産科医の友達

2012/10/11 
こんばんは。
とろるです。

僕には中学時代からの腐れ縁で、いまだに友達をやってる女の子がいるんです。
彼女はそう、知り合った頃から、産婦人科医になると言ってて、そのとおり、今産婦人科医になってます。
今年から、研修医を卒業して、病院勤務だそうです。

彼女は上に書いたように、中学生のころから産婦人科医になるのを決めてて、それでちゃんと夢を実現させてしまったえらいやつです。

あっちにふらふら、こっちにふらふらしてる僕をは比べ物にならないです。

もともと、彼女の両親が看護師だったんです。
しかも、助産師。
その影響で、産婦人科医になることを目指したそうです。

将来は両親と友達の看護師をクリニックを開くことが目標だとか。


僕も頑張んないとなぁ

看護ジャパン
eナース
医療ワーカー 評判
ナースパワー人材センター 口コミ

0

失恋直後

2012/10/8 
失恋って世界の終わりの色をしている。

いや、すべてのものが色を失う。

その時見えるもの。

それが失恋の色かも知れない。

なぜか、
失恋より辛いことなんてこの世にはないと思えてくる。

冷静に考えればもっと辛いこともあるはずなんだけど、
失恋したその瞬間、その地獄の中においてはそれ以上の苦痛はないような気がしてしまう。

自分に存在意義はなく、
生きていく意味もない。

失恋を苦に自殺するってのも、ままある話。

だから、失恋は世界の終わりの色をしていると思うのだ。

ASOBO サクラ
キャリアブレイン
ナース専科
看護roo
1
タグ: 失恋



AutoPage最新お知らせ