植物性のプラセンタは存在するのですか?動物性とどう違うのでしょうか?

2013/3/30

植物性の肝臓エキスと言っていうようなもの  

プラセンタエキスについて。体の外側からケアをするプラセンタ化粧品ですが、植物性と動物性プラセンタエキスって、どう違うのですか?植物性プラセンタと言う言葉自体が意味不明です。植物性肝臓エキスって言ってることと同じですよ。そんなもの存在しないでしょ。プラセンタのキモは各種の成長因子です。これが若返りの鍵です。植物性プラセンタには成長因子は当然入っていません。ご回答有難うございます!植物性プラセンタって一体何者なのでしょうかね??だまされないようにします。我々医療関係者で、植物性プラセンタなんて言葉を認めている人いないと思います。というか、「植物に胎盤があるか!?」バカにしつつ、甘い言葉に騙される人も多いんだなぁと呆れもしています。植物性プラセンタはいっそのこと雌しべエキスとでも名前変えて欲しいです。ジャロに訴えてやりたくもあります。サギです。植物性プラセンタって何?と調べたら色々面白いです。と言うか、植物性プラセンタ売ってる人、医学的知識も体の外側からケアをするプラセンタ化粧品の事もなーんも知りませんから(笑)動物性だから危ない?その手のサギはいい加減古いです。インチキ商品売ってて恥ずかしくないんですか??プラセンタ自体もともと動物の胎盤のことですから動物性のプラセンタそのものには独特のニオイがあります。植物性というと少々違和感がありますが、プラセンタエキスが効果的なのは、胎児を育てるための豊富な栄養素がたっぷり含まれており、動物由来の原料を使用するにあたり雑菌、病原菌などの健康管理が不安定な部分が多く、とても安全性の面で疑問視されがちな点もあるようです。メーカー独自の研究・開発によって動物性プラセンタエキスに勝る美白作用や、同等の作用が認められている植物性プラセンタエキスが製品化されています。著作権は引用元にあります
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ