2014/9/14

頭皮の健康状態  

頭皮の健康状態が悪くなる前に丁寧なケアをして、健康的な頭皮を保つほうが賢明です。コンディションが悪化してから気にかけても、改善に時間を要し、加えて費用も手間も必要です。
トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、濃色のシミをいち早く淡色に和らげるのにとても適した治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30〜40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに最適です。
ほっぺたや顔の弛みは年老いて見える原因になります。肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の衰えがたるみを招きますが、それに加えて毎日おこなっているちょっとした仕草も原因になるのです。
どこにも問題のない健康体に生じる浮腫だが、これは浮腫んで当たり前。ことさら女性は、脚のふくらはぎのむくみを防ごうとするが、人なら、下半身がむくむということは正常な状態なので神経質にならなくてもよい。
20才を過ぎてから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の患者がじわじわと増加している。10年という長い間このような大人ニキビに四苦八苦している多くの患者が専門の皮膚科クリニックを訪れている。
0

2014/8/28

このコラーゲン  

このコラーゲンというものは、特に夏の強烈な紫外線に当たってしまったり物理的なダメージを与えられてしまったり、仕事などのストレスが徐々に溜まったりすることで、傷つき、そして生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。
20才を越えてからできる難治性の“大人ニキビ”の女性が増加している。もう10年間も大人ニキビに悩み続けている多くの患者が専門の皮膚科クリニックにやってくる。
美容悩みをなくすには、とりあえず自分の内臓の健康度をみることが、美容悩みからの解放への近道になります。ここで知りたいのが、一体どんな手段で自分の臓器の元気度がみられるのでしょうか。
スカルプは顔の皮ふにつながっているため、額までの部分も頭皮と同じものと考えることをあなたは知っていますか。歳を重ねるにつれてスカルプが弛んでくると、顔面のたるみの要因になります。
歯の美容ケアが大切だと思っている女性は確かに多くなっているが、実際にやっている人は少数だ。その理由としてもっとも多いのが、「どのようにしてケアすれば効果的なのかよく分からない」という思いだ。

0

2014/8/10

全身に張り巡ら  

全身に張り巡らされているリンパ管に並ぶように動いている血流が鈍くなってしまうと、栄養や酸素(O2)が隅々まで配られにくくなり、結果として脂肪を溜めさせる因子となります。
夏、屋外で紫外線を浴びたときに極力ダメージを小さくする方法を3つ。1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.いつもより多めにローションを付けて潤いを保つ3.シミを防ぐために捲れてきた表皮をむいては絶対に駄目
どっちにしても乾燥肌が日常の暮らしや周囲の環境に大きく起因しているのならば普段のちょっとした習慣に注意さえすればある程度乾燥肌の問題は解消します。
化粧の短所:皮膚への影響。毎朝するのは面倒くさくて仕方がない。メイク用品代がやたらと嵩む。肌が荒れる。何度も化粧直しやフルメイクをするので時間の無駄遣いをしているように思える。
ネイルケアとは爪をより美しい状態にして維持することを目標にしている為、爪の違和感を知る事はネイルケアのスキルアップにきっと役立ち理に適っているのだ。
0

2014/7/20

医学界全般  

医学界全般がQOLを重視する流れにあり、物づくりに代表される日本経済の向上と医療市場の拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科はここ2〜3年一気に注目されはじめた医療分野だと言われている。
夏、紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法は3つ。1.日焼けして赤くなっている場所を冷やす2.いつもより多くローションをはたいて潤いを保持する3.シミにさせないためにめくれてきた皮をむいてはいけない
デトックスという言葉そのものは聞き慣れてしまった感があるが、健康法や代替医療の一種として考えていて、医師による「治療」とは別物であると認知している人は意外なまでに少ないようだ。
普段から習慣的にネイルの状態に気を付ければ、軽微な爪の異変や身体の変遷に気を遣って、もっと自分にふさわしいネイルケアを実践することが可能になるのだ。
メイクアップの利点:新商品が発売された時の楽しみ。メイク前の素顔とのギャップに萌えを感じる。色々な化粧品に資金を費やすことでストレスを解消できる。化粧をすること自体に興味を感じる。
0

2014/7/15

美容外科  

美容外科(Cosmetic Surgery)は、体の機能上の欠損や変形を修正するよりも、もっぱら美意識に基づいて人の体の容貌の改善を主軸に据える医学の一種で、独自の標榜科目だ。
日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視する風潮にあり、物づくりに代表される日本経済の成長と医療市場の急速な拡大もあって、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は2000年代に入ってから最も人気のある医療分野のひとつだ。
指で押しても戻る弾むような肌のハリ。これを作っているのは、あのコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。バネの役目をするコラーゲンが充分にお肌を持ち上げていれば、嫌なタルミとは無縁でいられるわけです。
0

2014/5/20

メイクアップ  

メイクアップでは傷などを隠すことにとらわれず、リハビリメイクの力を借りて最終的に患者さん本人が自分の容貌を認めることができ、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOL(生活の質)を上げることを目的としているのです。
硬直していては血行が滞ります。結果的に、下まぶたを始め顔中の筋肉の力が衰退してしまいます。そこで顔の筋肉も適度にストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐすことが重要です。
歯の美容ケアが肝要と思う女性は確かに増加しているが、実際におこなっているという人はそう多くはない。その最多の理由が、「自分だけではどのようにして手入れしたらよいか分からないから」ということらしい。
0

2013/9/2

毒素  

現代社会を生きる私たちは、日々刻々と体に溜まっていく深刻な毒素を、多くのデトックス法を試して追いやり、どうにかして健康な体を手中に収めようと皆躍起になっている。 皮膚の細胞分裂を活発にし、皮ふを再生する成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している時間帯には出なくて、夕食を済ませてゆっくり体を休め落ち着いている状態で分泌されるからです。 最近よく聞くデトックスとは、身体の内部に澱のように蓄積された色々な毒素を体の外へ出すことを重視した健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に類別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形であり、大元の単語とは若干ニュアンスが違っている。
0

2013/8/20

ほっぺたや顔の弛みは  

ほっぺたや顔の弛みは老けて見えてしまう主因。皮膚のハリや表情筋の硬化が弛みを引き起こしますが、それだけではなく日々の暮らしにおける何気ない仕草も誘因になるのです。
浮腫む要因はたくさんありますが、気圧など気候による悪影響もあるってご存知ですか。気温が高くなって水分を多く摂り、汗をかく、この頃にむくみの因子が存在します。
メイクの欠点:お肌への刺激。毎日するのはうっとうしい。化粧品を買う費用がかさむ。皮膚が荒れる。お直ししたりフルメイクをする時間がもったいないこと。
クリスタルローズ
0

2013/8/12

日本皮膚科学会の判断指標  

日本皮膚科学会の判断指標は、@激しい掻痒感、A独特の発疹とその広がり、B慢性・反復性の経緯3項目全部合っているものを「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)」と言っています。
患者によってお肌の性質は違いますし、先天的なものによるドライスキンなのか、それとも生活習慣など後天的な要素によるドライスキンなのかに応じて対応方法が大きく違ってきますので、充分注意を要するのです。
内臓の元気具合を数値で見られる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、人の自律神経の様子を計測して、内臓の健康状態が分かるというのです。
0

2013/8/5

Cosmetic Surgery  

美容外科(Cosmetic Surgery)が損壊などのない健康体に外科的な処置を付加するという容貌重視の医療行為なのに、リスク管理や安全性の確立があまりにも疎かにされていたことが一つの大きな誘因としてあるのだ。
ほっぺたやフェイスラインのたるみは年老いて見える要因です。お肌の張りや表情筋の老化が弛みに繋がりますが、それに加えていつもおこなっているささいな仕草も原因となります。
「デトックス」術には問題点や危険性はまったくないと言えるのだろうか。第一、体の中に蓄積されてしまう「毒物」とは一体どのような物質で、その毒素は「デトックス」によって排出されるのだろうか?
0

2013/8/5

今を生きている  

今を生きている私たちは、365日体内に溜まり続けるという深刻な毒を、たくさんのデトックス法の力を借りて追い出し、絶対健康体になりたいと努めている。
歯の美容ケアが肝心と理解している女性は増加傾向にあるものの、実生活に取り入れているという人はまだまだ少数だ。その理由の中で最も多いのが、「自分だけではどうやってケアしたらよいのか知らないから」というものだ。
皮膚の美白ブームは、90年辺りから次第に女子高校生などに支持されたガングロなど、不自然なまでに酷く日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への対抗的な精神が込められている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ