Vixen R130Sfのレビュー  レビュー

Vixen R130Sfを使えばテラスやベランダといった身近な場所でいつでも気軽に天体観察できます。

組み立てるのも簡単ですので、部屋や車からフィールドに持ち出したら
すぐに星に向けて観測がはじめられるの楽しいですね

ちなみに、望遠鏡の操作はフリーストップ式です。

手を離したところで望遠鏡が止まりますので、見たい星を望遠鏡の
視野の中に入れるのが楽です。

(ファインダーもあります)

上下左右のそれぞれに微動ハンドルは扱いやすく、星を画面の中心に
正確にすばやく持ってくることもできます。

大変しっかりしていますので、土星の環や月のクレーター、木星の模様ぐらいまでなら、きちんと観測できて入門者に楽しい望遠鏡です

>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら
0

Vixen R130Sfとは  Vixen R130Sfとは

PORTAIIシリーズは入門機のベストセラーとなっている「ポルタシリーズ」に、架台部と三脚との取付・取外しを簡単にできる機構を加えて、可搬性、収納性を高めました。

初心者や入門者に優しい機能は、

「フリーストップ式」:手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される
「アリミゾ式(規格)」:鏡筒の載せかえが可能で、取り付けも簡単。
「上下方位全周微動」:細かい動きで星を探したり追ったりするための微動ハンドル

等を標準で装備しています。

初めて宇宙の神秘に触れるには、十分な機能ですね。
また、写真撮影も可能なので、デジカメで天体写真を撮影することもできます。

◆セット内容:ポルタII経緯台(三脚付)+R130Sf鏡筒+接眼レンズ◆集光力に優れた口径130mmの反射式鏡筒を搭載。◆星雲や星団等、淡い天体の観測に威力を発揮します。

>>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら
0

ビクセン ポルタII  R130Sfの仕様一覧  仕様

リファレンス的にVixen PORTAII R130Sfの仕様一覧をまとめておきます
参考にしてください。

■対物レンズ:反射式・放物面・マルチコート
■有効径:130mm
■焦点距離:650mm
■口径比:1:5
■集光力:肉眼の345倍
■極限等級:12.3等星
■分解能:0.89秒
■鏡筒部サイズ:長さ572mm、外径160mm
■鏡筒部重量:5.3kg(本体4.0kg)
■ファインダー:6倍30mm
■接眼部パーツ取付サイズ:ネジ込み/42mmTリング用ネジ、差し込み/31.7mm
■接眼レンズ31.7mm:PL20(33倍・89分)、PL6.3mm(103倍・30分)
■架台:ポルタII経緯台■上下・水平動:ウォーム全周微動・上
■下水平微動ハンドル付、上下左右フリーストップ・固さ調整機構付
■鏡筒着脱:アタッチメント着脱方式(鏡筒落下防止ネジ付)
■経緯台重量:5.7kg
■三脚:アルミ製2段伸縮式三脚(アクセサリートレイ付)
■三脚サイズ:長さ90~130cm
■写真撮影:拡大・直焦・デジカメ撮影可
■総重量:11kg
■材質:アルミ合金、光学ガラス
■保証書:5年
■付属品:PL20mm、PL6.3mm(S)


0

Vixen PORTAII R130Sfの便利機能解説その1  便利な機能

Vixen PORTAII R130Sfの使い勝手をよくする装備の解説その1です

1.楽な鏡筒の着脱

世界標準のアリミゾ式の採用で、鏡筒の乗せ替えが自在
興味と予算に合わせたシステムアップも可能

例:SXやGP2などの赤道儀に乗せるなど

2.ワンタッチ着脱

ハンドルネジ1つで架台部と三脚の取り付け、取り外しできる。
収納や運搬が楽です。
(初心者は、この収納や運搬がストレスになる)

3.フリーストップ機構

このシリーズの優れている機構の一つ。
鏡筒は手で持てば自在に動かせて、手を離した位置で固定されるフリーストップ式
(不注意に鏡筒に触れても、位置がずれない)

4.全周微動ハンドル

動く範囲が無制限の全周微動機構の採用。

滑らかな望遠鏡の操作を実現

鏡筒サイズなどに合わせて、微動ハンドルの位置を45度ごとに変えられるので、使いやすい位置に変更できます。

>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら


0

Vixen PORTAII R130Sfの便利機能解説その2  便利な機能

Vixen PORTAII R130Sfの使い勝手をよくする装備の解説その2です。

5.ファインダー装備

ポルタシリーズにはすべてファインダーが付いています。

目的の天体を容易に見つけられます。

6.アクセサリートレイ

意外と多い小さなパーツなどがあります

それらを失夜間の天体観測でなくさないためのをアクセサリートレイをがあります。

(接眼レンズやカメラ等が置けます)

7.工具を内蔵

微動ツマミの位置やフリーストップの固さを調整するための工具は忘れてしまうとせっかくの観測ができなくなってしまいます。

そういう重要な工具を収納するツールポケットが経緯台本体あります。

8.剛性の高いアルミ三脚

ポルタIIの経緯台には高剛性大型三脚があります。
これにより長時間、安定した観測が続けられます。

>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら


0




AutoPage最新お知らせ