2013/6/3

産業(企業内の健康管理室など)などの分野  

こんな記事を見つけました。

臨床心理士の国家資格の法制化が問題となっています。臨床心理士とは、心の問題について心理学的な方法を使ってアプローチする「心の専門家」です。現在、臨床心理士は、教育(スクールカウンセラーなど)、医療・保健(病院など)、福祉(児童福祉施設など)、司法(家庭裁判所など)、矯正・保護(少年院など)、産業(企業内の健康管理室など)など様々な領域で働いており、需要はとても高いものがあります。
臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが議論されています。臨床心理士とは、臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う「心の専門家」のことです。臨床心理士の需要は大変高く様々な分野で活躍をしています。一例をあげると、教育(学生相談室ーなど)、医療・保健(病院など)、福祉(児童福祉施設など)、司法(家庭裁判所など)、矯正・保護(少年院など)、産業(企業内の健康管理室など)などの分野で働いています。

どうでしょう?
0

2013/6/3

(無題)  

こんな考え方もあるのですね

幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。ですから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。
どの教材がいいのかわからない、相談できる人も周りにいない。それなら、困った時のインターネットです。幼児向け英語教材の情報をやり取りしている掲示板や、中古の教材を安く売っているサイトもあります。ヤフーや楽天のオークションを覗いてみるのもいいかもしれませんね。

それから、こちらもオススメです。イオンカードでかいがいほけんを使う
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ