2011/12/1

詳細な不安神経症情報  人気

心理的葛藤に起因すると思われる欝では、原因となった葛藤の解決や、葛藤状況から離れることなどの原因に対する対応が必要である。不安・焦燥が強い場合などは抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多い。あせって人生の決断を下さない方がよい。


症候群という表現は、高機能自閉症の人は障害者(異常)で、その他の者は定型発達者(正常)というように感じる。アスペルガーは興味の対象に対する、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。多くの高機能自閉症の人は、彼等の周りの世界から、期せずして乖離した感覚を持っていると報告されている。


身体醜形障害は一種の心気症や不安障害とされる。広場恐怖症 (ひろばきょうふしょう、または、広場恐怖、英:agoraphobia、『agora=marketplace(Gk)』)は、『もし何か(不安発作)が起きたら…』と恐れ、また、そこに人だかりのできることを恐れる恐怖症。


自分が重大な病や、いわゆる不治の病などにかかってしまうのではないか、もしくは、かかってしまったのではないかと恐れるもの。加害恐怖は、自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる。調査によると全人口の2%前後が強迫神経症であると推測されている。不安神経症は脳の機能障害が関連しており、前頭前野や帯状回など、複数の要因が関連して起きる。


自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒り等の中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題も関わってくる。席から急に立ち上がるときにめまいや立ち眩みが起こる。


1980年に米国精神医学会が提出したDSM-IIIで判断分類の1つに認められた。生命身体に危険を及ぼすものではない。米国ではベンゾジアゼピン系の抗不安薬の依存性が問題とされることが多いが、日本では、成人の定型的不安神経症では問題とならないのではないかという意見も多い。患者は、パニック発作に強烈な恐怖を感じる。
性格による発症原因 - 自律神経失調症
メニエール病の種類


0

2011/10/14

高機能自閉症に関連のわかりやすい WEB情報一覧あげました  話題

広汎性発達障害の定義や「高機能自閉症と高機能自閉症は同じものか否か」については諸説ある。対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力など、心の理論の障害が原因の1つであるという説もある。アスペルガー症候群に分類されるケースにおいても、表情や他人の意図を読み取ることにさほど不自由のない人もいる。行動の特徴として、やまびこのように、言葉やその一部を繰り返す反響言語(エコラリア)と呼ばれる徴候を示す場合がある。


2010年現在多用されている操作的判断では原因を問わないため、うつ病は脳と心の両面から起こるとされている。主要症状に加えて、「抑うつ気分」と類似した徴候がある。「抑うつ気分」と「興味・喜びの喪失」である。精神徴候と共に身体的な症状を生じる。


嘔吐恐怖は不安神経症やうつを伴う例もみられる。治療は、パニック・ディスオーダーに準じる。嘔吐心配症は、嘔吐の恐怖に直面した際に起こる、激しい動悸・めまい・震え等。人から注目を集める場面において、誰しも不安を感じる事があり、それをあがり症と呼んだり、特にあがりやすい人をシャイと呼んだりする。


夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となる。適応障害と判断されることもある。


米国ではベンゾジアゼピン系の抗不安薬の依存性が問題とされることが多いが、日本では、成人の定型的パニック発作障害では問題とならないのではないかという意見も多い。プロ野球選手の小谷野栄一は「同病者を勇気づけたい」とパニック発作障害であったことを公表。自律神経徴候以外にも手足のしびれやけいれん、吐き気、胸部圧迫のような息苦しさなどがある。


疾病恐怖は、または疾病フォビアなど。不安神経症は従来、強迫神経症と呼ばれていたもの。
あがり症の変わった克服法
適応障害になりやすい人


0

2010/1/8

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ