2012/9/17 | 投稿者: てつ

我が家の2歳7か月の息子。
最近、ボール遊びができるようになりました。
もっと小さかったころは転がるボールを見て喜ぶだけでしたが、最近は自分でもボールに触るようになりました。
いつも最初はボール投げから。
主人に向かってボールを一生懸命投げます。
と言いたいところですが、そこはやはりまだ2歳児。
ボールがまっすぐ主人のところに転がることはほとんどありません。
それでも、自分でボールを転がせたというのが嬉しいのでしょう。
転がっていくボールを見て大喜びです。
ボールころがしが終わったら次はサッカー。
まずはボールを蹴ることから始めます。
一生懸命ボールを蹴りますが、こちらもやはりボールの行き先は決まらず…。
そして最後はなぜか「ヘディング」。
一生懸命頭ヘディングをしているつもりになっています。
さすが、男の子。
2歳7か月にしてボール遊びが大好きなのだなぁと感心します。
それにしても、いつもボール遊びに付き合わされる主人はボールを取りに行くのに大忙し。
仕事から帰ってきて疲れているのにもかかわらず息子と一緒に遊んでくれることがとても嬉しいです。
これから大きくなっていくといろいろな問題にぶつかると思います。
そんな時は上手に言葉のキャッチボールもしてほしいなと思います。
0

2012/9/14 | 投稿者: sinano

友人が、工場見学が大好きな人です。
私も大好きなんだけれど、私と友人の決定的な違いは
友人はかなりの数の工場見学に行っているけれど
私はまだ一回も行ったことがないということ。
住んでいるところも、比較的生きやすい場所に見学可能な工場があるっていう
立地的メリットもあるんだけれど
それよりも何よりも友人の行動力がなせる業なんだと思います。
工場見学といえば、
ほとんどが無料で行けて、
そこそこ楽しめて勉強にもなって、
帰りにはお土産がついてくるというすてきなレジャー。
食品工場系は、試食し放題な上にお土産も盛りだくさんというのは
予想通りだけれど羨ましい。
それ以外にも普段ならなかなか見ることができない製鉄所とか
日常では触れる機会が全くない工場見学も魅力的です。
私が娘と一緒に工場見学に行くとなると
移動距離も結構なものになると思われるので
それに見合うだけの満足度を求めてしまいます。
娘も楽しんでくれないと意味がないし。
となると、もう少し娘が大きくなるのを待った方がいいのかな。
いろいろと知識が増えてからの方が楽しいかしら。
それまでの間に工場見学ができるところをじっくり調べて吟味して
いつか思う存分工場見学を楽しみたいと思います。
銀行融資 個人向けローンで借りる
0




AutoPage最新お知らせ