2009/12/21

ugg クラシック   

アグ ナイト フォール 5359 サンド色
それ以来UGG(アグ)を筆頭にシープスキンブーツはカリフォルニアのサーファー達によって愛用されてきました。 職業とする人たちは羊の毛皮で足を無造作に包み、この出来の悪い不恰好なブーツを「Ugly Boots(かっこ悪いブーツ)」と呼んでいました。  ugg クラシック カーディー ソフトでしなやかな肌触りと美しい光沢が特徴だ。  アグ オーストラリア UGGはブランド名ではありません。 1971年に シェーン・ステッドマン(Shane Stedman)という名のブーツ製造会社経営者が、オーストラリアでUgh Boots(Uggと同じ意味)を商標登録したのが始まりでした。 Ugg boots(アグ)は、なめをしていない羊の皮で作られています。  ugg クラシック カーディー その人気は、第一次世界大戦・第二次世界大戦のおかげで高まりました。  ugg サンダル 裏革を起毛させたスェードに比べ毛足が短く、ソフトでベルベットのような仕上りになります。 とは言え、「UGG Australia」の人気度は飛び抜けて高く、近年のトレンドでアグブーツといえば自ずと「UGG Australia」を意味することが多いでしょう。 元々「UGG」とは、オーストラリアではムートンブーツを総称して呼ぶ名前だったのです。 ブランド名ではなかったのです。 なお、アウトドアタイプのUGGは最初から防水加工が施されているので保護スプレーは不要です。 ブーツが乾燥になると、皮毛を伸ばすために、専用のくつブラシを使って一方向で羊の毛皮をといて整えてください。 スタンダードなクラシックタイプのUGGは、そのまま履くだけでなく履き口を折り返して内側のボアを見せてもかわいいです。 なるべく毛の柔らかいものを選んでください。 衣類用の洗剤や柔軟材を使用しない。本物は一瞬で塊になったあと、それを押して崩すと粉々の灰になります。しかしフェイク品のものは溶けるように燃えて灰にはなりません。
0

2009/12/17

UGG ショップ  

肌ざわりが抜群に良く、レザー製品の素材としては申し分がない。 カナダの戦争博物館では現在(「Fug Boots」という名前の)その展示を見ることが出来ます。  UGG ショップ 以来、人類が最初に羊の栽培は、多くの古代文化柔らかい羊皮ブーツてきた。 彼らの人気度革牛革ような、より耐久性のある皮革製品のなめし隠さなり増加した。 強化ヒール、インソールも天然のムートンです。メタリック ピューター、履き心地の良いブーツです。 アグ クラシック カーディー 5819はモデルや世界中のセレブ、有名人も愛用するオーストラリアブランド「UGG(r)Australia」のブーツ!良質な羊革のみを使用したリッチなファブリックが自慢の1足です  アグ ベイリ ボタンUGG」は元々ムートンブーツの総称名な為、現在でも他のブーツ会社がこの名前で製品化を度々する傾向にあるのです。  ugg サンダル このずん胴型のブーツは総称して 「アグ・ブーツ」と呼ばれるほど、UGGのデザインが基本となっています。  シープスキンブーツ 手作りのブーツですから、人件費の高い国で生産したら採算が合わないのでしょう。 それも、有名セレブたちが「UGG Australia」を愛用していることがきっかけです。 贅沢さと快適さはまさにUGGにふさわしいコンセプトですね。 日本でも、サーフィンをするモデルや人気タレントなどが愛用し、雑誌などで見かけることも多くなりました。 UGG AUSTRALIAは、1978年にオーストラリアのサーファー、ブライアン・スミスがスタートさせたブランド。 思い思い自由に履くことこそUGGの正しい履き方と言えるかもしれません。 天然のシープスキンは水に強い素材ですので、UGGは基本的に雨天でも使用できます。 羊毛と羊皮が一体であること本物のUGGの基本的な特徴は羊毛と羊皮が一体であることです。
アグ ナイト フォール 5359 チェスナット色
0

2009/12/16

ugg ブーツの専門店  

1970年代 パースの流行からほどなくして、UGGは東海岸にあるブリスベンからシドニーにかけてのサーファーたちにも使われるようになりました。  ugg ウルトラ トール 日本でも、シープスキンブーツやムートンブーツがひじょうに有名で、なんとなく以外ですが、UGGはかなり歴史のある老舗ブランドなんだ。  アグ ベイリ ボタン この時期のUGGは固い靴底がなく、どちらかというとソックスのようなものだったそうです。 強化ヒール、インソールも天然のムートンです。メタリック ピューター、履き心地の良いブーツです。  ugg ブーツ 通販 UGGブーツというのは、オーストラリアのシープスキンでできたあの形のブーツの事をいいます。  ugg bailey buttonUGG」は元々ムートンブーツの総称名な為、現在でも他のブーツ会社がこの名前で製品化を度々する傾向にあるのです。 UGG Australiaは、Deckers Outdoor Corporationの子会社で、現在は、生産を中国で行っています。 ラム(小羊の皮)の場合、きめ細かさやしっとりした感触といった、本来の特徴がよく出ていて、高級感があります。 またはuggs、ジーンズを着用されるインチ隠れ 。 UGGブーツが発祥したのはオーストラリアなので、オーストラリアの人にしたら、アメリカの会社が作った中国産のブーツはUGGブーツではないという認識になります。 日本だけでなく、ヨーロッパでもこのアメリカの会社が作った『UGG AUSTRALIA』が本物と思われています。 革製品に共通していえる事ですが、内側・外側共にマメなブラッシングが効果的です。 実際にオーストラリアの人たちの多くは裸足で着用しています。足の指の間に羊毛が入り込んでくる感じは、他の靴にはない最高の心地よさですね♪ 使用後はブラッシング革製品全般に言えることですが、こまめにブラッシングしてあげることで非常に持ちが良くなります。 クリーナーをUGGに直接付けない。
アグ サンダンス U 5325 グレー

0

2009/12/15

ugg ブーツ  

Uggのブーツで最も有名なブーツブランドは、全世界を超えている。UGGは1978年に誕生したシープスキンブーツを中心に展開をしてきたブランドだ。創設者はブライアン・スミス。日本でも、シープスキンブーツやムートンブーツがひじょうに有名で、なんとなく以外ですが、UGGはかなり歴史のある老舗ブランドなんだ。 「UGG Australia」はもちろん素晴らしいメーカーですが、これ以外をニセモノと決め付けてしまうと損をしてしまいます。なぜなら知名度の低いオーストラリアUGGの中にも、とても品質の良いUGGを作っているメーカーはたくさんあるからです。 手作りのブーツですから、人件費の高い国で生産したら採算が合わないのでしょう。 ですので、中国に工場を作り、生産を開始したと思われます。 しかし、本当に驚くべきは、その品質レベルの高さです。 「完璧」を追求している、素晴らしい製品です! 大手スポーツメーカーのほとんどのシューズのソールに採用されている素材です。通常、ラバー素材(ゴム底)と比較されますが、メリットは何といっても「軽量」という事です。ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。  ugg ウルトラ トール 確かにここ数年は、カリフォルニアを始め日本でも流行しています。流行に左右されやすいデザインや配色も多く見受けられます。しかしクラシックショートシリーズなどは、何十年も変わらない色やデザインを保持しています。  ugg クラシック ショート とは言え、「UGG Australia」の人気度は飛び抜けて高く、近年のトレンドでアグブーツといえば自ずと「UGG Australia」を意味することが多いでしょう。それも、有名セレブたちが「UGG Australia」を愛用していることがきっかけです。 UGGはオーストラリアではなく、アメリカの会社なのです。UGG AUSTRALIAの90%は中国で生産されているそうです。 定番のUltimateシリーズ。後ろに付いたチロリアンテープがアクセント。全体の印象はとてもシンプルなので、流行に左右されず履いて頂けます。Classicシリーズに比べハードな底を使用しているので、濡れた路面など足下のコンディションの悪い時にもお勧めです。内側は全てリアルシープファーで、足全体をやさしく包み込んでくれます。 いつになく厳しい寒さが続くこの冬。それでもなかなか厚着ができない足元を冷えから守り、ぽかぽかに保ってくれる心強い救世主がいます。ハリウッドセレブが愛してやまない、UGG AUSTRALIA(アグ オーストラリア)のシープスキン・ブーツです。 このふわふわ感とクッション効果、そして温かさを最大限に味わうためには、「冬でも裸足で」というのがお勧めです。しかも、羊毛は通気性抜群でムレ知りません。ブーツ内にこもった熱や湿気を適度に放出してくれるので、冬はもちろん、春や夏でも快適に過ごすことが可能です。すでに2006年春夏の新作が発表となり、ウッドバイオレット、ワサビ、スパイスコーラルなど、軽やかな新色に早くも人気が集まっています。 ugg ブーツ激安 UGGの履き方、みたいなルールはありません。 UGGはデザインも豊富でさまざまな履き方が楽しめます。思い思い自由に履くことこそUGGの正しい履き方と言えるかもしれません。 ひざ上のショーツと合わせるのは定番です。普通はデニム地のものを選びますが、柄物や明るくはっきりした色のものなどでもまったく問題ありません。スキニージーンズを履くときには、UGGの履き口まですそをまくりあげましょう。羊毛のジャケットやスカーフ、帽子なんかを合わせてみてもかわいいです。  アグ UGG 保護スプレーをUGGはとても使い勝手のいいブーツですので利用機会も多くなります。だからこそ、まず新品のうちにきちんと保護しておくことが大切です。 クリームタイプのものもありますが、ムラなく塗るのが難しいのでスプレーをおすすめします。なお、アウトドアタイプのUGGは最初から防水加工が施されているので保護スプレーは不要です。 水分についてUGGは通気性がいいのでムレることはあまりありませんが、やはり脱いだ後は風通しのいい場所で、少なくとも数時間陰干しをするようにしてください。それだけで雑菌の繁殖を抑えることができます。 洗う際は、ウール用洗剤使って、タオルドライ後陰干ししてくださいね。洗濯機は、NGです。 羊毛と羊皮が一体であること本物のUGGの基本的な特徴は羊毛と羊皮が一体であることです。なぜなら羊の毛は羊の体から生えているからです(当たり前ですが…)。ボアと皮をひっぱってみて隙間が開くようなものは、豚皮や合成皮革と合成繊維などのボアを接着しただけのフェイク品でしょう。
アグ ウルトラ トール 5245 ブラック
0

2009/12/14

ugg ムートン ブーツ  

アグ ウルトラ ショート 5225 チョコレート色
1995年 カリフォルニアのサーファーの間でそのブーツが広く使用されるようになっていたUGG Australia社ですが、ブライアン・スミスはこの年、会社(Ugg Holdings, Inc.)をアメリカの巨大なフットウェアカンパニーであるデッカーズ社(Deckers Outdoor Co.)に売却します。 ugg UGGというのは、ブーツの名前のことであり、ブランド名ではありません。会社名でもありません。 アグ UGG シープスキンは「しなやかさ」「軽さ」「暖かさ」を兼ね備えた理想的な羊皮素材です。「シボ」と呼ばれる表面の美しいこじわが特徴です。肌ざわりが抜群に良く、レザー製品の素材としては申し分ありません。 アグ ベイリ ボタン UGGブーツに使われている靴底のEVAソールのEVA とは「エチレン・ビニール・アセテート」という化学素材の略語で、平たく言えば「特殊なスポンジ素材」とお考え下さい。ラバー素材(ゴム底)に代表される、いわゆる登山靴やワークブーツの「ズッシリ感」はなく、見た目よりはるかに軽量でカジュアルな履き心地です。 ugg クラシック ショート UGGアグ オーストラリアの縫製技術とも一流ですので、作り上げれらたブーツはとても丈夫で、しっかりした良い物を選び、皮製品に共通する基本的なメンテナンスをすれば何年も履き続ける事ができます。 Uggのブーツもされて、サーファーや競争力のある選手で、少なくとも1960年代以来、water.Uggsのうち暖かい中に維持するため、南カリフォルニアのサーファーや南カリフォルニアダウンヒルのスキーヤーの間で、ユビキタスとなり、Uggs、名前から来るそこから、人気が高いです。 UGG AUSTRALIAは、1978年にオーストラリアのサーファー、ブライアン・スミスがスタートさせたブランド。フットウェアからスタートしてはいるものの、今では“Comfortable(快適な), Luxurious(贅沢な), Natural(自然の), Basic (定番の)”をキーワードに、バッグやインテリアなど、上質なライフスタイルを提案するまでに成長。シープスキンのリーディングブランドとして、世界的な支持を集めています。 冬のマストアイテムとなったClassic Short。この秋冬は定番カラーに加えて、テラコッタ・パシフィック・エッグプラントの3色が新登場。内側は全てリアルシープファーで、足全体をやさしく包み込んでくれます。 いつになく厳しい寒さが続くこの冬。それでもなかなか厚着ができない足元を冷えから守り、ぽかぽかに保ってくれる心強い救世主がいます。ハリウッドセレブが愛してやまない、UGG AUSTRALIA(アグ オーストラリア)のシープスキン・ブーツです。 このふわふわ感とクッション効果、そして温かさを最大限に味わうためには、「冬でも裸足で」というのがお勧めです。しかも、羊毛は通気性抜群でムレ知りません。ブーツ内にこもった熱や湿気を適度に放出してくれるので、冬はもちろん、春や夏でも快適に過ごすことが可能です。すでに2006年春夏の新作が発表となり、ウッドバイオレット、ワサビ、スパイスコーラルなど、軽やかな新色に早くも人気が集まっています。 内側のウール部分が外のカラーに合わせて染色されているので、折り返せば色のグラデーションも楽しめて、嬉しさ2倍というわけです。 色の相性がよければ、ひざ上のスカートと合わせても素敵です。そのときはニーソックスを履くといいですね。スタンダードなクラシックタイプのUGGは、そのまま履くだけでなく履き口を折り返して内側のボアを見せてもかわいいです。 保護スプレーをUGGはとても使い勝手のいいブーツですので利用機会も多くなります。だからこそ、まず新品のうちにきちんと保護しておくことが大切です。 革製品に共通していえる事ですが、内側・外側共にマメなブラッシングが効果的です。また、乾燥させない為に市販のミンクオイルも効果的ですが、シープスキンブーツの場合、 固形のミンクオイルは慣れていないと均等に塗る事が難しく、シミになりやすいので、スプレー式をお勧め致します。 水分についてUGGは通気性がいいのでムレることはあまりありませんが、やはり脱いだ後は風通しのいい場所で、少なくとも数時間陰干しをするようにしてください。それだけで雑菌の繁殖を抑えることができます。 洗う際は、ウール用洗剤使って、タオルドライ後陰干ししてくださいね。洗濯機は、NGです。 羊毛の品質をチェック正規品は毛が細く、長さも均一に揃い、厚みときめの細やかさが感じられます。 それに対して合成繊維で作られたムートンブーツは羊毛部分に厚みがなく、ボコボコした塊ができています
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ