うつ病のことをよく知る  うつ病の人との接し方

うつ病の人の性格が変わってしまったとしても、それは病気だからです。


うつ病が治れば症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)も

消えていきますから、誤解しないように接していきましょう。


うつ病の人に大切なのが、休養です。


うつ病は、急に良くなるような病気ではなくて、ゆっくり、ゆっくり治っていく症状です。


決して焦らないように休養を取る事を勧め、周りもうつ病の人の感情

(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)

に振り回されない事が重要になります。


完治には長い時間が掛かる事をよく理解し、忍耐強くうつ病の人の感情に

寄り添ってあげる事を心がけましょう。


病院で治らなかったうつ病を改善する
0

 

うつ病の症状による分類  うつ病の種類

症状による分類は、近頃になって重視されるようになった分類方法(まずは想定しうる可能性を

ピックアップすることが肝心でしょう)で、うつ病の症状の程度により、重症と軽症に分けられます。


うつの程度と症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を

受けてみた方がいいでしょう)の継続時間などにより、


●割と軽症で慢性化したうつ病

●重症の鬱病


にわけられています。


うつ病の原因として、複数の要因が重なり合う事で発症してしまうケースが多いので、

原因を特定するというのはむずかしいこともあります。


その時、こういう症状と程度によりうつ病を分類する方法が、現実的なのですね。


うつ病の症状っていろいろある
0

 


うつ病の薬は、新しく開発されたものほど、治癒効果が高く、副作用(時にはその効果に

見合わないこともあるでしょう)が少なくなるでしょう。


また、うつ病の薬を服用する上で気をつけていただきたいのが、

薬に即効性は無いということになるでしょう。


服用してから充分な効果が出るまでに、個人差はありますが一カ月以上は

掛かると言うことを覚えておいてください。


また、うつ病が良くなったからと言って、すぐに服用を中止してしまったりすると、

約半数の方は再びうつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、

治りにくさは風邪どころではないようです)を発症してしまうことが多いそうです。


それぐらい、うつ病は再発しやすい疾患なんです。


うつ病が良くなったと思っても、それから半年くらいは

服用を継続することがおすすめです。


うつ病の症状を改善
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ