2013/2/13

「歌舞伎文化公園」と「みたまの湯」へ 山梨  

以前は、よく山梨方面へドライブに行っていた我が家ですが、あの痛ましくも恐ろしい「笹子トンネル」の事故以来、「迂回路」のせいで、高速道路が混雑しているというのもあり、しばらく、そちら方面へ行くのは控えていました。

 先日、久しぶりに、山梨方面へドライブに行ってきました。事故のあった笹子トンネル付近には、工事の方々のためのプレハブの「仮説住宅」が建ち並び、多くの工事車両が現場に出入りしており、ものものしい雰囲気でした。そして「迂回路」というのは、山梨方面へ向かう「下り」の二車線を一車線に規制して、その一車線を「上り」の車線として使うというものでした。トンネルというのは、ただでさえ「中にいて、気持がよくはない」ものですが、今回は、車線規制のために、スピードもかなり落としており、おまけに、件のトンネルというのは距離があるので、「一刻も早く、ここから出たい!」という気持ちになりました。

 ようやく長いトンネルを抜けると、まもなく、本日の目的地の山梨県は市川三郷町にある「歌舞伎文化公園」へ到着しました。
 公園の奥には天守閣が見えて、遊具も歌舞伎調にデザインされているという、不思議な公園でした。

 
 公園で一通り遊んだ後は、お隣の「文化資料館」へ行って、歌舞伎や町の歴史を学んだり、歴代の歌舞伎役者の写真を拝見させて頂きました。
 それにしても12代目市川團十郎氏の男前なこと、まさに「歌舞伎界の顔立ち」という感じでした。また、息子さんの市川海老蔵氏の幼少の頃の写真もありましたが、その「やんちゃぶり」が既に表情に表れているかのようで
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ