2013/6/2

 夏の参院選まで約1ヵ月世間の関心も少しずつ高まってい  

 夏の参院選まで約1ヵ月世間の関心も少しずつ高まっているそんななか、ちょっと気になる政治マンガがある『ビックコミックオリジナル』(小学館)で連載中の『テツぼん』(永松 潔、高橋遠州/小学館)だ

関連情報を含む記事はこちら

 フリーターの主人公が代議士だった父の跡を継ぐことになり、突然、二世議員に、というストーリーなのだが、ポイントはこの主人公・仙露鉄男が鉄道オタクであること本人は金にも権力にも興味なし議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家しかし、毎回、押しつけられた政治的問題を豊富な鉄道知識を駆使して解決してしまう

 たとえば「過疎地区を特定目的鉄道によって町おこしに成功し、企業の党支持を取りつける」「利権や公共事業凍結など政党間の駆け引きが絡む渋滞問題を、高架道にバスを走らせることで解決」といった具合政治には興味ゼロでも鉄道とその周辺の事柄となれば熱心になる、というわけだ

 いわれてみれば、政治の世界にうずまく利権と交通行政は近しいところにあるとなると、政治の世界で鉄道オタクの知識が生きる、ということは、あながち非現実的とも言い切れないもちろん、なんでも鉄道知識で解決、というマンガならではご都合主義が強い時もあるまた、実際の政治、行政の現場ではマンガほどスムーズに物事が進まないのも確かだろう

 しかし、だからこそ(本人にはほぼ、自覚はないが)政局や利権、しがらみ、金にとらわれず、問題を解決していく仙露には、一種の理想の政治が見え、カタルシスを感じるその観点で、交通問題に偏りはあるものの、同じ政治マンガでも『テツぼん』は「政局」ではなく「政策」を重視した作品といえよう難しい政治の話もマンガなら入り込みやすい選挙の前に、一読してみてはいかがだろうあ、もちろん鉄道マンガとしても十分、楽しめますよ
1分配信

藤原竜也の結婚発表を受け、祝福のコメントを寄せた中村勘九郎

 俳優の藤原竜也(31)が31日、都内で記者会見を開き、年内に結婚することを発表した相手は9年間交際を続けてきた元会社員(34)芸能関係者ではなく、04年夏に知人の紹介で知り合い、昨年末に結婚することを決めた

 舞台などで共演経験がある中村勘九郎(31)や小栗旬(30)には婚約者を会わせたことがあり、勘九郎からは31日、電話で「久しぶりに泣いたよ」と喜ばれたという

 勘九郎は報道各社に文書で「竜也君には彼女しかいません見捨てられたら一生、結婚できないと思っていました」と祝福のコメントを送付小栗も文書で「おめでとう!ずっと見てきた二人だから本当にわが事のようにうれしいです議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家時計 人気 レディース議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家時計 レディース議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家ヴィトン バッグ議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家ガガミラノ 人気議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家エルメス財布人気議員になったことで趣味にかけられる時間が少なくなると嘆く、やる気ゼロの政治家新作プラダバッグ
0

2013/6/2

明党は31日の憲法調査会(北側一雄会長)で、現  

明党は31日の憲法調査会(北側一雄会長)で、現行憲法に環境権やプライバシー権などの新たな概念を加える「加憲」の検討項目をまとめ、夏の参院選後に加憲案の条文化作業に入る方針を確認した参院選で憲法改正が争点化することに備えて、党としての考え方を整理するとともに、選挙後に本格化する議論をリードする思惑がある

 同党はこれまで、環境権やプライバシー権を加憲項目に掲げてきた検討項目では憲法前文に国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3原則や国際貢献を明確に盛り込むとしている

 さらに、憲法9条に「専守防衛、個別的自衛権の行使主体としての自衛隊の存在を認める記述を置くべきだ」とし、集団的自衛権の行使に慎重な姿勢を明確にした

 一方、国会に関しては、二院制の維持を前提に「参院の影響力を弱める改革はすべきではない」としたまた、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認した

 公明党は、参院選後、安倍晋三首相が重視する選挙権年齢の引き下げなど国民投票法の「3つの宿題」の解決に見通しが立った段階で、改憲論議が本格化するとみている北側氏は会合で、「国民投票法の宿題が片付けば、具体的な憲法改正の問題が焦点になる(憲法の)どこを守り、どこを見直すかの議論を進めなければならない」と述べた

 ■公明「加憲」検討項目

 ・前文で国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3原則や国際貢献を明文化

 ・9条に自衛隊の存在と役割を明記

 ・環境権、プライバシー権、犯罪被害者の権利などの新しい権利を加える

 ・衆参両院の役割分担、良識の府としての参院の位-東南アジアに移住する日本人が増えている国力低下につながる、富裕層や優秀な人材の流出は、なぜ起こっているのか? そして、移住先にはどんな魅力があるのか?  5月に『中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち』(講談社)を上梓した岡村聡氏に解説してもらった--

 私は貯金をこれからしていく20代の若者から、資産数十億円以上の超富裕層まで、幅広い年代・資産クラスの方々に資産運用のアドバイスを行う会社を経営しているが、最近、頻繁に多くのお客様から海外移住についての相談を受けるようになってきた

 その中でも、シンガポール、マレーシアを中心とした東南アジアへの関心が非常に高まっているこれまでは、オーストラリアやニュージランドなどのオセアニアも、移住先として日本人の注目を集めてきたが、中国人を中心とした富裕層が殺到したことで、数年間の居住ビザの取得に5000万円以上を、永住権の取得には5億円以上を、両国政府が指定する商品に投資しなければならなくなったため、ほとんどの人には手が出しづらくなったそこで、地理的にも文化的にも日本と近く、経済的なハードルも他の地域への移住ほど高くない東南アジアが注目されるようになってきた

 東南アジアへの移住に関心を持つ人たちは、大きく4つのパターンに分けられる1つ目は富裕層や起業家が節税やビジネスのために行う移住で、この目的についてはシンガポールが圧倒的な人気となっている2つ目は、現役世代がキャリアアップの中で転職することに伴う移住で、これについてもシンガポールが最も人気だ3つ目は、引退世代が老後の生活費を抑えつつ、かつ充実した生活を送るための移住で、この目的ではマレーシアやタイが中心だ最後の4つ目は、近年急増してきている母親と小さな子どもによる母子留学だ母子留学についてはシンガポールが人気だったが、マレーシアも注目を集め始めている

 一般的に“東南アジア”と呼ぶ時に対象となるのは、ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟している10カ国だが、日本人の移住先としては上記のようにシンガポール、マレーシア、タイの3カ国が中心となる製造業を中心に進出が進むインドネシアやベトナム、経済が絶好調のフィリピンなどへの関心も高まってきてはいるが、日本人で現地に住む人は駐在員など期間が限定である人がほとんどで、完全に移住する人は少ないまた、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したエルメスバッグ2013また、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したロレックス 販売また、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したルイヴィトン財布 2013また、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したルイヴィトン バッグ 新作また、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したグッチ 三つ折財布また、会合では、道州制導入を念頭に置いた地方自治体の課税自主権などについても、加憲の検討対象としていくことも確認したグッチ 長財布 偽物
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ