡室アンケート結果:報告2  

昨年行った内視鏡検査(大腸・胃各100名)のアンケート報告2回目です。

*実際に検査をしている時つらかったですか?

大腸内視鏡検査
   楽だった  87名
   つらかった 13名
   未回答   0名

胃内視鏡検査
   楽だった  72名
   つらかった 25名
   未回答   3名

約8割の方は検査は楽だったという結果でした。

*検査の準備から検査中、検査後まで
つらかったことはありますか?(複数回答ありで多かった意見です)


大腸内視鏡検査
   下剤を飲むのがつらかった   61名
   下痢でお尻が痛くなった    16名
   お腹の張りがつらかった    13名
   お尻を見せるのが恥ずかしい  11名
   痛かった           9名

胃内視鏡検査
   麻酔液がまずかった      20名
   のどを通るときにむせた    20名
   苦しかった          16名
   吐き気があった        11名
   げっぷがつらかった      9名


大腸検査に関しては検査より、下剤を飲むことのほうが大変だということが分かります。
正確な診断のためにも下剤を飲むことは必要不可欠です。
検査食や、一人ひとりにあった下剤(錠剤、味の違うもの等)を
選ぶことで負担を軽くすることが出来ます。ご相談下さい。

胃内視鏡検査はのどの麻酔や鎮静剤を使って、
少しでも楽に受けることが出来るようにしております。
また緊張せず、力を抜いて検査に臨めるよう、
内視鏡検査技師・看護師が側についてお手伝いいいたします。



次回はスタッフの態度についてです。

   
 
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ