プラチナカード入手  

この前知り合いから聞いたんですが、
プラチナカード入手の条件は基本的にインビテーション。VISAでは申し込みも可とありますが、審査に通るにはインビテーション同様の条件が課せられると考えてもいいでしょう。VISAはそのベネフィットをホームページで公開しているなど比較的オープンではありますが、さすがに細かな条件までは明記されていません。VISAのプラチナカードは、35歳以上かつVISAのゴールドカードを持ってから1年で申し込みが可能とされています。あくまでプラチナカードはインビテーションありきなので、申し込みといっても、欲しい旨をVISAに伝えて向こうからのインビテーションを待つという形になります。三井住友VISAが発行する「三井住友VISAプラチナカード」は、24時間365日対応してくれるカスタマーセンターがポイント。これはシティVISAプラチナカードにはない特典です。ステイタス感ではダイナースやアメックスに比べて若干落ちますが、コストパフォーマンスが評価されています。プラチナカードはカード会社からのインビテーションでしか入れないため、まずゴールドカードの取得から…というのは一般論。特異な例を挙げると一般カードからゴールドのインビテーションが来て「プラチナにしたい」と申し出たら実現した、ということもあります。また、VISAなら申し込みも受け付けているようです。VISA、Master、JCBなど、たくさん持っているクレジットカードを一本化することには意味があります。まず、カード会社の信用を得られます。あれもこれも、とカードを作っていると自己管理能力を疑われ、プラチナカードはおろかゴールドカードすら遠のいてしまいます。世界のシティカードがVISAと提携して発行している「シティVISAプラチナカード」。世界中のホテルやリゾート施設を優先的に使用できるのはもちろん、オリジナル特典のトラベラーズチェック無料発行が魅力です。世界中を飛び回る人におすすめですが、反対にあまり海外に行かない人にとってはメリットが少ないかも…。
ってそんな事の知ってましたか?
0

外国為替証拠金取引(FX)を活用  

この前知り合いから聞いたんですが、
外国為替証拠金取引(FX)を活用して、長期投資していく中で、このスワップという投資収益は非常に大切な収益源になります。FXでは、スワップは、インカムゲインであり、 毎日確定済みの利益となります。現在、日本においては、超低金利が続いていますので、他の通貨を購入した場合も円金利が外貨金利を上回っている事はまずありません。そのため、通常FXでドルを購入した場合はスワップにより、お金がもらえるのです。
金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買っている時はその金利の差額分の受け取りが発生します。逆に金利の高い通貨を売って、金利の安い通貨を買っているときは金利の支払いが発生します。 スワップ金利は1日単位で受払いが行われ、ポジションを持った日数分、累積していきます。ただし、スワップが入ってくるのは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合です。逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は、スワップを支払う事になります。外貨の売りからポジションを持つ場合は注意が必要です。 スワップのポイントは、投資した通貨を売却するまで、毎日、金利収入を受け取れることです。スワップは各国の金利状況により変化しますので、うまく運用すれば、スワップは、外貨預金よりも金利が良いので、たとえ、レバレッジが1倍であっても収益を上げることができます。ただし、このスワップは取引する会社によって微妙に差があります。受け取るスワップが多く、支払うスワップ少ないのが良いというような取扱会社は、なかなかありません。このスワップも取扱会社を選ぶひとつの目安にしましょう。
FXのスワップのおかげで、同じ外貨で運用する場合でも、銀行などの外貨預金より、外国為替証拠金取引(FX)で取引した方が有利になります。FXのスワップ(スワップ金利)はFXの取扱各社により異なるので、FXのスワップ金利はよく比較して決めると良いでしょう。
いろいろな利用の仕方があるんですね。
クレジットカードでかいがい
0




AutoPage最新お知らせ