2013/1/25

相続税や固定資産税など相談があります  

税理士自身の仕事に対する考え方を確認することは大切でしょう。ただし、第1号又は第2号については、租税に関する事務又は会計に関する事務で政令で定めるものに従事した期間が通算して2年以上あることを必要とする。その事務所理念を「信頼・共育・順守」の三訓で表現しております。ただし、税理士側は紹介会社に高額な手数料を支払わなければなりません。お金や財産のことで一番つながりがあるのが、銀行だからである。
税理士へ相談 / ゼイリインフォ

医療税務に精通した専門家による税務対策をはじめ、医院開業支援、医療法人設立、財務諸表監査、病院の事業展開(M&A)など、幅広いサポートと永続的な医院存続に向けての諸施策を講じるサービスを行っております。ただし、消費税法と酒税法、事業税と住民税はそれぞれどちらかしか選択できない。予算・資金管理指導、経営会議指導が中心です。また当法人ではお客様同士でネットワークを広げて頂ける様、「しろくま会」と称するゴルフコンペやワインの試飲会といった異業種交流会を実施しています。MAS監査業務の実践を通して、当事務所自体がISO認証取得済みです。


このようなお客様の共通のお悩みである相続税や固定資産税などの資産税問題を、当事務所は長年培ってきたノウハウを駆使して解決して参りました。個人名義のクレジットカードを決済に使っている場合、どんな物を買っているかとか、ある程度の購買パターンなども知られてしまいます。税理士は、税金をうまくゴマカス仕事ではありません。少なくとも紹介先にとって良いと思っている税理士を紹介するのだから、とんでもない人をつかまされる危険性が少ない。聞きたい事や、気になった事は遠慮しないで聞けるような信頼感が持て、気持ちよく付き合っていける税理士を見つけましょう。


相続税の相談や申告については、受託する事務所としない事務所があるようです。米国においても米国税理士(EA)という資格制度が存在するが、米国では資格の有無にかかわらず有料で税務申告を作成することができるなど、日本の税理士制度とは大きく異なる。」「お客様と事務所の繁栄と社員の幸福を目指す。大規模だからいいというわけではないでしょうがやはり古くからある税理士事務所には蓄積されたノウハウ、経験値があると思います。日本国によって担保される識見の範囲を把握するためには、税理士試験における出題基準及び合格基準が参考となる。
0

2013/1/10

プロの税理士が選ぶサイト  

税理士事務所の顧客として依頼した場合、税理士との付き合いは事業運営のパートナーとしての考え方や相性などはとても大事な要素であり、また税理士との付き合いは長いものとなる為、依頼者と税理士との間の信頼関係も重要になってきます。有名大学を出ているからすぐに合格するというわけでもないようです。明治初期は国税収入に占める地租の割合が8割を占めるなど、当時の租税は農業への課税が中心であった。例えば、相続対策を考えていている人が銀行に相談すると、簡単に「アパートを建てましょう。現在、指定研修は、税務大学校での本科研修、専科研修がある。


一人ひとりのお客様に丁寧・誠実な対応をご提供できるよう、じっくりと時間をかけてお話できるよう心がけております。」つまり、税理士制度を「納税者の代理人制度」としてとられ、適正な税務行政を行うため「税務官吏をして法律に従って行動することを助ける」と同時に「納税者が税務官吏に対抗するのに税務官吏と同じ程度の精通度を持った援助者たる専門家」としての役割を求めている。効率化した余地を使い、通常、会計事務所がおこなうべき業務(会計・税務)以外に、診療実績や損益、資金収支、患者(年齢・新患エリア分析)といった内容を適宜分析し、当事務所では所長の中村自ら、その中では「採用活動や給与体制や退職金制度の確立による組織活性化の支援」、「小規模病院の対銀行資料の作成業務」「承継・代替わり時のニーズに沿ったガイドラインの作成」など。5科目最後まであきらめずに頑張った人が(途中でやめていく人も多いので)最終的に受かるようです。聞きたい事や、気になった事は遠慮しないで聞けるような信頼感が持て、気持ちよく付き合っていける税理士を見つけましょう。


その実現のためクライアントとのお約束や法令は順守し、クライアントとの信頼関係を構築することが第一義と考えております。ただ、事務所の方針として、臨時突発的な仕事は受けない事務所がないとは言えません。一度、体系的に勉強した税金と、それ以外の税金では、詳しさの面では差が出てくると考えてよいかも知れません。5科目取得まで長期間を要するが、科目合格が消滅しない点から、働きながら受験する者が多いのが他の国家資格と異なる点である。かかる向上の責任は主に大蔵省の負うべきところである。


せっかく苦労して資格を取ったのに、思ったような収入が得られないのは辛いところですが、しかし、事務所の大小にも関わらず大きな収入成果を上げている事務所もあります。漠然と付き合っていると、後悔も生まれるし、何より費用対効果が実感できない。色々と節税方法(もちろん合法的で正当な)を教えてくれますし、気軽に話せるので、税理士を探している方にはかなりおすすめです。」つまり、税理士制度を「納税者の代理人制度」としてとられ、適正な税務行政を行うため「税務官吏をして法律に従って行動することを助ける」と同時に「納税者が税務官吏に対抗するのに税務官吏と同じ程度の精通度を持った援助者たる専門家」としての役割を求めている。 小さい事務所には給与規定がない事務所もあります。


何も情報がないと、税理士側としても適切な対応が難しい場合があります。B税理士は税金の専門家ですが、その中でも税理士によっては相続に強い・特定の業種に強いなど、それぞれ得意分野があるようなので、契約をされる前に、税理士に確認をしておきましょう。税務・監査を担当する公認会計士白土会計事務所、情報処理や会計システム設計をメインに取り組む株式会社メディア・エス、診療圏分析や立地診断を始めとした医業経営サポートに従事す続けていくことが可能です。だから安いからとか近所だから知り合いだからということで税理士を選ぶのは危険です。2006年(平成18年)5月1日、会社法施行にともない、公認会計士・税理士は会計参与という株式会社の機関の一類型として、会社に参加しうることになった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ