カラオケ練習法 声質が自分にあった歌手の歌を歌おう   カラオケ練習法

歌が上手だなと思う人って、よく聞くとその曲を
歌っている歌手の歌声に似ているを感じませんか?

ものまねの番組でも、実際の歌手に似ているととても
上手に聞こえます。


これは、自分の声質にあった歌手の曲を歌っているから、
本人も歌いやすい上に、周囲にも上手に聞こえるのです。

ここでは、自分の声質に似た歌手を探してから
選曲することをお勧めします。


これは、歌が上手であれ下手であれ、そのようなことは
あまり関係なく上手に聞こえるからです。


自分では似ていると思っていても、周囲に聞こえている声と
自分に聞こえている声とでは、異なっています。

ですから、自分の声がどのような声をしているのか
録音して聞いてみてください。

はじめは、本当にこれが自分の声?と思うかもしれませんが、
実際に周囲にはその声で聞こえているのです。


次は録音して聞いた自分の声が誰の声に似ているのか?
という事を考えて見つけましょう。

そして似ている人の歌手の曲の中から、自分の声域でも
歌える曲を選んでください。


曲が決まって歌ってみると、とても歌いやすいと自分でも
感じるはずです。

また、自分でもうまくなったように感じるので、歌うこと
にも自信がつくはずです。

さらにうまくなる為には、その選んだ曲を歌いこなしていく
ことが大切です。


腹式呼吸と、息継ぎといった歌を歌う基礎部分を
しっかりマスターすることができれば、完璧です。


以上の事をクリアすれば、カラオケで、周囲を驚かせる
ことができる事もできるでしょう。
1

歌が上手くなるには?  歌 練習

歌を上手くなる方法の一つに「声量」があります。

この声量を上手に使いこなすことが出来れば
自信もつくのではないでしょうか?

この声量をマスターすれば、歌が上手く聞こえます!

勿論、音程やリズム感はしっかりとマスターした上で、
声量にも一番力を入れてほしいと思います。

何故かというと、声量が大きいと聴いている側も迫力を
感じいますし、上手だと思うでしょう。

バラードを歌う場合でも同じです。

声量があって優しい感じで歌えば聞いている側も感動するでしょう。

他にも感情を表現したりニュアンスを伝えることも大切です。

詩の内容を理解して歌い、声の強弱をつけながら歌えば
自然と感情を表現しながら歌う事ができます。

声量の強弱のコントロールが分からないという人は、
歌っている歌手を真似してみる事から始めるのもよい
と思います。

また、自信を持って歌うという事も大切でしょう。

自信を持って歌うという事は、聴いている側も安心して聞くこと
ができますし、声も前へ伸びるので上手に歌えるようになります。

歌を歌う時の姿勢も重要です。

下を向いて歌うと声というのは伸びません。

必ず、背筋を伸ばした状態で歌ように気を付けることを
お薦めします。

さあチャレンジしましょう!
2




AutoPage最新お知らせ