手湿疹は手のひらにできにくい?  

手湿疹、水仕事をする人がかかることが多いため、昔は主婦湿疹とも言われていました。
毎日することなので、なかなか原因が分かっていても避けることが難しいこの湿疹、主婦以外には美容師、調理師、医療従事者、飲食店の店員などが多いそうです。

症状としては、手、指の背面や、爪の周囲を中心に、かゆみの強い紅斑、小水疱、丘疹などができます。
手のひらや指腹部は角層が厚いため、湿疹は比較的できにくいようです。

しかし乾燥傾向の強いタイプもありますし、アトピーなどの体質もかかわるので、一概に手のひらにはできないとはいえないようです。
手湿疹は水仕事やシャンプーなどと縁の切れない美容師さんでも対策をすればなくすことができるそうです。

対策というのは、とにかくこまめにケアをする、できてしまっている人は治療薬(手湿疹につかう薬)を、それほどひどくなっていないときは保湿をマメにすることだそうです。
そうはいっても、アトピーなどの体質で元々手が荒れやすい人は保湿が乾燥に追いつかないことも多いようです。

この場合はある意味諦めて、ゴム手袋などで水に触れないようにするほかないようです。
アスクルなどの個人向け通販では、医療用のラテックスグローブが販売されています。

フィットしたサイズのものを選べば、料理やシャンプーなどのときにも使うことができます。
ただ、やはり手先の感覚はなくなるため、シャンプーを洗い流すときには向いているわけではありません。
0




AutoPage最新お知らせ