認証で管理  製品紹介

 最近になると、自分以外の人が作成したファイルまたは使用されているファイルを盗み見しようとしたり改ざんしようとしたりするようなことが多くなっています。このような情報漏えいがあっては、今後の業務にも影響が出て、仕事どころではなくなります。常に情報漏えいがされないように注意しなければなりません。情報漏えいと言っても。特にUSBメモリーに起こりやすく、紛失してしまえばすぐに情報漏えいというようなことになる可能性があります。USBメモリーを安全に使用するには、これからはセキュリティ機能が付いたUSBメモリーを使用する時代です。このタイプのUSBメモリーは、認証機能や暗号化機能などのセキュリティ対策には欠かせない機能が付いているため、情報漏えいの心配はありません。認証機能は指紋で認証するものとパスワードで認証するものがあります。暗号化機能も簡単に使えるため、安心してデータを守ることができます。これらのUSBメモリーはWindows8にも対応します。
0

USBから変えよう  

 様々な業務でよく行われているのが、データの管理です。顧客情報などのデータファイルの管理や作成した資料の管理など、あらゆる情報の管理が必要になってきます。データの管理で業務を効率よく行うと同時にやらなくてはいけないことと言えば、情報漏えい対策です。情報漏えいが起こってしまえば、今後の業務にも影響が出て、社内での対応も大変になります。最悪な事態にならないように、対策を行っていかないといけません。情報漏えい対策は簡単です。情報漏えいを防ぐにはいろいろと手間がかかると思われがちですが、これはUSBメモリなどのメディアから簡単に対策を行うことができます。そのためにも、セキュリティUSBグッズの利用が広がっているのです。情報漏えいを防ぐのに効果的とされている方法は、認証機能と暗号化機能です。認証機能は指紋認証とパスワード認証があり、利用者のみが使用できる設定にできます。暗号化機能は外部から不正に情報を見られなくしたり改ざんされないようにしたりすることができます。
0

情報の管理に最適  

 情報の管理は、セキュリティの強化を呼びかける最近の業務環境には、重要に行っていかなければなりません。多くの人で情報を共有する場合は、その情報に全く関わっていない人に、常に見られないようにすることが大切です。このような情報の管理には、認証技術を使って管理すれば良いのです。特に、USBメモリの使用は気を付けた方が良いです。USBメモリは、あらゆるメディアの中で最も情報漏えいのリスクが高いものです。このUSBメモリに認証技術が組み合わさったものがあるのは、今まで話してきた中でもう知っているとは思いますが、今回も指紋認証USBメモリについて説明します。まず新しく使用する場合は、最初に新ユーザー登録をしなければいけませんが、ここで最初に登録した人がUSBメモリの管理者になります。任意の指の指紋を登録すれば、登録した人だけが使用することができます。認証に関しては、指紋だけでなくIDとパスワードでも認証ができ、またそれら両方でも認証するようにできます。

0




AutoPage最新お知らせ