2011/11/2 | 投稿者: wmirnimgk123

スキで付き合い始めたのに、ケンカが耐えなかったり、彼が浮気をして裏切った
り、価値観が違っていて無理だと感じたときなど・・・別れの原因は様々ありま
す。そうしたときに、彼に別れたいと伝えなければなりませんが、どのようにし
たらよいでしょうか。
今の若い女性たちは、メールで別れたいと伝えると言います。もちろん、みんな
そうしているわけではありませんが、以外に多くいるし、それも有りと考えてい
るそうです。ちょっと上の世代からすると、どうなのと考えてしまいますが・・

もし、あなたがメールで彼から別れたいと言われたら、どう思いますか。どうい
うことなの?と彼に連絡し、会って話したいとなるはずです。彼にしたら、話し
ずらかったから・女性の顔を見ると未練が湧いてくるからという理由でメールに
したのかもしれません。
やはり自分が言われた方に置き換えても、こう考えてしまいますので、できる限
りは会って別れ話をした方が、2人のためになるのではないでしょうか。
確かに未練が湧いてきたり、話がうまく出来ないという時もあります。それなら
ば、メールして会うという流れにすれば、メールに書いているうちに、考えや話
がうまくまとめることもできます。その後は、相手の話を聞いたりして、一度は
よりを戻すか・やはり別れを選ぶか決めてもいいはずです。別れたいのはわかり
ますが、一度は相手にも話を聞いての考えを聞いてあげましょう。
そのようにすれば、まだスムーズに別れる確率が上がります。あくまで確率です
が・・・ただ最近では別れた後に、相手の男性がストーカーになるということは
珍しくありません。それを防ぐためにも、一方的な別れは危険なのです。相手の
男性が聞かないかもしれませんが、まずは理解してもらうためにも、直接会って
別れ話をしてみましょう。それがお互いの恋愛の最後に、ふさわしい行為と言えるのではないでしょうか。

0

2011/10/25 | 投稿者: wmirnimgk123

朝起きるとまずすること。たばこを吸う、コーヒーを飲む、その繰り返し。
自分で仕事してるとなかなか生活リズムをつくりにくくてついつい、
仕事をする気になるまで布団からでないそんな習慣が身に付いてしまった。
朝の9時頃には遅くても目は覚めてはいるんだけれども体が動きたくないらしい。
ひどいときには 2時間くらい蒲団から抜け出せずにそのままパソコンをつけて、
メールを見たりネットを見たり結局顔を洗うのが 11:00を過ぎてしまうのがいつもの習慣。
1日にしなければならない仕事の量が特に決まっているわけではないので、
明日できることは今日やらなくてもいいとついつい自分に言い聞かせてさぼってしまう。
それでもどうしても仕事をしたくない時は結局頑張って起きてパチンコに行くありさま。
1か月の仕事の量は自分では決めているのでそれさえクリアすればいいのだが、
明日は明日と思っているといつものことだが月末になってきてから仕事をはじめる始末。
これは生活習慣でしょうか ?それとも単に私が仕事嫌いなだけでしょうか ?
0

2011/10/22 | 投稿者: wmirnimgk123

私は東京に住む四十歳の独身です。こんな私でも出会い系サイトの中の人気ジャンルの「セフレサイト」はよく利用しています。いつも友人には一体どんなアプローチをすればそうやって相手と知り合えるのか ?とかよく聞かれますが私には特別な趣味があるのです。東京のセフレサイトはほとんど一晩中新しい書き込みでいっぱいです。それだけ女性が多ければような趣味や性癖をもっと女性もいるわけですから私のような趣味の男でもセフレを見つけることができるのです。私が行わアプローチはいたってシンプルです。新しい書き込みがされるごとに、できるだけ多くの女性に対して「私の趣味は大人のおもちゃを使って楽しむことです」とストレートに書くのです。ほとんどの場合返事が来ませんが、それでも何人かの女性は興味を持って返信をしてくれるのです。これも東京だからこそできるアプローチ方法かもしれません。やはり利用している女性の数が増えれば増えるほどそれぞれの女性の性癖も異なってきますので、中にはそんな「大人のおもちゃ」に興味がある女性もいるわけです。あとはやはり新しい書き込みがされればできるだけ早くアプローチをするというのも大事です。東京ではセフレサイトはいろんな趣味を持った人がいますから実に楽しい掲示板です。
0

2011/10/7 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ