2013/3/6 | 投稿者: よしぼん

いつも私を悩ませていた化粧下地。つい先日まで使っていたのはシリコンが配合されたものでした。まぁ驚くほど綺麗に小鼻の毛穴も隠せるものですから、調子にのって使っていると、案の定黒ずんできました。

まぁメイク落としの問題って、自分がしっかりと丁寧にクレンジングを使っていれば肌のトラブルを心配する必要はないと言われているけど、ズボラな私にとってはそれが億劫になることがある。その性格が災いしてか、最近はメイクも落とさずに寝ちゃうことも・・・。

結果的に肌荒れはもちろん、最近はなんだか敏感肌にもなってきた感じがします。これではイカンと、最近はメイク落としが簡単にできる、bbクリームを中心に使うように変更しました。ご存知のようにbbクリームを使う場合、化粧下地は必要ないのですよね。

サッと塗って、あとはポイントメイクを必要な箇所に適度にするだけで済むから、時短にもなる。

最近私が使い始めたbbクリームとして、一番のお気に入りはアヤナスbbクリームだね。本来は30代〜40代の女性をターゲットにして作られたそうですが、20代半ばの私のお肌にも相性ピッタリ!

エイジングケアの効果も期待できるそうだから、私の肌も若いままで保てるかなと期待しつつ、使っております。ありがたや、アヤナスbbクリームって感じですね。

欠点としてはやや値段が高め。まぁこれも美しい状態でいられる自己投資と割りきって使いたい。
0

2013/2/5 | 投稿者: よしぼん

最近流行りのTRFダンササイズというプログラム。私もついにデビューしたぞぃ。個人的には割りとハードな運動のほうが好みなんだけど、脂肪の燃焼という部分においては、やはり中程度の強度の有酸素運動のほうが効果的ということで、このプログラムを選びました。

ちなみに、以前までやってた運動はズンバなんですが、消費カロリーの面では良いのですが、連日続けられるものではなく、結構疲労度が高いのですね。そこで、週2回ほどに抑え、それ以外の日にはTRFダンササイズを実践しよう・・、という内容。

脂肪の燃焼だけではなく、スリムな体型を造る効果も期待できるから、太りにくい体質になりたい方にはお奨めの内容ですね。

TRFダンササイズは内容的には初心者向けになっています。全体を通してやや緩やかな動作が続くのですが、運動中に筋肉もしっかりと使われるような動きなので、おそらく消費カロリーも高めなのでしょうね。

インターバルトレーニングという、非常に高いダイエット効果が期待できる運動方法があるのですが、この方法をアレンジしたものがズンバ。それに対し、同じ系統の運動を初心者向けにアレンジしたものがTRFダンササイズという位置づけなのかもしれませんね。

実際に、続編も出るそうなので今後期待のエクササイズプログラムになりそうですね。TRFダンササイズ 口コミ&レビュー(http://xn--trf-ti4bzcka5byc9ulh8880b.com/



0

2012/11/14 | 投稿者: ともりん

コラーゲンドリンクにはまって、あれこれ調べてたら、コラーゲンものではゼリータイプのサプリメントも人気ですねー。

カネボウのゼリータイプのコラーゲン、「毎日美活コラーゲンプラス」も、コラーゲン5,000mgがけっこうすごいし、ラフランス風味とグレープフルーツ風味と2種類ある味もよさそうで、近々トライしてみたい!あと低分子コラーゲンを10,000mg配合のラズベリー味のゼリー「コラーゲンサイクル」も試してみたいです。あ、モンドセレクションを受賞したという「うるおい宣言」もよさそうだなぁ。味もさることながら、効果はどうなのか、体験者のオススメを伺いたいところです。



ゼリーはおやつ感覚でも食べれるし、ダイエット向きでもあるのかな?口コミではコラーゲン臭さがないみたいだし、「まじで美味しい」とか書かれてるので、心魅かれます。美味しく食べてプルプル肌になれるのなら最高だなぁ。

そういえば、最近サプリでもモンドセレクション受賞ものって増えていますね、効き目だけでは差別化できなくて、味のよさを追求するメーカーさんが増えているのでしょうね。ユーザーとしては大歓迎です。美味しくて食べ過ぎると困るけど(汗)。



それで思い出しましたが、中国では亀の甲羅のゼリーが人気だそうです。韓国エステ通の友人が言ってました。「えー、どんな味なの?」と思わず興味津々で聞いたら、「真っ黒で味は漢方薬みたい。でもすごく甘い!」とか。カタツムリのパックとか、中国や韓国は動物系(なのかな?)の美容に強いですねー。
0

2012/10/9 | 投稿者: ともりん

プロポリスとはミツバチが巣を無菌状態に保つために用いられるものだそうです。その原液が、昨日のテレビ番組で紹介されてました。何でも、女優の北川景子さんが日々の食習慣の一環としてプロポリスとお酢を使った健康ドリンクを造って飲んでいるそうな・・・。
そんな番組を見ていた母が、「すぐにインターネットで調べて!」と私に指示。私も面倒くさいと思いつつ、仕方なくプロポリスの原液の事を調べてみました。

プロポリスの原液はピンからきりまで多種多様ですね。高級なものから、一般向けのものまで沢山の種類があるんですが、安い目の値段では4000円以下〜、高いものになると最低でも1万円で販売されているようです。

管理栄養士さんが書かれた栄養学の本では、普段の食事バランスがある程度整っていれば、サプリメントの類は必要ないと記載されています。つまり、特にプロポリスは必須の栄養素とは思えないのですがね。でも、思い込みのチカラというのもありますから、一度くらいはプレゼントしてみようかと思います。
0

2012/9/14 | 投稿者: 宮本

健康を維持するためには体重や体型の管理が大事ですが、その前提には標準体重があります。現在、各国で盛んに用いられている標準体重の求め方はBMI法というものだといいます。標準体重を決めるために必要な公式が、BMI法では定められています。BMIによる計算をした場合、標準体重はBMI22です。統計上、BMI22の人が最も高血圧や高脂血症になりにくく、肝障害や耐糖能異常になりにくいとされています。

BMI法には体脂肪率などは加味されていません。筋肉が多い人でも、脂質が多い人でも標準体重には差がないということになります。標準体重で算出したものは、標準体型と同じものであるとは言い切れません。体内にどれだけの脂肪と筋肉を貯えているかで、同じ標準体重でも体型は異なります。脂肪が多い人の方がふっくらとして見えるしょう。筋肉の割合が多い人は、脂肪が多いひとよりずっと体型の割に体重が重くなりますので、太っていると勘違いしやすいようです。

どういった体型を目指しているかによっても、理想の体型は異なります。とにかく細身の体型にあこがれる人もいれば、筋肉質な体型になりたいと感じている人もいます。個人の好みや求める方向性によって、標準体重や理想となる体型には違いが生じるようです。
0




AutoPage最新お知らせ