2010/7/6

トレーラーハウスビレッジつくば  
トレーラーハウスでビジネスが変わる

 トレーラーハウスは不要な経費を支払わない事ができ、売上を利益に結び付ける事ができます。

 もしあなたの事務所や店舗に税金がかからなかったとしたら。

 トレーラーハウスなら合法的にできます。

 一定の基準を満たしたトレーラーハウスは建物ではありませんから固定資産税も必要ありませんし、自動車でもないので自動車税も必要ありません。

 建物ではないと言う事で市街化調整区域にも設置する事可能ですし、建築確認申請も不要です。

 実際に多くの自治体でトレーラーハウスが市街化調整区域に運送会社の事務所として認可されています。

 また大手レンタカー会社は新規出店する店舗の事務所は、全てトレーラーハウスにしています。

 建物を設置してしまったら、状況が変わっても簡単に移動はできません。

 例えば新たにバイパス道路ができたため人の流れが変わっても、建物だったら簡単に移動する事はできません。

 しかしトレーラーハウスなら簡単に移動できます。

 つまり立地条件が変わったとしてもビジネスチャンスを逃す事がありませんし、ビジネスが成り立たない場所にいつまでも居続ける必要もありません。

 また建物の場合場所を変わるにしても、出る時には原状復帰が求められ、建物を壊して更地にする必要がある事もあります。

 そのような経費が必要無い、トレーラーハウスには多くのメリットがあります。

 新規に店舗や事務所を開設したい、店舗のチェーン展開を考えている事業者の方々に最適なのがトレーラーハウスと言えます。

 勿論トレーラーハウスにも欠点もあります。

 運搬のためには道路を走らせなければならず大きな物は作れません。

 トレーラーハウスは道路を走れる事が前提なのです。

 また構造上の制約もあり全ての方にお勧めできる物ではありません。

 しかし、一定のサイズ以内の店舗や事務所で構わないという事業者の方々には、欠点を補って余り程のメリットを与えてくれるのがトレーラーハウス。

 今後のビジネス展開の一つの選択肢として考えられませんか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ