「Domani展」へ  

文庫から目を上げて車窓を見ると真っ白な世界が広がっていて
頭の中を「雪国」の「トンネルを抜けると…」のくだりが流れ始める(ベタだけど)
これが一昨日からテレビで話題の首都圏の雪って奴か…
私の住む市には大山があり、そこそこの雪雲は山がブロックしてくれる。
雪が降ってもその山の向こう側よりも早く溶ける。
一昨日は霙が降っていたが、夕方の雨ですっかり流され、夜にはやんでいた。
翌早朝にはアスファルトは乾いていたくらいだ。
あれから2日も経って、まだ一面 白いところや、雪だるままでしっかり残っているのには都会って結構寒いんだな…の感想。
線路際の狭い坂道を大学生が滑りそうになりながら、また自転車もヨタヨタしている。
今日は確かに雪は降っていないが、曇天で寒い。
家を出るときに大山を見たら山頂付近は雪雲みたいなのがかかっていたから、そっちは雪だったかもしれない。
途中、地下鉄に乗り換えて乃木坂へ。
新国立美術館は改札口に直結している。
が、どちら側だったかを忘れてしまった。
このホームに降り立つ中年以上の女性の大半がそこへ向かうので、その人について行った。
が、エスカレーターを上がりながら、「いや、エスカレーターは無かった気が…」と気づき始めたが
登りきった改札口は案の定見覚えがない。
なのでUターンしてホームの反対側の先の改札に戻った。
先に歩いていたその中年女性は、改札をすでに出ていたのだが、たぶん、間違ってしまったのではないか。
改札間違えると東京って大変。また通してもらえるといいけど…
「Domni・明日展」
なかなか面白かった。
何より展示品が少な
0




AutoPage最新お知らせ