2013/4/18

90式戦車  

 陸上自衛隊が装備する「90式(きゅうまるしき)戦車」。

 戦後第3世代にカテゴライズされる戦車で、複合装甲を採用し防御力に自信があったためか、避弾経始を考慮していないかのような鋭角的なデザインとなっています。



 主砲はラインメタル製の44口径120mm滑腔砲をライセンス生産。
 (独自に同等以上の性能を有する120mm滑腔砲を試作し、ライセンス料の交渉を有利に進めたと伝えられています)

 全備重量は50t。
 1,500馬力の水冷ディーゼルエンジンを採用(排気量:21,500cc)。
 加速性能は良好で、停止状態から200mまでの加速は20秒です。

 他国の同世代の戦車に比べても高い戦闘能力を有していて、優秀な射撃統制装置を備え、行進間連続射撃でも高い命中率を誇ります。

 「74式」に続き油気圧サスペンションを採用していますが、車体の傾斜機能は前後方向のみに限定されています。


 本車の調達が始まった時期は、ソ連崩壊に伴う米ソ冷戦構造が終結した時期に重なったため、調達数は341輌にとどまり、北海道の部隊への限定配備となっています。

 よくある俗説で「全備重量が50tだから、北海道以外への配備・運用は無理」というのがありますが、実際にはそんなことはなく、民間の高速輸送船で九州の演習地に輸送されたこともあります。
 また、「C4I機能の追加装備は困難」というのは次期戦車開発のための方便で、実際には試験的とはいえ本車にC4I機能を追加装備した部隊もあります。


 「90式」が登場した後の世界の戦車開発は混迷を極めています。
 大規模な軍隊同士が真正面からぶつかるような戦争が起きにくくなっている一方
0

2013/4/18

ふらっと東京  




20日は友達と東京へ!新宿、渋谷、原宿とふらふらしてきました(^O^)何も買わないつもだったのに買ってしまったょσ(^_^;)まぁ着るものだからムダじゃないかなと.,.。神社にもお参りできたしのんびり楽しい一日でした!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ