2013/5/26

看護士 求人サイトについて  

看護士 求人の情報提供をメインとしているのが、求人サイトです。求人先の施設名や連絡先が公開されていて、簡単に情報を知る事ができます。ナースセンターやハローワークは、求人先へ問い合わせが必要な場合があります。求人サイトや団体を経由しなくても、応募を直接する事も可能です。
インターネットで閲覧できる人材会社サイトがあります。それは、一体どんなサイトなのか説明をします。
マイナビ看護学生は、株式会社毎日キャリアバンクが運営をしています。看護学生向けのコンテンツと思われているのですが、転職を希望したりする看護士も利用する事が可能です。応募の時は、採用問い合わせ先へ直に連絡する必要があります。
とらばーゆ看護は、株式会社リクルートが運営をしています。関東や関西や東海の3つのエリアを限定しているサービスです。会員登録をして、応募レジュメやオリジナル適職診断テストを利用する事ができます。
ナースセンターは、公益社団法人日本看護協会が運営しています。厚生労働大臣が許可した無料職業紹介所です。このナースセンターは、経験豊富な看護師が、相談をしてくれます。

一般企業の看護師求人を探して転職をしてみてわかったこと【体験談募集中!】

benesse
0

2013/5/21

日勤のみの看護士 求人を選びたい  

病院勤務の看護士は、夜勤を避ける事ができない勤務体制が多いです。しかし、その中には、日勤のみの職場を探している看護士も多いです。
子供の事が心配・旦那も夜勤で遅くなるといった、家庭が多いのではないでしょうか?そして、シフト制で働いている看護士も母親なので、子供を保育園に預ける事が難しい場合もあります。
既婚者の看護士だけでなく、未婚の看護士も彼氏・彼女に会うタイミングが合わずに別れたりぎこちなくなってしまう場合もあります。他にも、家庭の事情で夜勤をする事ができない方もいるでしょう。
初めは、何も問題なく働いていても、環境が変わったりして状況が変われば夜勤に不満を持ってしまいます。
夜勤は、日勤よりも収入はアップします。しかし、家族を蔑ろにして働く事は出来ないでしょう。そういう時に、日勤のみの職場を選ぶと良いです。
パートや派遣の形態で働くと、夜勤をしなくてすむ場合があります。しかし、キャリアアップをしたいと希望したり収入に不安がある場合は、選択肢を選べないかもしれないです。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ