ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00とハンス・オフト

2011/2/1 
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 ドーハの悲劇
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00









ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 1964年、17歳でフェイエノールトとプロ契約し、FWとしてプレー。1970年(23歳)、怪我で引退した。
1976年にオランダユース代表コーチに就任。1982年杉山隆一に招かれ当時日本サッカーリーグ (JSL) 2部のヤマハ発動機(現・ジュビロ磐田)コーチに就任し、1部昇格および天皇杯優勝に貢献。1984年に今西和男に招かれJSL2部のマツダSC(現・サンフレッチェ広島)コーチに就任。2年目の1985年にJSL1部昇格に導くと1987年には監督に就任し天皇杯決勝へ導いた。しかし1987-88シーズンにクラブはJSL2部に降格し、オフトも監督を辞任した。
その後はオランダへ帰国し、FCユトレヒトのマネージング・ディレクターを務めていたが、1992年、外国人初の日本代表監督に就任した。同年夏にダイナスティカップ優勝、秋のAFCアジアカップでは優勝に導き、日本サッカーに初のビッグタイトルをもたらした。この時の日本代表の頑張りがJリーグ開幕と相まって、マスメディアが大きく取り上げ社会現象ともなった。1993年に行われたワールドカップアメリカ大会アジア最終予選では国民の高い関心を呼び、毎試合驚異的な視聴率を記録。本大会出場にあと一歩のところまで迫りつつもイラクに同点ゴールを許し出場を逃した(ドーハの悲劇参照)。 その後、1994年からはJリーグのジュビロ磐田、1998年に京都パープルサンガ、2002年からは浦和レッドダイヤモンズ監督を歴任。浦和監督時代の2003年にはナビスコカップを制覇。チームに初タイトルをもたらした。しかし、ナビスコカップを制覇した試合後の記者会見にて退任を発表し話題を呼んだ。その後はスペインに移住。定期的に来日して少年サッカーの指導などに関わりつつも、現場の第一線からは離れて悠々自適の生活を送っていたが、2008年9月、途中解任された内山篤に代わって、J2降格の危機に陥っていたジュビロ磐田の監督に就任。磐田には12年ぶり、監督業自体にも5年ぶりの復帰となった。低迷するチーム状況下で守備的な戦術を敷いて戦ったが、降格圏を抜けるまでには行かず、シーズン16位となってベガルタ仙台 (J2) との入れ替え戦に回ることとなる。この入れ替え戦を通算成績1勝1分で勝利し、至上命令だったJ1残留を果たした。フロントからは2009年シーズンの続投も要請されたが、「新しい血を入れるべき」とフロント改革の必要性を説き、同年限りで再び監督業から退いた。
0

├─≠ョ─ヵラスとバリー・オプダム

2011/2/1 
├─≠ョ─ヵラス FCフォレンダム
├─≠ョ─ヵラス









├─≠ョ─ヵラス 長らくAZアルクマールの守備の要として活躍。エール・ディヴィジ屈指のディフェンダーであり、近年のAZ躍進の立役者である。2004-2005シーズンのUEFAカップではチームを16強へと導く貴重なゴールを上げている。
2005年6月4日のルーマニア戦でオランダ代表デビュー。その年のチェコ戦で代表初ゴールを上げる。しかし、ドイツワールドカップのための代表選考で外れてしまった。
0

ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00とカリム・ベンゼマ

2011/1/31 
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 ピースカップ
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00









ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 9歳の時、当時ベンゼマの所属していたSCブロンはリヨンのジュニアチームと対戦。SCブロンがベンゼマの2ゴールにより2-0で勝利し、この時にリヨンに引き抜かれる。2005年1月15日、メス戦でトップチームデビュー。2005-06シーズンにはアジャクシオ戦でプロ初ゴールを挙げ、UEFAチャンピオンズリーグに初出場となったローゼンボリ戦でチャンピオンズリーグ初ゴールも挙げる。2006-07シーズンからはチームの主力となりリヨンのリーグ6連覇に貢献、フランス代表にも招集される。背番号を10に変更し迎えた2007-08シーズンはベンゼマにとって飛躍のシーズンとなり、チャンピオンズリーグでは7試合に出場し4ゴールを記録しリヨンのベスト16入りに貢献。リーグ・アンでは自己最多の36試合に出場し20得点を挙げ得点王に輝き、リヨンのリーグ7連覇に大きく貢献した。この活躍から2008年のブラヴォー賞を受賞する。2008-09シーズンもチャンピオンズリーグ8試合に出場し5ゴール、リーグ36試合に出場し2位タイの17ゴールを挙げる活躍をみせるが、リヨンは3位に終わり8連覇を逃す。
2009年オフにはマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードが争奪戦を繰り広げた。ベンゼマは当初「あと1シーズンはリヨンに残る」としていたが、2009年7月1日、レアル・マドリードへの移籍がリヨンのホームページで発表された。移籍金は3500万ユーロで移籍後の活躍次第で最大600万ユーロが追加される。2009年8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビュー。9月20日のシェレス戦で移籍後初得点を挙げた。
2010年夏の移籍市場では、ラウル・ゴンサレスがシャルケ04へと移籍したことにより空いた背番号7をクリスティアーノ・ロナウドが求めたため、それまでクリスティアーノ・ロナウドが付けていた背番号9が空き番となり、憧れの選手であるロナウドと同じ9番を付けることとなった。
代表では、全世代のフランス代表に選抜。2004年のUEFA U-17欧州選手権では優勝メンバーの一員となった。アルジェリア国籍を持つことからアルジェリア代表からも招集を受けるが、フランス代表を選択し、2006年3月28日の親善試合・オーストリア戦でフランス代表デビュー。この試合で決勝点となる代表初ゴールを挙げた。EURO2008代表メンバーにも選ばれるが、目立った活躍はできずフランス代表もグループリーグで敗退した。南アフリカW杯メンバーからは落選した。1950年代の後半に祖父が一家でアルジェリアからリヨンに移住。両親はベルベル系アルジェリア人。リヨン郊外のブロンで生まれ育つ。兄弟は8人。両親のために家を購入し、現在も同居している。
小さいころからロナウド(現コリンチャンス)のファンで、試合をした際にもらったユニフォーム(当時ACミラン、背番号99)を部屋に飾っており、「何よりも大切なもの」と言うほどロナウドを敬愛している。また、(ロナウドが入団した)14歳のころからレアル・マドリードのファンであり、入団会見ではロナウドやクラブへの思いを語った[1]。
センターフォワードの他にも右ウイングとして機能する。センターフォワードでありながら「ジネディーヌ・ジダンのようだ」と絶賛されるボールスキルも彼の武器の一つである。また、視野の広さとゲームコントロールの能力もあることから"9.5番"(ストライカーである9番とゲームメイカーである10番の中間)と元ACミランのストライカー、マルコ・シモーネはコメントしている。子供のころからのアイドルはロナウドで、自宅には無数のビデオを所有する。ルーニーやロナウドの様なことをやってのけるほか典型的なセンターフォワードのようなダイレクトプレーも得意である。
かつてリヨンのストライカーで現FWコーチのソニー・アンデルソンはベンゼマについて「ポジショニング、プレッシングにおける冷静な判断力について完璧な才能を持っている」と2007年10月にコメント。ミシェル・プラティニも「ベンゼマの凄さはフィジカルでなくインテリジェンスにある」「ロナウド(元ブラジル代表)は、もはや古いタイプのストライカーと呼ばざるを得ない」とコメントするほど、その明晰さも評価されている。
2009年4月、アルジェリア出身の未成年売春婦と関係を持ったことが報道された[2]。ベンゼマの周囲はこれを否定したが、売春婦本人がメディアの取材で「お金を受け取り数回会った」と話した[3]。
0

├─≠ョ─ヵラスとガエル・ジヴェ

2011/1/31 
├─≠ョ─ヵラス ASモナコ
├─≠ョ─ヵラス









├─≠ョ─ヵラス ガエル・ジヴェ=ヴィアロ(Gaël Givet-Viaros, 1981年10月9日 - )はフランス出身のサッカー選手。ポジションはDF。
モナコユース出身のフランス代表ディフェンダー。スピードがあり、相手に当たり負けないフィジカルの強さも持っている。また左利きながらもセンターバックと両サイドバックをこなすユーティリティー性を持つ。
2000年にUEFA U-19欧州選手権で優勝し2001 FIFAワールドユース選手権(当時)に出場。2003-2004シーズンのチャンピオンズリーグではレギュラーとしてファイナルまで勝ち進み、この活躍がきっかけで2004年からA代表に招集されている。フランスのクラブとして華々しい戦績をヨーロッパに刻んだ2003-2004シーズン終了後、それまでモナコのキャプテンを務めていたジュリの移籍を受けて新キャプテンに就任。その能力と真摯さを買われてドイツ・ワールドカップのメンバーにも選出されチームは決勝まで勝ち進んだが、メンバーをほぼ固定して戦ったドメネク監督の起用方針もあり最後まで控えに回った。
2007-08シーズンオリンピック・マルセイユに移籍するも終盤での調子の低下や新戦力の加入などにより、翌2008-2009シーズンは戦力外の状態であった。同シーズンは結局1試合にも出場せず1月にブラックバーン・ローヴァーズFCへ買取オプション付でレンタルされ、5月にオプションを行使された。
0

ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00とギジェルモ・スタービレ

2011/1/31 
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 初代得点王
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00









ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 1930年の第1回ワールドカップ・ウルグアイ大会でアルゼンチン代表のエースストライカーとして活躍。大会1試合目には出場しなかったが、4試合で8ゴールをあげ初代得点王となった。持ち前のスピードでディフェンスをすり抜けることから「エル・フィルトラドール」(El Filtrador、侵入者)の異名を取った。
ワールドカップ後はヨーロッパへ渡ったため、代表キャップはワールドカップでの4試合8ゴールだけにとどまる。ヨーロッパではイタリアのジェノア、フランスのレッドスターなどでプレーした。
引退後は1939年から1960年までアルゼンチン代表監督を務め、コパ・アメリカ6回優勝を誇る。
FIFAワールドカップでのハットトリック第1号とされていたが、彼より2日前にアメリカ合衆国のバート・パテノードが対パラグアイ戦でハットトリックを先に達成した事がアメリカ合衆国サッカー連盟によって確認され、2006年11月10日にFIFAにより、記録が修正された。
0



AutoPage最新お知らせ