よくある皮膚障害について考える  

こんにちは、ミサヨです。

さて今回のブログでは日常的によく見られる皮膚障害についてお話したいと思います。

まずほくろについてですが、ほくろには大きく分けて2種類あり、単純黒子と色素性母斑がそれに当たります。
単純黒子はメラニンが皮膚の下で生成されたもので、大きさも1ミリから1.5ミリほどの小さなものが多いようです。
そして色素性母斑は母斑細胞というものが層を成して、皮膚の上に盛り上がってくるもので、大きさも単純黒子に比べると大き目のものが多いようです。
これは顔の上などの目立つところにできると結構気になるので、除去するようにします。
市販の薬品などを使って自分自身で除去することも可能ですが、皮膚がんの一種であるメラノーマだと刺激で悪化することもあるので、まずはお医者さんに相談してからにしましょう。

次にしわについてです。
年を取ったらしわは増えるものだから仕方が無い・・・と諦めていませんか?
確かにしわを完全に無くすことは無理かも知れませんが、少しでも数を減らすことができればそれだけ若く見えるということなので、頑張って何とかしたいものです。
皮膚の老化によるしわは、体内のヒアルロン酸が失われ、皮膚が乾燥したり弾力性を失ったりして起こります。
この場合ヒアルロン酸の補給やコラーゲンの使用が効果的です。
市販の化粧品やスキンケア用品の多くにこれらの成分が含まれているものも結構あるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

それではまた次の機会に。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ