看護師として幼児教育にどう貢献するか  

看護師が保育園で働こうと思った時、病院勤務との一番の違いは幼児教育とどう向き合い貢献していくかということです。
対象は幼児になりますので、看護師側の心構えも病院勤務とはかなり違うと思います。

現在保育園側でも看護師の扱いが画一されていない上、勤務体制も様々なようですし、事前に自分の意見を伝えておいたほうが良いと感じます。
一般病院がそれぞれ体制が違うのと同じで、幼児教育への貢献も保育園側と雇用条件を良く相談しながら決めていけば良いのです。

保育園の求人に関しては東京看護師協会などでの取り扱いを探すもよし「保育園の看護師求人・募集.com」のような情報サイトを活用することも手段となります。

ただし病院や施設に比べて、保育園の求人数は圧倒的に少ないのが現状です。
厚生労働省は2008年度から市立認可保育園のすべてに看護師を配置する方針を定めましたが、保育園や幼稚園で働く看護師は1人というところも多く、やはり求人数は少ない状況は続いていますので、興味があれば日頃から色々アンテナを張っておくことが大切です。
0

看護師のポジティブ思考  

看護師と聞くと、体力的、精神的に辛い仕事だというイメージがあります。
立ちっぱなしが多い上、患者たちのケアも体力が必要です。

また、精神的には、病気や怪我をして普段より弱い状態にある患者たちと接し、人の生死につねに向き合うことで、気が滅入ることも多いでしょう。
そんな仕事をこなすのに向いている性格というのはあるのでしょうか。

もちろん一概には言えませんが、楽観的な方が向いているという説があります。
物事には、さまざまな側面があり、1つのできごとでも、観る角度を変えると全く違う風にとらえることができます。

ポジティブ思考の方は、例え自ら意識していなかったとしても、自分の気持ちや意識を、ポジティブな方向へ向かわせる技術があると言えます。
こういった技術は、勉強ではなかなか身に付くものではなく、天性の性格が大きく影響してきます。

そのため、ポジティブ思考ができる方は、看護師という職においても、強い精神力で力を発揮することができます。
0




AutoPage最新お知らせ