謝罪・賠償「応じられぬ」=尖閣沖衝突、中国の要求拒否―菅首相  時事

>菅直人首相は26日、
>尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で
>中国側が日本に謝罪と賠償を求めていることについて、
>「尖閣諸島はわが国固有の領土だ。
>謝罪、賠償は考えられない。全く応じられない」と述べ、
>拒否する意向を示した。

・・・今更何を言ってももう遅いですよ菅総理。

菅総理や民主党は
現在のシナについてあまりにも無知であるようにしか見えない。
でなければ
日本をシナに売り飛ばそうとする確信犯的犯行か。


■中国を知らなすぎる日本■

中国のなりふり構わぬ強硬姿勢、
振幅の大きい対日政策は日本人には理解できない。
すべては政権維持のため。

89年天安門市民虐殺で支持を失った共産党は、
政権の正統性を強調し、
国民を凝集させるために愛国主義教育を開始。
テレビでは連日、抗日戦争映画を放送し、
結果は05年反日デモ憤出。

過去の中国侵略、近年の靖国・尖閣・教科書問題などで、
中国国民の反日感情は強く深いことを日本人は理解できない。
中国国内ネットの文章・写真を見たことない
日本人には到底理解できない。

14億の巨大な人口内圧を抱え、
エネルギー・食料確保に必死。腐敗・汚職は多く、
年間10万件の群体性事件(騒動)も発生。
国民も政権も必死。
中国をまとめるために
政権は「強い」姿を国民に見せる必要がある。
船長の「党と国家のおかげ」という勝利宣言が象徴的。

日本は甘すぎる!
0
タグ: ニュース 政治 時事

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ