2012/1/31

日本人に欠かせないお米  

岡崎俊次が語る 世界の食文化

こんにちは。岡崎俊次です。
前回の記事に引き続き、日本の食文化についてお話していきます。
日本人が一番食べる物といえば、、何といったって!お米ですよね。

という事で今日は、お米についてお話させていただこうかなと思います^^

◆米(こめ)◆
お米は日本人の食生活には欠かせない存在です。 その栄養価も非常に高く、体を動かす原動力や体を作るたんぱく源になります。 ご飯に味噌汁、焼き魚といったような典型的な日本人の朝食は、炭水化物・たんぱく質・脂肪の栄養バランスがしっかり取れ、国際的にも注目されています。 また、お米を食べると、脂肪を分解する能力がはたらいて、太りにくい体質になるとも言われ、日本人に不足しがちなカルシウムや鉄分もしっかり補給する事ができます。 この他にも、便秘解消に効果的な食物繊維、体調を整えて美しい肌や髪を作るビタミン群も全てお茶碗1杯の中に入っています。

お米は、縄文時代の終わりから弥生時代の初めにかけて中国から日本に伝わったと言われています。

稲作に適している高温多湿の日本では、次第に栽培が発達し、米をたくさん収穫した人が豊かになり、権力を持つようになっていきました。 江戸時代には農民が米を栽培し、年貢として幕府へ収める事を義務づけられたり、武士の給料に米が渡されたこともありました。 お米は大変貴重なものだったので、下流階級の農民は自らお米を口にする事はできず、また米が不作の年には飢饉〔ききん〕がおこり、人々は苦しみました。 現代のように国民の主食として、日本人のほとんどが真っ白なごはんを食べるようになったのは、戦後10年近くたってからのことです。

これからもお米を沢山食べて元気になりましょう!
以上、岡崎俊次でした。




岡崎俊次
0

2012/1/30

日本の食文化  

岡崎俊次です。

このブログでは、私、岡崎俊次が世界の食文化について語っていきます。

第一回目は、私達の誇りの国、日本!
日本の食文化は、米を主食にして、豆・魚・海草・野菜などを、たっぷり取り入れた食事が特徴で、究極の長寿食として世界中の人々に注目されています。

日本の食文化は古来より大陸から伝わった食文化に、日本の気候風土を取り入れた先人達の智恵によって作られたものです。また、日本の四季と料理にも深い関係があります。とりわけ、その季節だけに採れる食材を「旬」のものとして調理する技術が発達し、季節ごとの料理を楽しむ事ができます。そして、日本料理は味だけではなく、見た目の美しさも大切にしています。それは、それぞれに意味を成した盛り付け、それを引き立てる食器など、それぞれの「職人」によって作られた技術の集大成という事ができます。



続きは次回の記事で。。。

岡崎俊次
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ