2013/6/30

ユーロの活用  

スワップポイントにおいて「米ドルとユーロ」の動きについては通貨ペアで効果的なのがわかります。

まず、この2つの通貨と言うのは「逆の動きをすることが多い」と言う特徴があります。
実際にスワップポイントにおいても、
米ドルは変化があってもユーロは変化をしないなどの面がありますので、
スワップポイント上ではユーロが安定しているのがわかります。

スワップポイントだけで儲けを出したいのであれば、
ユーロについては安定しているのでレバレッジを多目とする。

そして、通貨ペアで購入をするようにしておき、
スワップポイントやキャピタルゲインの損益については相殺させつつ、
レバレッジの影響でスワップポイントについては利益だけを貰うと言う仕組みです。

実際に0.25%程度しか米ドルにはスワップポイントがついていないのです。
なので、ユーロを特に大事にしてスワップポイントを組み立てるようにしたり、
大きいスワップポイントも狙って豪ドルでも取引をするのが肝要となります。
0

2013/6/26

メジャーとレバレッジ  FXに関する

FXをやる上で共通の注意点があります。
それは、「レバレッジ」ですね。
レバレッジと言うのは証拠金に対する倍率のようなものなのですが、
大抵の業者はこちらと「メジャーカレンシー」をセットにしてきます。

安全な通貨で儲けてみませんか?と言うのは、
殆どがメジャーカレンシーを利用していれば安全な取引が可能なので、
レバレッジについても高くしても問題ありません・・・と言うものであったりします。

・・・しかし、実際はメジャーカレンシーであれば手数料などは安いのですが
旨味はありません。
どこの業者でもメジャーカレンシーの売込みが激しいので、
実際にメジャーカレンシーで取引をスタートさせてみると、
大きな変動がなかったりするのです。

「誰も売らない」上に、しかも「新しい購入者が増えている」ような状態ですからね。
なので、変動があってミドルリターンを狙えるような通貨を探している・・・
のであれば、メジャーカレンシー以外でレバレッジを弱めが理想です。
0
タグ: FX 投資 お金稼ぎ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ