チャイルドシートを購入  チャイルドシート

チャイルドシートを購入する前に、チャイルドシートには、子供にあった大きさがあります。装着に一番ふさわしい場所である車の後部座席をよく観察してください。後部座席のどの位置にシートベルトがついていますか?後部座席の座部表面は平らですか?それとも深い起伏がありますか?また後部座席にどのくらいスペースがあるかを実際に測ってください。いろんな寸法を測ってから買いに行きましょう。
0

 

チャイルドシートは利用しなくてはなりません  チャイルドシート

チャイルドシートは、6歳未満の子供を自動車に乗せる時に使う専用のシートです。自動車は大人の体格に合わせて作られていますから、体の小さな乳幼児や子供は装備されているシートベルトが使えませんそのため、チャイルドシートを使って体を固定する必要があります。チャイルドシートを使っているかいないかで安全度は大きく差が出ます。子供を万が一の事故から守り、安全運転するにはチャイルドシートはとても重要で、チャイルドシート未使用の場合は使用の場合に比べて、致死率は4倍以上高くなるとのデータもあり、たとえ近距離であっても、通いなれた道路であっても、必ず使うことが大切です。乳児だからといって抱っこしたままも危ない行為です。事故に遭った時、抱いた腕に掛かる衝撃は体重の30倍とされ、大人がシートベルトをし、しっかり抱きとめていても支えきれるものではなく、車の前方に飛び出してしまうということもあります。それに自身に問題は無くとも貰い事故という場合もあるでしょう。
以前は子供の乗車にチャイルドシートは義務ではありませんでしたが、交通事故による死傷者の増加に対処するために法改正され、平成12年4月1日からは「6歳未満の年少者」を自動車に乗せる際の使用が義務化されました。チャイルドシートは子供を危険から守ります。
体格にあった適切な物を選び、必ず使うことが安全に繋がるのです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ