詳細はこちらをクリック









内容のごく一部を説明しますと・・・


今現在のマーケティングの考えから新しいマーケティングへ移ってい

る根本的な理由と成功具体例の数々。


販売指向の企業と顧客志向の企業の分かれ目が企業存続の生命線でも

ある理由と具体的解説、そして修正法。


一般の消費者は自分が何を求めているのかが理解していないのが事実

の証明とその深い理由を解説。


明確な顧客のニーズを把握しマーケティングに繋げなければならない

義務とその重要性を解説。


年商約2兆円大企業が取り入れているにもかかわらず個人や中小企業

は知らない&取り入れないのかの事実。


市場を徹底的に調査し、顧客とのリレーションシップを深くそして築

き繋げる事の重要性を深く解説。


マーケティング概念の重要性とセリングコンセプトを同一視している

企業は多いが全く別の概念と解説。


非検索製品を扱う企業で顧客が齎すバイラル的要素を把握している企

業は非常に少ない事実。


販売概念を用いたマーケティングを行う企業は、消費者を軽く見てそ

して事態が悪化する危険性が非常に高い。


非検索製品を扱っている起業はベネフィット部分をいかに消費者へ表

現するかに限る深い理由を解説。


マーケティングの販売概念について非検索製品に多く見る事が出来る

代表的な具体例をいくつか紹介。


近視眼的なマーケティングを齎す可能性が高い製品概念の考え方を効

率よく考慮し対策を解説。


製品の優れた部分を消費者は納得しなければ買う事がない、俯瞰する

事が出来なければチャンスを見逃す。


製品概念の大きな間違いを持った企業は大きなショックを受ける可能

性が非常に高く倒産をも免れない。


生産コンセプトの考えはもっとも古くから世界中で考えられてきた最

重要事項。それを理解しやすく解説。


マーケティング概念に纏わる最も重要ないくつかの方法をわかりやす

く解説し深く分析し説明。


提供する側の生産性の向上、そして顧客が齎す利益向上には大きなリ

スクが存在する。


マーケティング概念に纏わる最も重要ないくつかの方法をわかりやす

く解説し深く分析し説明。


標準化されたマーケティングを習得し実施するほうが簡易的ではある

が、落とし穴が無数に存在する。


起業を行う前、もしくは創業当初の考え方を具体的にそしてリアルに

思い描く事が重要視されている定式的な手法。


膨大な広告経費を使わないで済む広報活動のメソッドとは?これは多

くの日本企業が用いている。


殆どの成功している企業は3つの経路をたどることが明らかになって

いる事実。そしてこれは勿論取り入れる事が可能。


個人や中小企業は、大企業が行っているマーケティングをそのまんま

取り入れる必要性がない事実。


多くのマーケティングルールを破り大成功をもたらしている企業はソ

リューションを見つけ出した為。


集客コストに繋がる顧客価値の考え方。そして、この重要な考えは今

後の企業存続へと繋がりは絶対的。


今現在、世間一般で言われているマーケティングの一人当たり生涯価

値と世界から見る生涯価値に雲泥の差が。


悪しき伝統として昔から伝わる新規客獲得の考えを持つ企業の終焉と

その理由を解説。


デマーケティングの策略と意図、そしてマーケティングマネージメン

トとの深いつながりの解説。


企業側の製品が需要に対応できない、そして良いサービスや製品を提

供できない状況下での対策法。


企業の総合的な生産高、売上からマーケティングマネジメントするだ

けでは欠落してしまう理由。


マーケティングマネジメントの本当の理由を誰でも理解しやすく、そ

して導入できるよう解説。


インターネットでのマーケティングでもある特定のシステムに欠陥が

あれば、それが市場へと悪影響を及ぼす事実。


マーケティングは単純に企業の製品を商品者へ提供するだけではない

。市場との深い関係で明らかになる。


マーケティングの定義を分類し、各段階へと分けて説明。そして売り

手だけではないマーケティング行動。


プロモーションからマーケティングが始まるわけではなく、もっと以

前から始める事で深刻な状況を回避。


より実践的なマーケティングの手法、そしてこれは個人や企業の区切

りなしの根本的な考えから出たもの。


リッツカールトンホテルの最も社会的ベネフィットを与える手法の解

説とその意図。


ベネフィットの付加の仕方は様々な種類が存在する。そして社会的な

付加の仕方について解説。


顧客とは価値のある協力な関係を結ぶ必要性がある真実。しかし価値

ある製品を提供するだけでは出来ない。


単発的な顧客との関係ではなく、長期的な関係を築かなければリレー

ションシップマーケティングができない。


様々な取引の詳細、そしてマーケティングに纏わる交換に繋がる理由

とリレーションシップ活動の解説。


今現在の社会は様々なサービスや製品の交換により成り立っているの

が現状。あらゆる方法を具体的に解説。


互いにありとあらゆるニーズの発生にマーケティングが発生する事を

あらゆるケースを用いて紹介。


マーケティング手法の中で交換に纏わることはほかの方法のなかの一

つにすぎない事実を解説。


マーケティングの役割を本当に把握していない人があまりにも多いの

が現状の日本。


TQMが出来ない状況とは倒産を意味する現実。そして、これは最重要事

項でもあり厳しく目を向けなければならない事。


トータルクオリティマネージメントによる経営を間違いで把握してい

た会社の殆どが倒産の現実。


クオリティが高い低いの基準値を把握しなければ製品を効率よくマー

ケティング出来ない。


品質(クオリティ)は直接製品の購買時に消費者へ影響を与えてしま

うがCSとの繋がりは無頓着の現実。


細心の注意を払い顧客の価値と満足の設定をしなければ会社存続の危

機をも齎すほど重要な事を解説。


顧客中心主義の企業は顧客満足度設定が意図的に差を生みだしている

本当の理由と将来的結果。


トヨタ自動車の顧客は客観的な判断から選択するわけではなく、忠誠

心から満足度を得る最大のわけ。


購買時から製品の提供をする際の秘訣をニューヨークマーケティング

調査会社が数値的明らかに。


企業が市場へ提供する製品の期待値設定のコツと具体的設定方法。そ

して満足感の逆利用法を解説。


顧客の期待を裏切る突発的な企業が陥る未来の残酷な姿に至るまでの

解説。そして解決策を解説。


国内メーカーのカスタマーサティスファクションにかんする驚くべき

対応。これはニュースにもなったほど驚く結果。


顧客満足(CS)カスタマーサティスファクションの具体的解説と活

用方法を理解しやすく解説。


実際に体験した食品に関係してくるカスタマーバリューをケーススタ

ディとして解説しマーケティングへ生かす。


世界中のありとあらゆる膨大な数の製品から選択する消費者の基準と

カスタマーバリューの関係。


同じニーズを持つ消費者がいたとしたら、ライバル企業同士の製品を

比較する基準と選択方法。


近視眼的マーケティングから影響される悲惨な結果から得る正当なマ

ーケティング活動。


企業が持つ製品に対してのベネフィットのありかた、そして効果的な

販促活動の解説。


製品分類を細かく解説し具体例も説明。そしてジャンルの多さ、複雑

な製品関係をも解説。


食品に対するニーズと欲求について解説。そしてマーケティング対象

となる製品の幅広い具体例を説明。


ディズニーのケーススタディや効果的マーケティング活動を紹介。マ

リオットの影の具体例を解説。


消費者の購買行動から見えるニーズとウォンツの繋がり。そして消費

に満足できる行動を解説。


高額商品から安価商品までプライシングにより消費者の財源は限りが

ある事実を利用し購買分析。


消費は個人により違う為、ニーズも勿論異なる為の対策として、細か

く行動分析を行いマーケティングへと繋げる。


消費が齎す人間のニーズからマーケティングを分析し、効率よいマー

ケティングを図る。


なぜ今まで考えられてきたマーケティングが根本的に間違っているの

かを深く解説。


経営上のプロセスを顧客集客レベルから解説。国内大企業のケースス

タディを簡単に説明。


各種セールスに纏わるマーケティングの認識を説明し固定観念を覆し

わかりやすく説明。


マーケティングの誤解を理解しやすく解説。そして大勢のマーケター

が間違った認識で実行している事実。


デパートでのケーススタディーを元に経営者の傲慢や経営戦略の失態

、そしてセレクトショップとの繋がりを解説。


ドロップシッピングやアフィリエイトというビジネス形態に齎す盲点

と落とし穴。


サスティナビリティ経営に最も近いケーススタディ紹介。そしてこれ

は現代がもたらすワーキングプアーに繋がる事実。


消費者に揺らぎが起こる可能性を阻止し優良顧客へと変換する具体例

。そして最も的確な解決策。


会社の存続に纏わる秘訣と収益性アップの具体例。老舗木材会社の役

員からの的確で正確な呼びかけを解説。




詳細はこちらをクリック
0

2011/1/13

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ