ウコン栽培  

ウコンの魅力にはまり中です。

生のウコンと乾燥させたウコンとでは、
生のほうが有効成分が多く、いずれの作用も高いとされています。
というので、実際栽培は出来ないものかと考えました。

でも、そもそも植え付けに適した時期から外れていましたw

ウコンの栽培方法  育て方のコツ

◆植え付け
 日当たりがよく、保水力があり肥沃な場所が理想です。
 4月下旬から5月初めの遅霜の心配がなくなるころ堆肥、
 緩行性化成肥料、油粕などの元肥を入れ、 よく耕してから植え付けをする。

 根茎を、新芽が3〜4個つくように切り分けます。
 株の間隔を30〜40cmほどあけ、深さ7cmに種株を置き、
 5〜6cm覆土します。

鉢植えの場合は20〜30gの根茎を10号鉢で1個、深植えします。
元肥の緩行性化成肥料も20〜30g

生育期間中は露地植え、鉢植えともに水を切らさないようにします。
ウコンは東南アジア原産なので乾燥と寒さが苦手です。


◆追肥
  7〜9月に1ヶ月に1度、化成肥料(固形油カスを数個でも)を与えます。


◆開花
 夏〜秋にかけて開花します。白色の美しい花が穂状に咲きます。
 このころ根茎も肥大します。
 

◆収穫
 収穫は晩秋11月上旬〜下旬となります
 葉が枯れたら、根茎を掘り上げます。
 暖地では戸外で越冬できるが、寒地では根茎を掘りあげ、
 水洗いしないで土中深く埋めるか(雨水がかからないように)もしくは、
 屋内で保存して春に定植します。
 貯蔵温度は10℃〜15℃ぐらいが適当です。


◆保存
 秋に収穫した根茎は、泥をよく洗い落とします。
 薄く包丁で輪切りにして2〜3日干してからうすくスライスして乾燥させます。
 乾燥後はミキサーなどで粉砕し、粉末にしてから保存します。
 またスライスして乾燥したものを煮だしして水代わりに飲んでもよいみたいです。
 その場合は薄いウコン水にしたほうがよいと思いますが・・・

※生の根茎を芯まで柔らかく煮てから陰干し、
乾燥するとさらに保存性が高まります。


0

なんで酔うの!?  

血液に溶け込んで脳に運ばれたアルコールによって
脳が麻痺することが「酔う」ということです。

どのくらい酔っているのか、
その程度は脳内のアルコール濃度によって決まります。

しかし実際には脳内のアルコール濃度は測れないので、
血液中のアルコール濃度を測って判定します。


酔いの状態はアルコール血中濃度によって
6段階に分けられています。
1.爽快期
2.ほろ酔い期
3.酩酊初期
4・酩酊期
5.泥酔気
6・昏睡気

楽しくお酒を飲めるのは「ほろ酔い期」の段階までです。
大脳の働きが抑えられることによって、
本能や感情をつかさどる部分の働きが活発になり、
解放感を感じたり、陽気になったりするのです。

しかし、アルコールの量が増えるのにしたがって酔いが進み、
脳の麻痺も進みます。
「酩酊(めいてい)初期」
「酩酊期」になると知覚や運動能力が鈍り、
繰り返し同じ話をしたり千鳥足になったりします。
さらに飲酒が進み、
「昏睡期」になると、麻痺は脳全体に及び、
呼吸困難に陥り、最悪の場合には死に至る危険性もあります。



【増えている女性のアルコール依存症】
KAST全国調査におけるアルコール依存症の疑いの割合

[1984年] 男性: 7.1% 女性: 0.6%
[2003年] 男性: 7.1% 女性: 1.3%

お酒を飲む女性が増えるのに伴って、
女性のアルコール依存症も増加傾向にあるそうです。
2003年に行われたKAST全国調査では、
1984年の調査と比較して、
アルコール依存症の疑いのある女性の割合は
2倍以上になっています。

女性は、男性に比べて肝障害やアルコール依存症に
短期間でなりやすいことを自覚して、
適量を守るように!

とのことでした。
・・・きをつけなきゃw

ウコンの効能に甘えすぎないで
ちゃんと飲む量をコントロールできるように
ならないとなぁ・・・
将来的にはw

でも、まだまだ飲み続けると思うw
私がお酒を止めるときは
妊娠した時と
重病になってからだなぁ・・・
きっとw
0

ウコンの効果的な量  

ウコンの効果的な使い方

クルクマ属の植物はインドやネパールでは
神から与えられた聖なる植物として扱われていますが、
臨床的にも癌の予防や多くの生活習慣病、
活性酸素によって引き起こされる病気など
効果のあることが認められてきています。

ウコンのクルクミンは最も重要な成分です。

クルクミンは貴重な栄養素で、
100gの秋ウコンから1〜2g程度しか採ることができません。

クルクミンは、現在世界各国で注目されていて、
様々な研究が行なわれています。

クルクミンの効能は色々ありますが、
胆汁酸を分泌させ、消化を助けるという効能は、
有名です。

さらにクルクミンは、
肝臓の問題(肝機能強化、脂肪肝、肝炎、肝硬変)、
便秘、痔疾、コレステロールなどの改善にも効果があります。

クルクミンの安全性については、
人間が1日8gのクルクミンを継続して摂取しても
毒性を示すことがなかった、
という研究結果が報告されています。

WHO(世界保健機構)やFAO(国連食糧農業機構)でも、
クルクミンは安全な食品として承認されています。

また、処方箋がなくても購入できる薬として、
ドイツでも承認されています。

ウコンの1日目安量は定められておりません。
栄養補助食品として摂取する場合は、
製品の表示をお確かめください。

生ウコン、乾燥根茎、乾燥粉末、顆粒、錠剤、ドリンク剤
などが市販されています。

ウコンは春咲、紫咲、秋咲ウコンの3種があり、
クルクミン含有量が最も多いのは秋咲ウコンです。

なお生のウコンと乾燥させたウコンとでは、
生のほうが有効成分が多く、いずれの作用も高いとされています。

最も重要なのは香り成分なので、
乾燥などで香りを損なわない掘りたての生で食べることで、
最も高い効果を得られます。

それぞれのウコンの特性を理解して使用すれば、
家庭で簡単に栽培でき、治療できる貴重な薬草です。



それと大事なことがもうひとつ。
ウコンは症状が重い程、ごく小量で速やかに効くそうです。

過剰摂取は逆に効果を失うことになり、
副作用が出ることもあります。

どんなカタログを見ても「副作用なし」と書かれていますが、
《作用の無いものには副作用はなく、
副作用の無いものには作用も無い》
というのが生化学の常識なのだそうです。

これには大いに頷けますね。
なかなか効くなぁと思ったら、量を増やすのではなく、
少なめにして常用した方が効果的ですね。

体質によっては、いわゆる『好転反応』が出る方もいます。
一時的に体や足の裏が火照ったり、下痢気味になる、
湿疹や鼻血などの症状が現れるそうです。

これは摂取量が多すぎるという信号ですので、量を減らすか、
一旦、摂取をやめて正常に戻してから再び少量づつ飲むといいそうです。

0

ウコンの効果  

ウコンの効能は沢山あります。

それは、ウコンに含まれる多くの有効成分が、
健康増進やいろいろな病気の改善、解消、予防などに
役立つから。

ウコンの効能には、

*肝臓機能の促進、
*動脈硬化の改善、
*コレステロールの減少、
*便秘の解消、
*活性酸素の除去、
*ガンの発生・促進の抑制、
*健胃作用、
*ミネラル補給

などがあると言われています。

【肝臓機能を促進】

ウコンには「クルクミン」が含まれています。
このクルクミンが胆汁の分泌を活発にし、肝臓の働きを助けます。
その結果、肝臓障害の回復にも効果があると言われています。
また、二日酔いの予防にも有効と言われています。
これは、二日酔いの症状を引き起こす
「アセトアルデヒド」の分解を促進するからです。

【動脈硬化を改善しコレステロールを減少させる】

ウコンには「食物繊維」が豊富です。
この食物繊維が、腸内でコレステロールを吸着して排出させます。
また、ウコンにはテルペン系の精油成分が含まれています。
この成分が、血中コレステロールを分解します。
その結果、コレステロールが体内に溜まりにくくなり、
動脈硬化を予防・改善すると言われています。

【便秘を解消する】

ウコンに含まれる食物繊維は、適度に腸を刺激し、
体内の有害物質を便とともに排出します。
この働きは便秘の解消にも有効です。
また、食物繊維は水分を吸って膨らむ性質があるので、
満腹感が得られてダイエットにも効果的と言われています。

【活性酸素を取り去る】

老化や生活習慣病などの約9割が、
活性酸素の影響によるものだと言われています。
活性酸素が体をサビさせる、というのが原因だそうです。
ウコンには「クルクミン」という成分が含まれています。
このクルクミンが、
活性酸素を効率的に取り去る効果があると言われています。

【ガンの発生と促進の抑制】

ウコンに含まれている「クルクミン」には、
ガンの発生や促進を抑える機能を助ける作用が
あると言われています。
また、ウコンの精油成分にも、
同じような作用があると言われています。

【胃の活動を元気にする】

ウコンの中でも特に「春ウコン」には、
精油成分が各種豊富に含まれています。
この精油成分は、胃の活動を元気にして
消化を助ける作用があります。
また、「紫ウコン」にも同様に精油成分が
各種豊富に含まれていて、
胃の活動を元気にし、
さらにはピロリ菌を殺す効果もあると言われています。

【ミネラルが摂取できる】

ウコンには、ミネラルが豊富に含まれています。
特に、カルシウム、マグネシウム、鉄、
カリウムなどが豊富に含まれると言われています。
0

ウコン様様♪  

いろんな・・・
ほんとに沢山の失敗をしてきた私達ですが
遂にウコンに手を出してしまいましたw

だって、ウコンのサプリってお酒が弱い人が飲むって
思っていたから・・・
ほんとふざけた先入観ですw

でも、あの事故以来、あんなふざけた飲み方は
していませんが・・・w

で、やっぱあの女友達と飲むときに
ウコン試してみたんです。
なぜって?
サンプルもらったからw

サプリってあんまり信用していなかったので
ウコンのサプリを飲んだ事すら忘れて
飲み続けたのですが
翌朝、いつもと違う!!

いつもぼーっとしてるのに
なんだか違う・・・
ちょーすっきりお目覚めってワケじゃないけど
なんだか、いつもより辛くない!!!

なんて話をその友人にしたところ
彼女も同じような感覚だったと!

量的にはいつもと変わらない位で
ワインボトル3本くらいかな?

よく飲むよね〜・・・w
こんなにがばがばのんでたら
男なんて寄ってくるわけないよね〜w

でも、同じ位お酒好きな男と結婚なんてしたら
食費?酒代?馬鹿にならないよねw

そう、ときどき、禁酒して
お酒にかけるお金を貯金したら
1年でいくらたまるんだろ?って
考えてしまう・・・
けど、重病にならないかぎり
禁酒なんてできなそうだけどw

そんなことじゃなくてw
ウコン!
そぅ!いつもと違ってたのは
ウコン飲んだ事くらいだから
きっとウコンのお陰で
なんとなく体調が良いんだと
結論に至ったわけですよ!!!

サプリでも効果あるんだぁ〜・・・
なんて思い、サプリより
直接生いったほうがいぃんじゃない?
って思って
そのご、生ウコンを手に入れ・・・
たけど、どうやって食べるの?
って事になるよね〜w

私が実践したのは
@生で食べる w
 意外といけますよ!焼酎とかいいと思う!
Aうっちんてんぷら
 作り方
 小麦粉、砂糖、卵を混ぜて生地を作り、
 そこに、すりおろしたウコンを加えて、
 揚げるだけです。
B飲む
 生ウコンを親指一本分(約10〜15グラム)すりおろして、
 2リットルの水に入れて沸騰させて、そのままでも
 冷蔵庫で冷やしてでもOK!
C飲む
 ホワイトリカー1.8リットルに500gのウコンと氷砂糖100g
 (お好みで300gまで)を入れ、
 密閉して3ヶ月以上冷暗所に保管してウコン酒を作って飲みます。

Cは今寝かせてるとこ!
どんなのができるのかな???

でも、外食のときはサプリがいいねw

0




AutoPage最新お知らせ