果てしない手湿疹との戦い  

シャンプー、石けんなども低刺激の物を選ぶことや、水仕事以外の家事や就寝時にも刺激物から肌を守るため、木綿の手袋を使用します。
市販薬を用いてあまり改善効果が見られない場合は、皮膚科で薬を処方してもらうほうが良いでしょう。
このことは、手湿疹になるメカニズムを考えてみればわかります。
ただし、この密封療法は汗で蒸れてしまうこともありますから、夜間にだけ行ってください。
その場合は抗真菌剤で治療してあげましょう。
指の角質化が進んでしまっていたら、角質溶解作用のある五%サリチル酸ワセリンを塗ったり、尿素入りの軟膏を塗ったあと、ラップでおおう密封療法をお試しください。
手湿疹は大きく「乾燥型」「湿潤型」の二つに分けることができます。
水仕事の後や入浴後など、こまめにハンドクリームを塗って保湿に心がけることも必要です。
手湿疹を見るたびに・・・
手湿疹は病院へ
手湿疹を治す方法

0




AutoPage最新お知らせ