2013/5/31

(無題)  

バイアグラ使用上の注意

●性交のおよそ1時間前に、バイアグラを飲むことをオススメしています。

もしも、性交前に飲食されてない場合は、およそ30分前後で働き始めます。

それは、作用が効き始めてからおよそ5時間前後、体に潜伏効果が続きます。

●バイアグラの服用をすることができない人は、よく医者と相談してください。

●硝酸薬剤も飲んでいる人に対して服用することができません。

バイアグラの薬同士の組合せは禁忌です

●たとえバイアグラを飲んだ際でも、性的な刺激がない場合では勃起はしません。

バイアグラは勃起を助ける医療になります。

興奮剤とは違い、性的な欲求増加がバイアグラにありません。

●食事の途中や、食後で服用する場合、何も食べていない状態と食べてる状態と比較すると

消化量や消化しにくい物では、作用してくる時間帯が遅れます。

そして、作用はしますが効果は半減してしまうかもしれません。

食事や飲食をするよりも、何も食べない状態で服用することをオススメします。

例えば、食事を取る前に、バイアグラを服用しておけば、食事に対しては影響しないので
食事の前に時間前に30-40分をとることは効果的です。

●アルコールは心安定性行動を適するので

適量の飲酒であればバイアグラの作用を引き出すことができます。

逆に大量にお酒を飲んでしまうと、効果が表れにくくなりますので注意しましょう。
0

2013/5/31

(無題)  

バイアクラ通販の副作用として報告されている例をご紹介します。

硝酸医療(ニトログリセリン)との組合せによる突然の血圧低下

持続勃起症(プリアピズム)

難聴を伴う勃起の4時間の以上の痛み

これ以外の副作用は、以下のものを含みます。

頭痛、ほてり、鼻づまり

めまい、血圧の変化、動悸

視力異常:青視症

彩視症、眼内閃光徴候:目がくらむ、立ちくらみがする

当初、狭心症医療として開発されたプロセスから、他の狭心症医療との組合せでの服用は、禁忌です。

そういった例は極めて少ないですが、例があります。最悪の場合はバイアグラを飲んで、死亡したケースもあります。

統計学的に死例を調べるとき、高血圧、高脂血症、タバコ、糖尿病、肥満、心臓病

過去に報告された例は多数存在します。

また、硝酸医療(ニトログリセリン)の組合せの例があります。

これらの徴候がある人は、使用において十分な注意を払ってください。

使用を考える前に医者に心臓病を含む慢性疾患にかかった事を報告しましょう。

そのうえ、心臓病やと高血圧の薬を飲んでいる際は、必ず医者に相談しましょう。

特に、狭心症医療である硝酸医療(ニトログリセリン)との組合せは、禁忌です。

患者(例えばひどい心臓病、脳卒中)から診断された場合には、使用できません。

極端な低血圧、高血圧は利用できない場合があります。

性交によって、心臓(脳血管)に負担が掛かります。

このバイアグラの使用によって心血管系に与え、負担やリスクが増えるかもしれません。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ