2013/4/19

(無題)  

ED(勃起不全)による影響は、性生活の欲求が満たされないだけでなく、生命維持に大きく影響します。
イギリスで行われて調査で、ED(勃起不全)で性生活が持続できなかった夫婦と、性生活を通常に送った夫婦と比較した、媚薬夫婦の死亡するリスクのと調査を行いました。

これによると、通常の性生活を送った夫婦に比べ、EDで性生活を断念した夫婦が、死亡するリスクが2倍高いことが、統計でわかりました。
また、この調査で、延命効果についても調べ、性行為に対して男性は回数を求め、女性は性行為の質を求めている結果、延命効果があることがわかりました。

この調査で、性行為が延命や死亡リスクに対して、重要な役割を担っていることがわかりました。
EDによって性行為が失われることは、夫婦にとって重大なことです。

性行為は、夫婦にとって日常のストレスを発散し、免疫力を高めます。
これは、「β-エンドルフィン」という脳内の神経伝達物質が大きく影響しています。
この「β-エンドルフィン」は性的行為の時に分泌される神経伝達物質で、満足物質あるいは快感物質という別名があります。

また、脳や肝臓、腎臓、すい臓等の各種臓器が「β-エンドルフィン」によって活性化され、勃起不全や老化を防ぐと言われています。
EDが夫婦に与える影響は、寿命も縮める可能性のある、深刻な問題であります。
EDが男性だけの病気でないことが実証されました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ