2013/1/18

隠れた病気  

子供のO脚と関係のある病気は、くる病とブラウント病です。
くる病は、骨の成長に異状が出るもので、背骨が曲がったり歯のエナメル質が上手く形成されないといった症状があります。
原因はビタミンD不足です。
妊娠中の食生活が大きく影響する他、アレルギーへの過剰反応が原因で食生活が偏った結果、不足するということもあります。
尤も、こちらは正しくビタミンDを補充することで治すことが出来ます。
ブラウント病は、O脚等の骨格の変形が進んでしまうというもので、放っておくとどんどん変形が進みます。

→O脚について
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ