産業保健師の採用情報  保健師:産業保健師

保健師といえば、市町村の保健所などで働く行政保健師として活躍している人が多い気がします。
しかし、保健師の仕事はそればかりではなく、今は企業で働く産業保健師の人気も高まってきているのです。

保健所で働く行政保健師は公務員として働くことになるため仕事は安定していますが、いろいろな雑務をやらされる場合が多く、その分残業もあるというデメリットがあります。

それにくらべ産業保健師は、保健師としての仕事に集中することができますし、残業もほとんどありません。そのため、人気があるお仕事なのです。

ですが、産業保健師の求人は見つけるのが大変です。産業保健師として働きたいと思っている方も、なかなか求人が見つからずお困りなのではないでしょうか…?

そんなときは、保健師専門の転職サイトを利用して求人を探すことをおすすめします!!

転職サイトは無料で利用出来て、より多くの求人を見ることができるのでとても便利です。
また、利用者にだけ公開される求人もありますから、応募が殺到するということもありません。

産業保健師の求人をお探しの方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

詳しい情報は、産業保健師の採用情報入手の最短ルート! | 産業保健師採用情報ガイドをご覧になってください。

また、アポプラスメデジカルというサイトでも産業保健師の求人が掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください。
0

看護師の当直  

看護師の仕事は、24時間体制です。入院施設がある病院では、いつ患者さんの容態が急変するかわかりませんので、看護師も交代で仕事を行わなければいけません。

夜勤で働く看護師のことを当直と言いますが、当直は日勤勤務よりも過酷なことのほうが多いようです…。

夜間は患者さんの容態が急変しやすい時間帯ですし、勤務時間も長いです。
病院によって時間の違いはあるかもしれませんが、夕方から翌朝までの勤務ということが多いようです。
看護師の人数は、患者さん10人に対して1人という配置になっています。
日勤にくらべ看護師の人数も少ない分、当直の看護師の負担は大きいのです。
そのため、夜勤が苦手・辛いという看護師も多いはず…。

当直は厚生労働省の決まりで、月に8回となっています。
また、当直の場合は当直手当がお給料にプラスされます。

それでも、当直は看護師にとって大変な仕事のひとつだと思いますが、入院施設のある病院で働く看護師は当直を避けて通れません。
0




AutoPage最新お知らせ