2011/10/5 | 投稿者: トラック売却

トラックを愛用いると、いつかは買取りして欲しいという場面に直面する事が
あるだろう。
でも、買取して貰うなら、高く売り
よりよいトラックに乗り換えたいと言うのが本心だろう。

走行距離と大体の価格と比較してみると

大型トラック (19〜25トン)
中型トラック (7〜8トン)  
小型トラック (4〜7トン)  

だとすると、

大型トラックの年間走行距離 (4〜6万キロ)
中型トラックの年間走行距離 (2〜4万キロ)
小型トラックの年間走行距離 (2〜4万キロ)

大型トラックにもなると、年間で10万キロ走るのも多い。
車両総重量が多いほど、年間走行距離が多くみられるようになる。

大型トラックだと、100万キロから値段が下がると言われている

走行距離が低い事に越したことはない、最近だと中古トラックの販売価格自体が
上がっている事もあり、暫くして買い換える頃には現在の価格では買えないかも
しれない現状にある。

オークションサイトなどをみても、大体5〜6年使用くらいのトラックは
高値が付いている。と、言うことは買取価格も高いと言うことだ。
買取時期にはうってつけの時期と言える。

今、自分のトラックはいくらぐらいなのだろうか。

最近では、インターネットからでも簡単に申し込めるようになっている。
車の査定情報をと自分の情報を入力するだけで簡単に申し込みが出来るように
なっている。電話やFAXでの申し込みも可能だし、
FAXに関しては画面をコピーして記入をして流すだけ。

以前は自分で用意しなくてはならなかった沢山の資料名義変更や抹消手続きなども代行無料サービスになっているまた複数台買取ともなれば、買取額が優遇される事もある。

他での見積もり書があれば、その価格よりも
高く買い取ってもらえるケースも多い。

難しい事のように思えるが、こんなに簡単に申し込みが出来れば、
手の空いた時間に申し込み、査定額に納得がいけば買取を決定すればいい。

サービスはすべて無料になっているので、お金が掛かる事は一切ない。
気になったら、買取サイトで試しに査定してみるのもいいかもしれない。

トラック高額買取
0




AutoPage最新お知らせ