リスニングテスト用のCD  

これが現実ですが、現在では日本社会はグローバル化が求められており、国内の企業でも社内での連絡を英語とするような企業が増えてきています。

では英語ができなければ会社員にはなれのいのかと言えば、現状ではそんなことはありません。

ただ、ある程度の企業、特に海外進出しているような一流企業では、toeicで600点を条件としているところが多いのも事実です。

それでもtoeicで600点以上の点数を条件にするところはほとんどありませんから、その点数があれば会社員としては十分でしょう。

toeicで600点を取るための勉強方法は、効率よく試験問題の解き方をマスターするということがポイントとなります。

また制限時間内に問題をこなせるための、訓練をすることも必要となります。

過去問題集にはリスニングテスト用のCDもついているため、リスニングとリーディングの両方を勉強することができます。

安い教材でも十分効果のあるものはたくさんあります。

また、あまりにも凝ったものや準備をしなければはじめられない教材は避けましょう。

勉強というものは、とにかく継続して行うことが大事です。

例え5分でも、思いついたときにすぐ勉強ができる教材がいいでしょう。

そういう意味では聞くタイプの教材やDSソフトの教材などはうってつけかもしれません。

toeicで600点を取るためには、リスニングが重要な要素となります。

人にもよりますが、多くの人がリーディング力よりもリスニング力の方が伸びるのが早いため、スコアを稼ぐためにはリスニングでの解答に力を入れることがポイントとなります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ