このブログは  

(主に)カイブのフレンドさんに迷惑をかけないよう、木月が作った感想部屋です

たぶんカイブ以外から来る方はいないかと思いますが、もしも間違ってきた一般の方はお帰りください





だいたいというかほとんどというか全部?
本の感想やらアニメの感想やらなんか作品から思ったことを徒然なるままに書き綴ってます


簡単に言えば、自分用←
お気をつけください


でも、ジャンルがカブったり、共感ポイントがあったらいいなぁと思いつつ。

誹謗中傷以外は受け付けますので、何か感じるものがありましたらコメントしてやってください
あ、でもカイブのほうが出現率高いです

写真とかもあげていきたい今日この頃(ノv`*)
0

2017/6/28

君の膵臓を食べたい/住野よる  本の感想

映画があるんだ
なんだこれ

そんな興味から一度手に取り、数行読んで、買わずに戻した。

単純に、この哲学的?ななんとも言えないタイトルに惹かれた。

そして、ミシンのない喪失感から(?)この他に2冊も文庫を買ってしまうという…

…さて。中身。
ネタバレがあるかも…お気をつけを。

一人称で進められるので、とても読みやすいです。ときどき哲学的?表現があったりで勉強になります。
でもお願い、お酒は飲まないで、高校生…

生と死を見つめる内容です。
病気で余命を告げられた人に、余命まで生ききる必然はないんだよね。誰だって明日が来るとは限らない。だから、選択をミスってはいけない。やりたいことは勇気を持って。
そんな感じに受け取りました。

原作の雰囲気好きです。友達とか親友とか、言葉にしない関係性。しない、じゃなくて、ならないのか。そういう間柄。

桜良の笑い方は映画ではどうなるのか、ちょっと気になったけれど。
映画のサイトを見たら、12年後とリンクして話が進むとのことで…悩む。原作そのままを綺麗に映像にしてほしい気はした。
違うものとして受け取れば、映画だけで見てまぁありなのかな。。。

本の感想じゃなくなって来たから話を戻すと、
感動要素があります。
あと、戯言のいーちゃん、くなぎー的関係性があります。
わりかし好きな内容です。
という、私のメモを残しておこう。
最近他の人向けに感想を書いていない…(-- )
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ