2013/2/8 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2013/2/8 | 投稿者: ぬーこ165

最近はクレジットカードの所有率が高まっていますが、カード発行時には審査が必須になります。クレジットカードは、審査に通る人だけが発行されるものとなります。クレジットカードの審査は、金融会社によって内容が異なりますが、3Cに基づいているところが多いようです。3Cの具体的な中身とは、一体どんなものでしょう。キャッシングの信用力がある人とは、弁護士や医者など社会的な地位が高い人を指す傾向があるようです。一部株式に上場している会社での勤続年数が長い人、身分の安定している公務員などで、持ち家があり、年収も高い人であれば、審査の結果はよいものになるでしょう。一方、フリーターやアルバイトなど正社員以外の働き方をしている人は審査に通りにくく、肉体労働者や水商売も収入が不安定な職業と見なされています。信用力のある人なら、高額の融資やクレジットカードのサービスを提供しても回収の見込みが高いため、会社側としても安心できるというわけです。資力を意味するCAPACITY(キャパシティ)が、3Cのうちの第一のCです。今後ずっと、カードの請求金額を返済できる経済力があるかどうかというものです。性格を意味するCHARACTER(キャラクター)が、3Cのうちの第二のCです。融資を受けた時に、滞納をせずにしっかり返済しようと考える人物であることです。資産を意味するCAPITAL(キャピタル)が、3Cのうちの第三のCです。住居や貯蓄などで、現時点でその人の持つ財産です。基準は会社毎に違いますが、おおよそクレジットカードの審査ではこれらが重視されます。

ミスパリの人気の秘密なら
0




AutoPage最新お知らせ