日常「外食」  

社会人2年目の独り暮らし男にとって、食事をとることは死活問題と言えるかもしれない。
仕事後なら、疲れたからだを引きずりながら料理をしたり、休みの日なら、貴重な時間を裂きながら料理をしたり。

料理好きで無い限りは、食事を作るのは苦行。しかし、腹は減る。
仕方無く料理をするしかない。

そんな中で、外食は密かな贅沢になる。味は旨いし、楽だからだ。しかし、社会人2年目の安月給では、そんなに頻繁に外食出来るはずは無い。

だから、外食は貴重だ。


しかし、外食はまた別の問題を生み出す。
「何を食べるか?」だ。

相談する相手が居るわけではない。
予算も限られてくる。
食べたいものが決まらない。

そうこうしている内に、最終的に辿り着くのは…。

いつも通りラーメンでした。
油そばウマイ!
0




AutoPage最新お知らせ