2013/5/31

(無題)  


バイアグラは非常に強力な勃起不全(ED)治療薬であるため、その効果はもとより、持続時間に関しても、平均4時間と長時間に渡っての効果が認められています。
効果が現れる時間には個人差がありますが、4時間という持続時間は通常の性行為としては十分すぎるため、バイアグラの持続時間に不満を持つ人はほとんどいません。
ただし、服用方法によっては持続時間が短縮する場合があります。

1.食後すぐの服用
バイアグラは、食後すぐに服用すると、胃の中の食べ物と混ざり、効果が現れるまでに時間がかかったり、効果自体が薄れる、あるいは現れないなどの可能性があります。
バイアグラの服用は食前にするか、あるいは食後でも1〜2時間空けるように努めましょう。

2.アルコールを摂取した状態での服用
バイアグラはアルコールを摂取した状態でも服用は可能(特に副作用のリスクが高まるわけではない)ですが、勃起効果が薄れるとの報告が出ています。
そのため、バイアグラ服用時は、なるべくアルコールの摂取を控えるようにしましょう。

長時間の勃起持続はNG
バイアグラの効果持続時間は平均4時間、幅を持たせると3〜5時間となり、この時間帯を過ぎると効果が緩やかになっていきます。
ただし、長い時間勃起状態が持続すると、陰茎に悪影響を及ぼす可能性があるため、平均を逸脱するような持続期間がみられる場合は、薬の濃度を下げるか、医療機関を受診することをおすすめします。

0

2013/5/31

(無題)  

バイアグラの飲み方には諸注意があり、使用方法によっては服用時の効き目が左右されることがあります。
用法・用量を守ることはもちろん、正しい服用を心がけ、本来の効き目を損なわないように中止しましょう。

服用のタイミング
統計によると、バイアグラは性行為の約30分〜1時間前に服用すると最適な効果を発揮することができます。
効果が現れるまでの時間には個人差がありますが、それ以外にも、食事の前後どちらに服用したかによる差も出てきます。
一般的に、空腹時に服用すると即効性があり、効果が出るまでの時間が短縮されます。
一方、食事後などの満腹時に服用すると、胃の中にある食べ物とバイアグラが混ざり合ってしまい、吸収率が低下することによって効果が現れるまでに時間がかかる場合があります。
さらに、効き目自体も薄れる可能性が指摘されているため、食後の場合は1時間程度の間を空けての服用が効果的です。

アルコールとの併用
バイアグラは、特にアルコールとの併用が禁じられているわけではありませんが、使用者の中にはアルコールとの併用により薬の効果が薄れ、勃起力が弱まったという人もいます。
そのため、アルコールとの併用は極力避けた方がよいでしょう。

一日に服用するのは一錠のみ
バイアグラには、1錠につき25mg、50mg、100mg(海外のみ)と有効成分の含有量により種類分けされていますが、いずれの場合も一日に服用するのは一錠のみが原則です。
それ以上の量を服用した場合、副作用のリスクが高まりますので注意が必要となります。

他の薬との併用は厳禁
バイアグラを服用後、24時間以内は他の薬の服用は厳禁です。
薬の種類によっては命の危険がある重篤な副作用を起こす可能性があるため、大変危険です。
他の薬を飲む必要がある場合は、丸1日以上あけてから服用するようにしましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ