2009/11/24

太り気味はがんのリスク  

ウォーキングのキーポイントは、速さと歩幅です。効用が高く最適なウォーキングの速さは、息が少し上がる程度。歩幅を広げるやり方は、なるべく腕を大きく振るのが良さそうです。おとといは歩きに行けなかったのでランチ後に筋トレをやりました。明後日は時間があるので、極力歩きに行こうかな。
身体の中で作られるアミノ酸分解物であるL-カルニチンは、脂肪の燃焼に重点となる物質です。薄味にすることで脂分や糖分の量を調節できますから、メタボリック症候群体型のひとは自炊が最適です。
近頃評判のベリーダンスは、お腹を中心にお尻などの筋肉を細かく動かすエクササイズです。音楽に合わせて楽しみながら少しずつ張りのある引き締まった身体を手にして下さい。メタボリック症候群の予防をかねてジョギングをしたりローラーでトレーニングしたりというのが、有酸素運動として適切と言えます。ピラティスなどの有酸素系の運動をすることで、体内に取り込まれた酸素が、ゼイ肉と糖質を分解します。雑誌に載っている方法やSNS サイトなどで紹介されているスポーツの方法などを積極的に利用して頑張ってメタボ解消をしましょう。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ