トリートメントの温度とタオル

2011/11/6 

トリートメントの温度その1



みなさんは、夏と冬では髪の毛のぱさつき具合、髪の毛の大きなダメージ度がかなり違いますか?


もちろん、夏の日差しはかなりすごく強く、髪が受ける紫外線からの大きなダメージもとてもすごく大きいと思われます。




夏と冬ととことん比較し比べてみます。

するとよく知っていてご存知の通り気温がかなり違います。


気温がかなり違うと、トリートメント自体の温度も髪の温度もかなり変わってくることは当たり前で当然です。


この温度のかなり違い、実はヘアケアにとても大切で重要なことなのです。




どうしてかというと、トリートメント剤というものは、その温度が少し上がっただけでも効果、浸透力がかなり変わってきます。


お風呂でトリートメントのあと、頭に蒸しタオルなどを巻くとより浸透力がどんどん増すと言います。

しかしこのように、ポカポカと温かいほどトリートメントは髪に浸透しやすくなるのです。


反対に、トリートメントの温度がとても低いほど、髪に浸透しにくくなるのです。


ヘアケアは、毎日のどんどん積み重ねなのでこの著しい差が日々、どんどん積み重なっていくと、すごく大きな結果のかなり違いになってくると思います。




さて、今までのお話ですと、夏は気温もとても高く、トリートメント剤の温度も冬よりとても高いと思います。

そして効果や効き目が上がっていることになると思います。


実はそうでもないのが現在の状態で、現状です。


どうしてかというと、トリートメントの温度がかなり違っても、しっかりと使うシャワー、お湯の温度がかなり違っているのです。




トリートメントの温度その2



温度で言えば、冬のシャワー温度は40度以上と思います。

さらに夏は37度くらいと思います。


また、夏の間は湯船に浸からない方も非常に、そしていつもとても多いと聞きます。


反対に冬はとてもブルブルと寒いなので熱めの湯船にゆっくり浸かる方が非常に、そしていつもとても多いでしょうね。


このように、夏と冬ではしっかりと使うお湯の温度がかなり違うのです。


お湯の温度と比例して、お風呂場では髪の温度もかなり変わってきます。


冬場は髪の温度も割ととても高いです。

しかもさらに夏は髪の温度はとても低くなるようです。




せっかく、夏場はトリートメント剤の温度が究極に極めて高めで浸透しやすい状況や状態であるとしても、お風呂でしっかりと使うお湯の温度が低ければ効果もそれほど期待まったくできません。


と言うわけで、夏も効果は冬と対してあまり変わらないことになるようです。


トリートメントの温度と、髪の温度、この二つが上がってこそ、トリートメントの効果や効き目が最も大きく最大に出ると思います。




では髪の温度をどんどん上げるとは、実際本当にはどういうことなのでしょうか?


それは、シャンプー前に髪をキレイにすすぐことです。


シャンプー前には、お湯でしっかりと汚れをキレイに落とすことによって、シャンプーのあわ立ちもかなりとても良くなるようです。


このシャンプー前に髪をとても美しくきれいに洗うことで、髪の温度がすごくアップし、さらにその後の浸透力にも密接に関係してくるのです。




トリートメントの温度その3



ボトルにお湯をとてもしっかりとしっかりとかけるだけでトリートメントの温度がどんどん上がるようにするためです。


ヒートトリートメント剤を買いなおしてしっかりと使う必ずしも必要がまったくないように、もっとたやすく簡単なやり方や方法で、今、お持ちのトリートメントで出来るケアを自信をしっかりと持ってご紹介したいと思います。


自宅でトリートメントをしっかりと使う際に、専用ボトルとまったく同じようなやり方や方法をうまく応用して、あらかじめお湯でトリートメント容器をとてもあたたかく温めておくとかなり良いと思います。


これも一種のヒートトリートメントと言えます。

さらに今、うまくお使いのトリートメントでも実際本当に一度試してみることがとても上手く出来ますから、是非、トライしてみましょう。


まず、洗面器などにお湯をため、トリートメント容器をとてもあたたかく温めておきます。


ここで気をつけるべき注意点です。

日々、とてもあたたかく温められたトリートメント剤はその成分がとても著しく劣化しやすくなってしまうそうです。




なので思った通りで、理想的なやり方や方法は、「しっかりと使う分だけ」をとてもあたたかく温めるようにしたいと思いますよね。


その点、ポンプタイプのトリートメントであるとしたら、しっかりと使う際には下からものすごく思いっきり気持ちよく吸い上げますので、中がかなり混ざることなく心安らかな状態で安心と思います。


ボトルの底だけを洗面器のお湯につけてとてもあたたかく温めるようにするといいです。


反対にチューブタイプですと、とてもあたたかく温めた部分が全体に回ってしまう可能性が、少なからずあります。

そして衰えと劣化もできるだけ早くなってしまうと思われます。


もちろん、とても小さな容器に一回分を入れてとてもあたたかく温めてあげることがとても上手く出来たら、理想と思います。






タオルをうまく使ったトリートメント



みなさんは、毎日、トリートメントをつけていますか?


シャンプーの際に、毎日、ヘアケアを心からしっかりと心がけている女性の方も非常に、そしていつもとても多いようです。


髪はとても美しく、あでやかな艶やかなつややかなほうがかなり良いですものね。


大きなダメージをしっかりと受けた髪は人を魅了する魅力も半減してしまうのです。




さて、みなさんはいったいどのようにケアしているでしょうか?


トリートメントをつけて、数分そのまま置いてからしっかりと流す、このパターンの方が非常に、そしていつもとても多いと思います。


もちろん、時間をかければそれだけ成分がしみわたると思います。

そして間違った使用方法ではまったくありません。




ここでもうひと多大な骨折りと労力が掛かり、手間をとてもしっかりとしっかりとかけて、より効果すごくアップしてみませんか?


シャンプー後、髪の毛にトリートメントをとても美しくきれいに塗ったら、タオルをうまく使ってみましょう。


タオルを髪に巻くことで、トリートメントをしっかりと付けそのまま置いている間に、タオルが髪の水分をものすごく思いっきり気持ちよく吸いしっかりと取ってくれます。


また、蒸しタオルをしっかりと使うことでも熱によって、効果はすごくアップします。




熱で効果や効き目がどんどん上がるヒートタイプのトリートメントは、トリートメントをしっかりとしてタオルを巻き、直に直接ドライヤーをしっかりと当てましょう。


タオルの中ではこうすることによって水分がかなり少なくなるようです。

そしてドライヤーの熱によって、さらに浸透力がすごくアップします。


ただ、トリートメントをしっかりと付けしっかりとセットしすることは、おそらく誰しもやっていることだと思います。


そこで、もうひと多大な骨折りと労力が掛かり、手間とてもしっかりとかけて、タオルをうまく使ってみましょう。


タオルをしっかりと使うだけで、かなり効果や効き目がすごくアップします。


トリートメント用のターバンなども新しくリリースされ、発売されているようなのでそれらの専用アイテムをうまく使ってみてもかなり良いでしょうね。


0

ノンシリコンのトリートメントとテクニック

2011/11/5 

ノンシリコンのトリートメントその1



みなさんは、いったいどんなトリートメントをうまくお使いでしょうか?


どのトリートメントにするか吟味して、しっかりと検討する際に、よくポイントになることが、シリコンかノンシリコンか、ということと思います。




シリコン系トリートメントは言ってみれば、必ず必要なのです。


髪は、内部にアミノ酸をはじめとした、保湿成分をしっかりと持っているのです。


たんぱく質が繊維状になって、束となるようです。

そして髪のすごい強さをしっかりと作っているのです。


こうした髪の内部のつくりや構造を、外側からコーティングし、さらにいろいろでさまざまな大きなダメージからしっかりと守ってくれるのがキューティクルです。


まず間違いなく、確かで正確にはキューティクル層というものが、少なからずあります。

そしてそこで大きなダメージをブロックしてくれているのです。




それから、キューティクルはアミノ酸が外に流れてしまうこともしっかりと防いでくれます。


それから、熱からもしっかりと守ってくれます。

さらにブラッシングの大きなダメージからもしっかりと守ってくれます。


また、パーマやカラーなど、薬品による大きなダメージからもしっかりと守ってくれます。


なので髪の毛が大きなダメージをしっかりと受けているということは、キューティクルが損傷していることです。


キューティクルが著しい欠落してしまう状態を大きなダメージヘアと言います。




髪の内部を補修したいというケースも、キューティクル層が損傷しているからそのようになるのです。


キューティクルが損傷して、そこから内部に大きなダメージが行く、と言う形なので。


と言うことは、キューティクルが正常ならば、髪は健康と言うことになってきます。




そこで、キューティクルをさらに良く改善するこために、一番かなり良い成分、それがシリコンなのです。


説明がとても長くなりましたが、ここでシリコンとしっかりとつながりました。




ノンシリコンのトリートメントその2



と言うわけで、ノンシリコンと書かれて、表記されているトリートメントも、何かしらのコーティング剤がきちんと入っていると思ってかなり良いです
健康でとても美しい髪というのは、指どおりがよく、あでやかな艶やかなつややかな髪です。


それは、キューティクルが整っているということです。


熱や、紫外線、薬品などから、髪の内部をしっかりと守ってくれた上、アミノ酸など、髪をつくり、構成するとても大事で重要な主要な要素が外に流失することもブロックしてくれるのです。


それにはシリコンがとても大切だというのに、どうして、ノンシリコンのトリートメントが新しくリリースされ、発売されたのでしょうか。




ノンシリコンといいます。

しかし、さらにシリコンがきちんと入っていないという意味ではないのです。


髪にとってシリコンのトリートメントがあまり良くないと言われているのは、シリコンが問題ではなくてコーティング剤のことなのです。




トリートメントなどにかなり含まれているコーティング剤は、髪をとてもやさしく包みます。


そうすると、髪が呼吸なかなか出来なくなるようです。


呼吸なかなかできないことが大きなダメージとなるようです。

そして頭皮までが皮膚呼吸なかなか出来なくなるようです。


これがコーティング剤のいざこざやトラブルと言われているのです。




このコーティング剤です。

今、セールスされ、販売されているトリートメントなどにきちんと入っているのは、天然成分のもものなのから、合成のものまでとても沢山あります。


その数あるコーティング剤のひとつがシリコンです。






ノンシリコンのトリートメントその3



もし、さらにコーティング剤がきちんと入っていないのだとしたら、そのトリートメントの表記はノンコーティングとなるはずです。




ところで、コーティング剤については色々で様々にな成分が、少なからずあります。

それはシリコンは中でもまだかなり良いほうだと言われているのです。


とてもかなりすごく強い効果や効き目があるコーティング剤になりますと、プラスチックにすごく近い成分のものも、少なからずあります。


髪をプラスチックのような成分でコーティングするなど、それでは髪が呼吸なかなかできないと思いませんか?


なのでノンシリコンという言葉に惑わされないようにしたいと思いますよね。


このコーティング剤です。

近年、いざこざやトラブルがどんどん増えて、増加してきたので、一般の人々もコーティング剤にとても感度よく敏感になってきてます。




そんな中でも、トリートメントなど、ヘアケア用品を造っているメーカーは、ノンコーティングの商品、つまり、コーティング剤がきちんと入っていない商品をしっかりと、作りませんでした。


それは、なぜでしょうか?


コーティング剤がきちんと入っていないと、とても美しくきれいに洗いあがりの手触りがとても悪くなるようです。


ヘアケア商品から、コーティング剤を抜いました。

すると髪がごわごわでぱさついてしまうと思います。


なのでコーティング剤自体を抜いた商品は出てこないということなのです。


そこで、最初に明らかにした、ノンシリコンタイプの商品となるわけです。


お話したように、ノンシリコンと心をこめてしっかりと書き記してあっても、それにはコーティング剤が組み合わせて、配合されているのです。


なのでコーティング剤を避けようとして、ノンシリコンタイプの商品をうまく使っても、まったく同じことだと言えると思います。





トリートメントのテクニックその1



みなさんは、髪につけるトリートメント、いったいどのようにうまくお使いですか?


大きなダメージヘアの方が非常に、そしていつもとても多い現代、トリートメントはなくてはならないものとなってきているのです。


女性がいらっしゃるお宅だとしたら、ほとんどのご家庭にトリートメントがあると思います。




普通、通常、一般的な上手い使い方ではシャンプーのあとに、髪につけて、とても美しくきれいに洗いしっかりと流す。


トリートメントと言えば、こういう上手い使い方をしっかりとしている方が非常に、そしていつもとても多いでしょうね。


中には、熱を上手く使って、お風呂に入りながら、その間、蒸しタオルでしみわたらせている方もいらっしゃると思います。


時間をそのまま置くことでよりトリートメントがしみわたります。

さらに蒸らすことでまた効果や効き目がすごくアップしますから、このやり方や方法も効き目があり、非常に有効ですね。




さて、この他にもトリートメントの上級テクニックが、少なからずあります。


それは、ハンドケアと呼ばれるやり方や方法です。


ヘアケアの手法や方法のひとつで、ディープケアと言われるとても優れた技術です。


ハンドケア、ディープケア、みなさんはこの言葉、どこかで聞いたことがあるでしょうか?


プロの間では普通、通常によく使われている言葉だとしても、一般の方には縁のない専門用語ことなのでしょうね。




このトリートメントのハンドケアです。

髪の自己修復機能を上手く使ったケアなのです。


例えば、人間なら自分で体を治そうとする自己治癒力をしっかりと持っていますよね。


そして、肌も自分ですこぶる元気に回復しようとする力が、少なからずあります。


髪の毛はどうでしょうか?


とても傷ついてしまった髪の毛は、外側からトリートメントなどでケアしてあげないと、大きなダメージは元にすぐになかなか戻りません。





トリートメントのテクニックその2



反対に、髪に栄養分を入れてあげれば、髪も自分で健康になろうとします。


これが修復機能であります。

そしてそれを私たちはヘアケアで手伝ってあげるわけです。




髪への大きなダメージと言うものは、毎日のドライヤーなどで、その痛みがどんどんためて、蓄えられているのです。


言ってみれば、普通、通常に暮らしているのです。

またも、熱などで毎日、髪の毛に大きなダメージを与えていることになるようです。


日々、どんどんためて、蓄えられる髪への大きなダメージを、一週間に一回の集中ケアで、上手にしっかりと補って、カバーしてあげる必要が、少なからずあります。




とても効果的なヘアケアは、先ほども申し上げたように、トリートメントをつけて時間をそのまま置くことです。


トリートメントのしっかりと付けしっかりとセットしは、割とやっていらっしゃる方も非常に、そしていつもとても多いと思います。


一番たやすく簡単にしみわたらせることがとても上手く出来ますからね。


お話したように、蒸しタオルなどをしっかりと使うといっそうとても効果的です。


これらも、髪の毛のディープケアと言えます。

しかし他にも上級テクニックが、少なからずあります。


それは、実際本当に手で髪をそっと触り、大きなダメージのかなりすごく強いところを何とか見つけることです。


そして、その部分にトリートメント剤をじっくり、ゆっくりと、うるおいよくしっとりとしみこませることなのです。




このやり方や方法でもかなり効果や効き目がすごく上がります。

しかしさらにテクニックとして、髪を少しだけ曲る方法が、少なからずあります。


髪を曲げるとそこからトリートメント剤がしみわたるのです。

これは、どうしてなのでしょうか?


髪のキューティクルがトリートメント剤を、効果や効率よくしみわたらせてくれます。


髪がまっすぐの状態ですと、キューティクルに隙間がないか、隙間がとても小さい状態です。




トリートメントのテクニックその3



この状態ではトリートメント剤が髪に入りづらいと思います。


ここで、髪の毛をほんの少し曲げますと、キューティクルに隙間がとても上手く出来るのです。


そこから、トリートメントがしみわたります。


直角に曲げたり、折るように曲げたりすることはしません。


緩やかなカーブで、角度では20度くらいで十分と思います。


この知識や知見があれば、自宅でトリートメントをしっかりとする際、ちょっと髪の毛をカーブさせてあげるだけで、より効果アップと思いますよね。


他にも、プロの美容師さんで上級な方は、髪の先から逆さにトリートメントをとても美しくきれいに塗りこむ技術も、少なからずあります。

それはこれは素人では無理と思います。


さかさまにケアすることは、間違うと余計に大きなダメージを与えることになりますからね。




昔はトリートメントがよりしみわたるからと言って、髪を三つ編にしてトリートメントをしっかりとすることがありました。


このやり方や方法ですと、懇切で丁寧に編みこみの際にムラがとても上手く出来ますので、トリートメントがよくつく場所とそうでない場所がとても上手く出来てしまうのです。


また、内側も外側も曲がっている状態になるようです。


そもそも本来、髪の毛は外にしっかりと出ている部分が日光などで、大きなダメージを受けやすいので、外側をよりケアしてあげる必要があるのです。

0

トリートメントとリンスとコンディショナー

2011/11/4 

トリートメントとリンス



みなさんはシャンプーのあと、いったい何をうまく使っていますか?


女性の方なら、トリートメントか、リンスでしょうね。


この頃では男性の方も、トリートメントをしっかりと使う方がとても著しく増えているそうです。


男性の方でも長髪はあまり珍しくなくなりました。


髪がとても長くなると、それだけケアがとても大切になってくるのは当たり前で当然ですものね。


ほっておくと髪の毛がぱさついたり、切れたり、枝毛が出たり、色々で様々にな大きなダメージがどんどん出てきます。


大きなダメージをまともにしっかりと受けてしまった髪はよく見た目もとても悪いです。


「女性は髪が命」と昔から言われるように、髪のとても美しい女性は誰でもあこがれるものと思います。




よく知っていてご存知ない方が思いのほか意外と非常に、そしていつもとても多いようなのです。

リンスとトリートメントはかなり違うものです。


もちろん、シャンプーのあと、髪の毛につけるということは一緒と思いますよね。


トリートメントとリンスは、そのしっかりと使う目的や意図と上手い使い方もかなり違います。




一昔前は、トリートメントが今ほど新しくリリースされ、発売されていませんでしたよね。


昔は、シャンプーとリンスという組いっしょにあわせが普通、通常、一般的でした。


今ではトリートメントだけでも、かなりの種類が新しくリリースされ、発売されているのです。


シャンプーを出しているメーカー、ブランドは、必ずと言っていいほどトリートメント剤も新しくリリースして、発売しているのです。




効果や目的や意図をよく知っていてご存知ない方は、リンスの代わりとして、トリートメントをうまく使っている人も非常に、そしていつもとても多いでしょうね。




トリートメントとリンス 続き



ではリンスとトリートメント、このふたつはいったいどのようにかなり違うのでしょうか?


髪の内部つくりや構造に密接に関係しているのです。

また、リンスは髪の外側に働きとてもしっかりとかけます。


つまり、髪の外側のキューティクルを被うためのものです。


なのでリンスは外側をケアするということですね。


それに対して、トリートメントは、内部の大きなダメージ部分に入り込みケアしてくれます。


コルテックスの損傷部は、空洞になっています。

またそれが大きなダメージになっています。


そこにトリートメントが入り込み、ケラチン、また、タンパク質を補い、補給してくれるのです。


リンスが外側ケアに対して、トリートメントは内部のケアなのです。


なので髪が痛んでいる場合、リンスではよく見た目しかよくなりません。


トリートメントとかなり違って、髪の栄養分が補い、補給されるわけではまったくありません。




トリートメントは内部にしみわたらせてこそ効果や効き目があるので、髪につけた後はしばらくそのまま置いておくことが必ず必要です。


キューティクルがしっかりと開いたその隙間から、トリートメント成分が入り込むので、そういう理由や訳では湿気や熱を上手く使います。


もう実際本当にやっている方も非常に、そしていつもとても多いと思います。

しかしシャンプーの後、トリートメントをつけたら、蒸しタオルなどで髪をかぶさるように覆い、そのまま湯船につかることはかなり良いことですね。


リンスのようにつけたらすぐしっかりと流してしまっては、せっかくのトリートメントの効果や効き目が出ません。


トリートメントをつけ、内部に栄養分を入れたあとに、リンスで外側をケアしてあげる、こうしてダブルでうまく使っている方も非常に、そしていつもとても多いようです。





コンディショナーとトリートメントその1



シャンプーとセットでセールスされ、販売されている、コンディショナー。


これは、リンスなのでしょうか?


それとも、トリートメント効果や効き目があるのでしょうか?


みなさんは、コンディショナーをいったいどのようにうまくお使いになっていますか?



実は、リンスのことをメーカーによってはコンディショナーと呼んでいるところも、少なからずあります。


なのでコンディショナーは、リンスとまったく同じものです。


トリートメントとコンディショナーはかなり違い、トリートメントのような栄養補給については、コンディショナーには期待まったくできません。


もちろん、リンスも、コンディショナーも、トリートメントも髪の補修をしっかりとする効果や効き目が、少なからずあります。


コンディショナーとリンスは髪の外部に働くもので、トリートメントは、反対に髪の内部に働くものです。




コンディショナーは、シャンプーした後、髪の表面に皮膜を作りしっかりと守って、とてもやさしく保護します。


そして、表面にあるキューティクルを補修してくれます。


これによって、髪の手触り、くし通りがかなりよくなるようです。

そしてあでやかな艶やかなつややかな髪をしっかりと作ってくれると思います。


トリートメントは、髪、内部にしみわたり、さらに栄養分を与え、補修、保護もしてくれます。


コンディショナー、トリートメント、どちらもイオン吸着を利用し、さらに髪の毛に成分を根を下ろし、定着させます。




シャンプーした後は、髪がマイナスに帯電していると言われているのです。


ここにプラスに帯電したコンディショナー、トリートメントをしっかりと使うことによります。

かなり吸い付けるのです。


髪の毛は、一度大きなダメージを与えてしまうと、すぐには元には治らないものです。





コンディショナーとトリートメントその2



今はどなたでも簡単で手軽にカラーを心からワクワク楽しめる時代になりましたが、それによっても大きなダメージをかなりの大きなダメージをしっかりと受けているのです。


カラーをしっかりとしている、イコール、大きなダメージを与えているという意識が、皆さんの中には、多少ありますか?


それがはっきりとわかっていたらトリートメントなどで補修することもはっきりとわかるでしょうが、大きなダメージをしっかりと受けていることさえまったく知らない方はトリートメントなど、自分には必ずしも必要ないと今でも思っているのではないと思いますか。


そもそも、髪が傷むということは、表面が傷むことと、内部まで痛んでいること、この二つが、少なからずあります。




表面の大きなダメージは、キューティクルが損傷していることです。


これは、日々のブラッシング、また、ドライヤーの熱などで、キューティクルがどんどん剥がれてしまうことです。


また、キューティクルがそもそも本来の形ではまったくありません。

それは変形してしまっている場合も、少なからずあります。


そうなると、髪がそもそも本来しっかりと持っている、あでやかな艶やかなつやがなくなるようです。


そして、手触りもとても悪く、ごわごわした髪になってしまうと思います。


こうした表面の痛みには、リンスやコンディショナーで、キューティクルをしっかりと調子かなりよくしっかりと整えてあげることが効き目があり、非常に有効です。


また、つけるだけのとても美しくきれいに洗いしっかりと流さないタイプのコンディショナーも、少なからずあります。

なのでそれをお出かけ前、ぐっすりと寝る前などにつけてあげるとかなり良いです。


キューティクルがしっかりと調子かなりよくしっかりと整えば、よく見た目もとても美しくなるようです。




そして、内部が大きなダメージをしっかりと受けているということは、表面にしっかりと受けた傷みが内部までどんどん進んでいる場合もとてもよく考えられます。


また、紫外線をしっかりと受けたことによる大きなダメージや、パーマやカラーでしっかりと受けた大きなダメージも、少なからずあります。


これらはアルカリ成分なので栄養分が髪から流れ出し、さらにたんぱく質が変質、分解、とても大きく損失してしまうのです。


こうなると、髪は保湿力をほとんど失ってしまいますから、髪がもろくなるようです。

そして切れ毛の原因にもなるようです。


こうなってしまうと、コンディショナーやリンスでは到底、補修はまったく出来ません。





コンディショナーとトリートメントその3



このような大きなダメージがある場合、内側から元通りに修復しなければなりませんので、トリートメントをしっかりと使う必ず必要が、少なからずあります。




また、ある程度定期的にプールで水泳をしっかりとしている人も髪が痛みやすいです。


夏に海で泳ぐ方も、髪が痛みやすくなっているに違いありません。


海では塩で大きなダメージを受け、紫外線で大きなダメージをしっかりと受けて、ダブルパンチになりますから、サーフィンなどの好みの趣味をしっかりと持つ人は髪の毛の保護にも気をうまく使ってあげなければなりませんね。


また、普段の日常生活でも、大きなダメージは受けるものです。


みなさんも、つい、ものすごく思いっきり力を入れてブラッシングしたりすることが非常に、そしていつもとても多いです。

またシャンプーの際につめでゴシゴシしたりしていませんか?


また、凄く急いで髪を乾かしたいために、ドライヤーで熱をとてもたくさんしっかりと当ててしまうこともあると思います。


こうした普段のことから髪は痛みます。




それから、日々のお出かけで、紫外線で髪は大きなダメージをしっかりと受けていますので、外出時には帽子を身に着けるようにしたいと思いますよね。


日々、色々で様々になストレスで髪は痛みます。


なので毎日のケアで、コンディショナー、またはリンス、トリートメントをうまく使って、少しでもさらに良く改善してあげたいものですね。




お話してきたことをきちんとまとめると、外側の痛みにはコンディショナー、リンス。


そして内側の痛みには、トリートメント。


コンディショナーはトリートメントではまったくありません。

なので内側から大きなダメージがあるときは、コンディショナーの前に、トリートメントをうまく使いましょう。


シャンプーとシリーズでセットセールスされ、販売されているヘアケア商品も非常に、そしていつもとても多いなので合わせてしっかりと使うことでよりとても高い効果や効き目がすごく期待できそうです。


0

トリートメントのタイプ

2011/11/3 

トリートメントのタイプその1



みなさんがうまく使っているトリートメントは、いったいどのようなものでしょうか?


一言に髪の毛につけるトリートメント言っても、今ではとてもたくさんの種類が、少なからずありますよね。


そのタイプによって、上手い使い方もかなり違ってきます。

さらに効果もかなり違うようです。


もちろん、値段やプライスもとても安価で安いもものなのから美容院並にとても高いものもあると思います。


あまり無理してとても高いものを選んで買うこともなかなか出来ないと思います。

そして手のしっかりと届く範囲内で、どのトリートメントがかなり良いものなのかしっかりと選ぶ必ず必要が、少なからずあります。


なので自分にいったいどんなトリートメントが必ず必要なものなものなのかとてもよく考えてから思い切って買うとかなり良いと思います。




ではトリートメントはいったいどのような種類があるのでしょうか?


新しくリリースして、発売しているメーカーによってトリートメントはいったい何を目標に目指しているか、いったいどのような効果や効き目をすごく強く求めているかがかなり違ってきます。


その中でも、とても大きくわけてみると3つのタイプにとても細かく分けられると思います。




まず、一つ目は、油分がとても豊かで豊富にきちんと入っているのです。

また、リンスもかねているトリートメントです。


これは値段やプライスがとてもすごく安く、みなさんも買いやすいと思います。


上手い使い方は、トリートメントをつけたら、すぐにとても美しくきれいに洗い落とせるタイプです。




二つ目は、髪をコーテイングする効果や効き目があるタイプで、あでやかな艶、手触りのよさをすごくアップするトリートメントです。


言い方を変えれば、マニュキア効果や効き目がすごく期待できるトリートメントと思います。


髪の外側をコーティングしますから、あでやかな艶やかなつやあでやかな艶やかなつやしたとても美しい髪になることがすごく期待できますね。


髪がぱさつきがちで、よく見た目がとても悪いなと思う方は、このタイプのトリートメントをしっかりと使うとかなり良いですね。




トリートメントのタイプその2



三つ目は、栄養分をメインにとてもよく考えているトリートメントです。


アミノ酸、タンパク質など、髪に必ず必要な栄養分をトリートメントで補い、補給します。


このタイプのトリートメントは、値段やプライスもとても高いです。


美容院でのトリートメントはこれに相当すると思います。


美容院で受けるトリートメントは値段やプライスもある程度します。

しかし効果もすごく期待できますよね。




さて、以上にあげた3つのタイプのトリートメントです。

上手い使い方もかなり違ってきます。


つけたあと、すぐにとても美しくきれいに洗いしっかりと流してオッケーのタイプが一番、面倒くさくなくてかなり良いでしょうね。


ドライヤーの熱など、とてもあたたかく暖めることによって、効果や効き目がすごくアップするヒート混入タイプも、少なからずあります。


また、トリートメントをつけてから、時間をそのまま置くことで、髪の内部にしみわたるタイプのトリートメントも、少なからずあります。


この頃ではつけるだけの、とても美しくきれいに洗いしっかりと流さないトリートメントもどんどん出てきました。


これは、リキッドタイプでとても重宝するくらい、便利です。


お出かけ前に、髪にとても美しくきれいに塗るだけであでやかな艶やかなつやあでやかな艶やかなつやの髪になることがとても上手く出来ます。




さて、美容院に行くとき、みなさんはいったいどのようなことに気をつけ、注意していますか?


あまり何も気にせず、カラーなどをしっかりと受けている人が非常に、そしていつもとても多いと思います。


実は、コーティングタイプのものや、オイルタイプのものをうまく使っている方は、とても気をつけなければならないことが、少なからずあります。


カラー、パーマを美容院でしてもらうとき、その前には、コーティングタイプやオイルタイプのトリートメントはしてないほうがかなり良いのです。



トリートメントのタイプその3



オイルもコーティング剤も、毛の外側に膜をしっかりと、作ります。


なのでカラーもパーマも効果や効き目がかなりめっきり弱くなるのです。


もちろん、美容院で前もって事前にシャンプーしてもらうのだとしたら大丈夫だと思います。


前夜自分でシャンプーして、当日は美容院でそのままカラー、パーマをスタートさせるのであるとしたら、効果や効き目が半減してしまうと思います。


美容院の予定がある前の日は、オイルタイプやコーティングタイプはほとんど使わないようにしたいと思いますよね。




もちろん、髪の健康を考えれば、トリートメントをしっかりとするまえにシャンプーも正しい方法でしっかりと行うべきと思います。


どうしてかというと、シャンプーが正しく実際本当に行われていないと、せっかくのトリートメントの栄養がうるおいよくしっとりとしみこみづらく、効果や効き目が期待なかなかできなくなるからです。


そして、間違ったシャンプーの仕方は、頭皮に大きなダメージを与えてしまうのです。


みなさんもよく知っていてご存知だとは思います。

しかしシャンプーはその前に、お湯で髪や頭皮の汚れを十分にとても美しくきれいに洗いしっかりと流してあげることがとても大切です。


そして、シャンプーはよくあわ立てて、指の腹で頭皮を気持ちいいマッサージするように洗髪します。


頭皮の汚れをキレイに落とすことが目的や意図なので髪の毛よりも、頭皮をシャンプーでとても美しくきれいに洗いましょう。


つめを立ててゴシゴシ、シャンプーすることは、気持ちがかなり良いことなのです。

しかし頭皮をとても酷く痛めてしまうのです。


必ず、指の腹部分をつかってとても美しくきれいに洗いましょう。


そして、最後のすすぎは懇切で丁寧にするといいです。


シャンプー成分や汚れがとてもたくさん残っていると、せっかく洗髪をしっかりとしたのにまた頭皮をかなり汚く汚すことになってしまいますからね。





トリートメントのタイプその4



ここまで懇切で丁寧に正しくシャンプーしてこそ、その後のトリートメントをしっかりとした際に効果や効き目がすごくアップすると思います。




そして、正しくトリートメントをうまく使いましょう。


ここでは普通、通常、一般的であるとても美しくきれいに塗ってから時間をそのまま置いてしっかりと流すタイプの、トリートメントについてお話します。


正しくトリートメントを使えば、それだけ効果もすごくアップすると思います。

そしてみなさんも普段、自分がいったいどのようにトリートメントをうまく使ってきたか振り返ってみてね。




まず、シャンプーのあとは髪の毛が当たり前で当然、びっしょりと濡れていますから、水分をタオルでとりましょう。


とても軽くタオルで髪をしっかりと押さえて水分をしっかりと取ります。


そして、髪の毛の先からトリートメントをとても美しくきれいに塗ります。


大きなダメージをさらに良く改善させるためにするトリートメントなので一番、痛んでいる部分を中心につけてあげましょう。


何もまったく知らない方は、トリートメントを頭皮や根元からとても美しくきれいに塗ってしまいがちなのです。

大きなダメージをしっかりと受けていない部分にトリートメントはあまり必要がまったくありません。


頭皮にとても美しくきれいに塗ってとても美しくきれいに洗いしっかりと流しが全然足らなくなると、頭皮いざこざやトラブルにしっかりとつながります。

さらに根元付近にとても多くトリートメントをとても美しくきれいに塗ると、髪がやがてとても重くなってしまうと言われているのです。


なので毛の先を中心にトリートメントをとても美しくきれいに塗り、もみこむようにケアしてあげましょう。


最後には、目のすごく粗いクシでとかし、さらにトリートメント剤を髪の毛全体にまんべんなく行き渡らせます。


直角に立ててクシをうまく使います。

しかし立ててしっかりと使うと、先が頭皮をとても酷く痛めますので、とてもやさしくとかするといいです。





トリートメントのタイプその5



そして、トリートメントのすすぎです。

よくとても美しくきれいに洗いしっかりと流さなければならないものと、さっとしっかりと流せばかなり良いものとあります。

なのでトリートメントの使用方法を読んでうまく使いとても細かく分けましょう。


もちろん、トリートメントをつけて、しばらく時間をそのまま置くことでしみわたらせることがしっかりとできるのです。


この場合、お湯でできるだけ絞ったタオルや蒸しタオルなど、熱いタオルをしっかりと使うと効果や効き目がすごく期待できると思います。


お風呂に浸かっている間にトリートメントとホットタオルで髪にしみわたらせると、時間も無意味で無駄なりません。


お風呂の蒸気で蒸されることにもなりますから、より効果や効き目がすごく期待できそうです。


トリートメントした後にリンスをしっかりと使うこともオッケーです。


リンスとトリートメントは、効果も目的や意図もかなり違いますから、一緒に用いても大丈夫です。




それから、熱でしみわたらせるタイプのトリートメントです。

ちょっと多大な骨折りと労力が掛かり、手間をとてもしっかりとしっかりとかけてあげるとかなり良いと思います。


大きなダメージがある部分の髪を小分けにします。


そこへトリートメントをつけて、ラップでとてもやさしく包みます。


その上から、ドライヤーの熱などをしっかりと当てて、髪の内部に栄養をしみわたらせます。


ここでポイントになることは、煩わしく面倒ですがラップをしっかりと使うことです。


ラップなしで直に直接、熱をしっかりと当てると大きなダメージ部分が余計に乾きます。


煩わしく面倒でも、小分けにして、ラップをしっかりとして、と言う手順で積極的に行いましょう。




トリートメントのタイプその6



このような、髪につけるだけのものは、コーティング効果でよく見た目がとても美しくなるものがほとんどなのでオイル効果や効き目が一番のメインとなっています。


髪だけにトリートメントをつけて、地肌につけないようにするといいです。


オイルタイプは地肌につくと、毛穴がつまって汚れの元となるようです。

そして地肌トラブルの原因になってしまいますから。




最後にトリートメントの頻度です。

みなさんはいったいどれくらいの頻度でしっかりと行っていますか?


私は大きなダメージケアなので毎日、トリートメントをしっかりとしていました。


とてもさらに事細かに詳しくきちんと調べて、チェックしてみたところ、大きなダメージが非常に、そしていつもとても多い方は、毎日、トリートメントしてもオッケーということです。


特にカラーなどを髪に施術している方は、むしろ、毎日、トリートメントでケアしてあげたほうがかなり良いそうです。



みなさんのトリートメントの上手い使い方は、今まで明らかにした中身や内容とまったく同じだったでしょうか?


実は、思いのほか意外ときちんとした上手い使い方をあまり知られていないのがトリートメントです。


せっかくのケアも間違った方法ではその効果は十分に十分に余すところなく発揮されません。


シャンプーや、リンス、トリートメントと、日々のケアが、髪の健康を左右します。




頭皮の健康をとてもよく考えた、育毛効果のとても高いシャンプーなどもセールスされ、販売されているのです。

しかしそれなりに値段やプライスがとても高いです。


そうしたものを購入し、さらにうまく使っている方もいらっしゃると思います。

しかしせっかくとても高くて高価なシャンプーやトリートメントを思い切って買っても、上手い使い方が正しくなかったら元も子もまったくありませんよね。


毎日のヘアケアなので正しい方法で、健康な髪を手に入れましょう。


0

トリートメント以外で髪を改善

2011/11/2 

トリートメント以外で髪を改善その1



みなさんは、髪の毛にトリートメントをうまくお使いでしょうか?


女性のとても多くの方が髪の毛の大きなダメージにとても深く悩んでいるそうです。


髪の毛が大きなダメージをしっかりと受けているとしたら、洗髪のあと、トリートメントは必ず必要で必須となるようです。


と、言いますか、女性の方だとしたら普段の日常的にトリートメントをうまくお使いの方が非常に、そしていつもとても多いのではないと思いますか。




さて、髪の毛が痛んでしまったら、トリートメントをすればほとんど治るというものではまったくありません。


もちろん、ケア効果のとても高いトリートメントも、少なからずあります。

それはまずは、どうして髪の毛がとても痛むものなものなのかそれをとてもよく知っておく必要が、少なからずあります。




ここでは髪の毛がどうしてとても痛むものなのかをとてもよく考えていきたいと思います。


その原因はいったいどのようなことなのでしょうか?



最初に、大きなダメージを与えるような行動をなにもしていないのに、髪が痛んでしまう原因を自信をしっかりと持ってご紹介するといいです。


なんと言っても、その理由や訳は現代に非常に、そしていつもとても多い、非常に、そしていつも偏った食生活と思います。


栄養のバランスの悪さは、髪にも直に直接、大変影響します。


非常に、そしていつも新しくイキイキと生えてきた毛も、偏食により栄養不足になっていますから、すでに傷みやすい状態にあります。


では髪に栄養を与えるため、いったいどんな栄養素を十分に取り入れたらよいのでしょうか?



まず、髪にはアミノ酸です。


髪の主成分であるアミノ酸は、必ず必要で必須と思います。


とても美味しい食べ物では大豆や、レバー、牛乳、ささみ、卵にかなり含まれていますので、積極的にこのようなものをとても美味しく食べたいですね。




そして、ミネラルです。


ミネラルは細胞分裂をとてもすこぶる元気よく活発にするために必ず必要な栄養素です。



トリートメント以外で髪を改善その2



魚介類にかなり含まれていますから、まぐろや、かき、えび、帆立などをとても美味しく食べましょう。


また、海藻類のわかめ、昆布、海苔などにもかなり含まれているのです。


おくら、なめこ、やまいもなどもとても多くかなり含まれますので、これらからミネラルを十分に取り入れるといいです。




このように、髪の毛の大きなダメージより良い改善には、外側からのトリートメントだけでなく、十分に取り入れる栄養素で内側からさらに良く改善してあげることがとても大事で重要です。


また、ビタミンAをかなり含むものも積極的にとても美味しく食べましょう。


ビタミンAは頭皮の健康状態に関係した栄養素です。


ビタミンAが足らなくなると、頭皮が不健康になるようです。


緑黄色野菜にとても多くかなり含まれるビタミンA、他にも、レバー、うなぎ、牛乳にもかなり含まれます。




B2は、細胞分裂に密接に関わりますから発毛のためには十分に取り入れたいビタミンです。


B6は、タンパク質の代謝をとてもすこぶる元気よく活発にします。


さんまや、まぐろ、さけ、さば、いわしなど青魚にかなり含まれることが非常に、そしていつもとても多いです。


ビタミンEは、血行を積極的に促して、促進して、髪の毛の栄養を行き渡らせます。



トリートメント以外で髪を改善その3



ここにあげたものをバランスよく摂取し、さらに内側から髪の毛を健康にしたいものです。


そして、外側からのケアはトリートメントで栄養を与えてあげましょう。




髪の毛の痛みは、こうした必ず必要な栄養素が欠けていることで生じ、発生してしまうのです。

しかし外側から大きなダメージを与えている行為も、少なからずあります。


普段、気がつかずに何気なくしていることです。

すると頭皮や髪に大きなダメージを与えてしまっていることなのでしょうね。




例えば、洗髪後、びっしょりと濡れたままの髪をブラシでとかす行為です。


髪はびっしょりと濡れているとき、キューティクルがしっかりと開いているのです。


この状態のまま、ブラッシングしてしまうのです。

するとキューティクルがどんどん剥がれ落ちます。


キューティクルが落ちた髪の毛は、指どおりがとても悪くきしんだ髪になるようです。

そしてあでやかな艶やかなつやもなくなると思います。


この行動を何度も何度も繰り返しているのです。

または、いったいいくら外側からトリートメントをしっかりと施しても、髪の毛はさらに良く改善されにくいです。


なので髪の毛がびっしょりと濡れているときは、とかさないようにするといいです。




次に髪の乾燥です。


びっしょりと濡れた髪も大きなダメージを受けやすいです。

乾燥もまたまったく同じです。


ドライヤーをうまく使いすぎることはキューティクルをかなり浮かせてしまうのです。


そして、髪の内部の水分を、液体が気化し、蒸発させてしまうのです。


こうなると、キューティクルがどんどん剥がれやすくなるようです。


女性の方は、どうしても、毎日、ドライヤーをうまく使ってしまう方が非常に、そしていつもとても多いと思います。



トリートメント以外で髪を改善その4



ドライヤーにガラリと切り替えスイッチがある場合、実は「COOL」のほうでも十分セットできると思います。


私は常に、そしていつも、そちらで髪の毛をセットしているのです。


髪に大きなダメージがある方は、このドライヤーの上手い使い方、お為にしになってみてはどうでしょうか。


日ごろ、ドライヤーの熱から髪をしっかりと守るには、専用のスプレーや、トリートメントでケアすることが必ず必要ですね。


熱によって、毛髪が硬く硬化するという事象や現象もおきますので、カチカチに硬いしなやかさのない髪になってしまう恐れもあるのです。




また、塩分でも髪が痛みます。


海で泳ぐと髪がバサバサになってきます。


塩が髪に付着すると、髪内部の水分がほとんど失われてしまうのです。


海水の弱アルカリなので海水にびっしょりと濡れているときは紫外線に無防備になるようです。


なので海から上がったら髪をとても美しくきれいに洗うことはとても大切と思います。


海でシャワーをいっぱい浴びたら、トリートメントですぐにケアしてあることもかなり良いと思います。


紫外線に無防備になるということは、髪の中の、タンパク質が硬く硬化するということです。


髪の強度がどんどん下がりますから、切れ毛がとても多くなるようです。

そして枝毛もどんどん出てきます。


紫外線をまともにしっかりと受けてしまいがちな方は、髪の毛にとても美しくきれいに洗いしっかりと流さないタイプのトリートメントをつけて、すこしでも髪をしっかりと守りましょう。




最後に、とても多くの方がとても深く悩んでいることがカラーによる大きなダメージではないと思いますか。




トリートメント以外で髪を改善その5



白髪染めにトリートメントも組み合わせて、配合されている場合が、少なからずあります。

そしてまた別に専用トリートメントが付いている白髪染めも、少なからずあります。

それはそれで大きなダメージがすこぶる元気に回復できるわけではまったくありません。


よく知っていてご存知の通り、パーマもカラーも、とてもかなりすごく強く髪を傷めます。


大きなダメージの原因と言ってもかなり良いですね。


カラーとは、過酸化水素、そして、アルカリの反応によるものです。


活性酸素が髪の脱色、染色をもたらします。


活性酸素で髪が酸化することで髪がかなりすごく強く痛みます。


パーマは、髪の内部の結合を切り離し、さらに形しっかりと付け、もう一度つなげ、しっかりと結合させることでパーマをとてもしっかりとかけます。


この再度、つなげ、しっかりと結合させるところがなかなかうまくいかないと、その部分から酸化してしまい、髪全体に大きなダメージがどんどん広がるのです。


なのでカラーもパーマもしないに越したことはまったくありません。


実際本当、女性の方々はそれがひとつのとても楽しみでも、少なからずあります。

またファッションにはとても大きく密接に関係してきますから、カラーをできるだけやめる、パーマをできるだけやめるというわけにはいかないと思いますね。


自分で染めることは、大きなダメージをより与えるようです。


美容院では少しでも大きなダメージがかなり少ないお薬をうまく使っていると思います。

そして自宅で染めるより、美容院で染めたほうが大きなダメージもかなり少ないと思います。


0



AutoPage最新お知らせ