ベビーフットアットコスメってば、大嫌いダイアリー  

この北鎌倉の森のなかでは、いつか蝉の声だけで生きていける日がくるかもしれないとふとそんな思いが現れました。 どこでどうなっていようと好きなものって変わらない気がするなぁ。花も歌も白玉もずっと好きな気がする。 ひとつはっきりうれしいのは日本人としてという意識のなかへ帰っていく自分がいる実感。 それを描くことに情熱が注がれていたとか。男性の脚線美、そう、ニットのタイツをはいて。バレリーナのような。あのおみ足。 それは美しい花が何かわからないのと同じだ。 おそろしいおばあさんも欲深いじいさんも大事な登場人物だったかつて。 花の美しさを知っている花屋がいた。たとえその花屋がいなくなったとしても花はそこに咲き続ける。 「魂を売りますか」耳元でささやかれるこの言葉、ささやいてくるものの手は光を見せて、「ほら、ここへ」と誘うものでしょう。 主婦貯金方法
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ