2013/9/26

硬いイメージ  

「○○ちゃん(私)って本当に強いよね」
「しっかりしてて羨ましい」
そう友人や職場の人から言われる事が多い私。

本当は強くなんか無くて「強くしていないといけない」
そんな気持ちが前面に出ているだけだったんです。
ある種‘自己演出‘的ではあったので、そう思われても仕方が無いのに
ジレンマを抱えるという矛盾した心理状態でした。

それも、最近から大阪府のプリザーブドフラワーアレンジメント教室
通いだしたのでさらに充実して一人でもしっかり生きているという
硬いイメージがつきました。。。。w
「強くないんだよ?」
「うん」
「本当はね、甘えたい時もあるの」
「分ってるよ」
そんな会話を彼と繰り返していました。
誰かに「弱い」という部分を見せたい。見せることでバランスを取りたいと思っていたのでしょう。
幸か不幸がその「役回り」になっていました。

「強かったとしても、弱かったにしても・・・しなやかであれば女の人って魅力的だと思うんだよ」
そういう彼の言葉にハッとした気がします。

一見弱そうな柳の木だって
ゆらゆらと揺れながらも枝を折る事はない。
それは「しなやさか」という強さをもっているから。

そう考えると「本当は強い子じゃないのに!」と何処かで憤っていた思いがスッと溶けていった感覚がありました。

彼の言うとおり、芯はあるけれどやわらかく動ける事の出来る人でありたいなあ・・・と思いましたし
「強い人」と言われても、嫌な気持ちにもならなくなっていきました。
0

2013/9/26

逃げるという事  

彼との「共同生活」はとてもスムーズでした。
同棲という響きよりも、「ルームシェア」といった要素が強い二人でした。
もちろん、恋愛感情はありましたし
だからこそ、一緒に暮らそうという話になったのですが
互いのペースが違い、それでもそれを上手く理解し合えているので

「甘い生活」
といった雰囲気ではありませんでした(笑)

甘い雰囲気がなくても、彼と居られる事自体に幸福と感謝をしていましたし、
安心感もありました。
私達らしい形で生活できていると思っていました。

そんな私たちなのですが、やはり喧嘩はしてしまいます(苦笑)
良くないと思いつつも、私はどうも理詰めで相手を追い詰めてしまう癖があります。
最初は気を払っているのですが、
エキサイトしてくると、どうしても理屈ばかりを言ってしまうんです。
彼もどちらかというと理詰めをするタイプなのですが
「口では女のほうが強い」という定説は本当なのかもしれません。

ある日、耐え切れなくなったのか
彼は家を出て実家に帰ってしまいました。
最初は焦ったのですが、時期に喧嘩やちょっとした言い争いをするだけで
実家に戻ってしまう彼をみて
焦りというよりも呆れたという感情が芽生えていきました。

都合が悪くなると実家を逃げ場にしていたようです。
・・・散々、実家を出たいと言ってたのに・・・

「ずっと逃げ場にいたほうがいいんじゃない?」
と業を煮やした私は言いました。
彼は「ごめん」そう謝り続けましたが、すぐ逃げて話しあうことさえも出来ない関係が続いていて
恋愛関係はとっくに破綻していたのだと思いました。

ですので私が翌日、部屋を出ることにしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ